保養所改築プロジェクト。この日は木の剪定、草刈り。

自分の信じることをやってみよう

私が現在運営として参加している地域活性化イベントについてのお話です。 このイベントは他の地域でも成功例があり、それを私の住むまちでもやってみたらどう?というところから始まって今回で4回目?ですかね。 なのである程度枠組みというか、ルールは決まっています。 (隠すほどでもないと思う…

【レポート】住まい、という場づくり。大きな視座と小さなアクションについて(事前オ…

こんにちは、事務局の渡辺です。2021年5月16日(日)、場の発酵研究所の事前オンライン説明会Vol.3を開催しました。テーマは「住まい、という場づくり。大きな視座と小さなアクションについて」。自宅という住まいからオンライン参加するという状況で話すには、とてもおもしろいテーマだと思っていま…

マチニク・ラス

こんばんは。 くどちゃんと申します。 #タイトルなんやねん 私には6歳になった息子がいます。 大切にしていることは、自分の今やっている仕事が、その子の未来のためになることなのか。 そんな気持ちを持ちながら生きていく中で、私の活動や経験をこのアカウントでこれから発信していこうと思った…

医師が商店街の空き店舗に小さな図書館を作った理由。ケアをまわすエコシステム「だいか…

2020年12月、家庭医療専攻医である僕は、豊岡市の空き店舗に小さな図書館を作った。だいかい文庫と名付けた図書館は、おかげさまでオープン4ヶ月で400冊程度借りられている賑わう図書館となっている。 この図書館は、「シェア型図書館」である。市立や大学の図書館のような公立ではなく、民間のシェア…

【6月8日開講】オンラインで醸す学びの場/場の発酵研究所が始まります(お申し込みは5…

場を、醸そう。 「場の発酵研究所」とは、困難や問題がますます増えていく社会において、どのようにわたしたちが生き、新しい活動や営みを生み出していくことができるか(どう「場」を編み直していけるか)を思考・構想し、実験・実践に落とし込むための研究を続ける半年間の学びの場です。 【動画】…

【レポート】生活と仕事とボランティアと趣味と遊び、境界線はどこに?(事前オンラ…

こんにちは、事務局の渡辺です。2021年5月11日(火)、場の発酵研究所の事前オンライン説明会Vol.2を開催しました。テーマは「生活と仕事とボランティアと趣味と遊び、境界線はどこに?」。どこなんでしょうね…? 直前まで1歳の娘を寝かしつけながら考え込んでいました。娘がしっかりと眠ったこ…

人がつながる仕組みをつくる

日頃から憧れであり、目指す先である2人の先輩がいる ”かっこいい” その2人を表現するとこの一言に尽きる 畑山朱華さん(しゅかさん)と石井康嗣さん(こーじさん)の2人だ 去年の9月に参加した世界一周ゼミのコミュマネをしてくれていた方々 2人に共通して思うことは自分軸の固さ そして…

販売できなかった衣類のゆくえ 〜ナカノ株式会社〜

ロイダッツでは、2019年10月から千代田区番町や外神田、丸の内、あるときは大阪の百貨店内などに回収ボックスを設置してきました。 回収ボックスの設置から1年が経つころ、まだ着られる状態でありながらなかなか買い手が現れないアイテムの数が少しずつ増え、さまざまな想いで寄付いただいた衣類を目…

誰も置き去りにしない

こんにちは。手放す経営ラボラトリーメディア編集長のアヤコです。 現在、手放す経営ラボラトリーはコミュニティーと会社の融合がどんどん進んでいます。そんな中、切実な悩みが生まれました。 それは、ミーティングに参加するのがとても困難!ということです。 組織がコミュニティー化していくと、…