コミュニティ運営

+4

コモンズ運営をよりなめらかにする。コミュニティコインと引換可能なメニューの登録・引換機能をリリース!

作成日:2021年11月25日 共創型コミュニティプラットフォームShare Villageでは、コミュニティごとに専用通貨「コミュニティコイン」を発行できます。 コミュニティコインは、コミュニティの活動・メンバー同士のコミュニケーションを活性化するために、 メンバー同士贈りあえる・発行されたコミュニティでのみ使用可能である・発行から6ヶ月で失効消滅する、という特徴があります。 ※コミュニティコイン開発に込めた思い・使用例はこちらのnote記事をご覧ください。 コイン

スキ
1
+2

“4つの豊さを手に入れる”〜HOMEの勉強会の目的地〜

こんにちは、HOME LLC代表の吉田雅史です。 本日は、前回の記事の続きで、勉強会を作るとき、大切にしていることや、勉強会を通して参加してくださった皆さんと一緒にどうなりたいのか、ということについてお話しします。 ▼前回の記事はこちら 1.勉強会を作る時に大切にしていること 私たちHOMEの勉強会は、「経済/政治」「健康」「生き方」の3本立てで毎月開催しています。 まず、全ての勉強会を通じて一貫して大切にしていることですが、 「楽しい・おもしろい・好き」という感情

スキ
6
+4

【コミュニティ×GAS】つぶやきBotで日常会話を盛り上げる仕組みを作った話

IT企業で人事の仕事をしながら副業でコーチングのプロコーチをしています。また、ノンプロ研(ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会)でプログラミングの勉強もしています。 社内でコミュニティを運営していて、その中でGASを活用して日常会話を盛り上げる仕組みを作った話。 コミュニティの立ち上げ経緯は過去のエントリーに掲載しています↓ コミュニティの会話を活性化させるには事業・組織を超えてナレッジを共有し知見を得られる場を創出することを目的とした社内コミュニティを運営してい

スキ
15
+3

誰も教えてくれない村のつくり方、始めます。

こんにちは! キュレーターの半田です。 Share Villageでは新たにトーク企画「誰も教えてくれない村のつくり方」を始めます。 「誰も教えてくれない村のつくり方」では、 Share Villageでコミュニティをつくっている人たちや、日本全国で場を開き、コミュニティを生み出している人たちが、その土地を愛し、場を開くことになったきっかけをじっくりと聞いていきます。 コミュニティをつくることの”手前” コミュニティを運営している方々と話していると、ひょんなきっかけから

スキ
1
+3

音声SNSとは? 活用方法と注目のサービスをご紹介

多くの人に利用され、著名人も利用しているSNSの中に、音声SNSと呼ばれる音声で交流するSNSがあります。 今年のはじめにアメリカ発のClubhouseという音声SNSが突如として話題になり、有名人がこぞって利用しメディアを賑わせたのを覚えている人も多いのではないでしょうか。 その後、一時期の過熱はおさまりましたが、インフルエンサーがファンとの交流で利用したり、 Twitterが音声で交流できる新機能を追加したことでより気軽に誰でも利用できるなったりと、じわじわと裾野を広

スキ
1

場づくリストに俺はなる!

こんばんは。 TEN TO TEN 森田です。 いきなりの宣言ですが、、、 場づくリストを目指します!!!w いきなり「何だ?」と思われた方も少なくないかなと。。。 私も今年で35歳になりました。 これからの人生をどう過ごしていくか?何を目指していくか?と考えたときに、仕事で新店舗の立ち上げに携わらせていただいている現状、「そうだ、自分はリアルな場所でのコミュニケーションが好きなんだ」「多くのひとに求められるコミュニティをつくっていきたい」と考えるようになりました

スキ
7
+2

イベントレポート 【第13回】初学者歓迎!技育展優秀賞 神戸大学生 LT「はじめてハッカソンのすゝめ」

こんにちは、Kobe x Engineer's Lab (神戸エンジニアラボ) です! 本記事は、11/6(土) 13:00 に開催致しました LT イベントのレポート記事になります!非常に盛り上がった回となりましたので、ダイジェスト版にはなりますが、内容をレポートしてお届け致します! 登壇者は、先日開催された技育展で優秀賞を受賞された たかっしー 氏! 初学者の方向けに、アプリ制作の経験なくてもとりあえずハッカソンにでてみようという話と、簡単に作れるアプリ制作の方法(ライ

スキ
8

PBWのコミュニティは、単なるインターミッションの場ではない。 シナリオ参加しない人にとっては、メインコンテンツ。あらゆる種類の即興劇の場。管理者が支配する、小さな独裁国家。

「住み分け」こそが、自然界の共存の知恵。なので、相性の悪い者同士を狭い場所に押し込めてはいけません。 同意見の者だけで集まると、今度はエコーチェンバー現象が起こりますけど。コミュニティ運営は悩ましいですね。

スキ
1
+2

【コミュニティ】頑張って立ち上げつつあるよ、という経過報告とここまでの所感

IT企業で人事の仕事をしながら、副業でコーチングのプロコーチをしています。また、ノンプロ研(ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会)でプログラミングの勉強もしています。 今日のエントリーは、ノンプロ研のコミュニティ運営の知見を生かしながら社内でコミュニティを立ち上げているので、その経過報告と自分なりの学びや所感を書いてみる。 社内でコミュニティを立ち上げようと思った経緯については、以下のエントリーに詳しく書いています。むっちゃ長いのですが、読んだら戻ってきてもらえると

スキ
20