コパアメリカ

日本サッカーに依然として蔓延る真ん中好きのパスワーク

先日、埼玉スタジアムでバルセロナと対戦したチェルシー。試合には勝利を収めたが、かつてに比べ顔ぶれが地味になった印象だ。チャンピオンズリーグ(CL)優勝は、バルセロナには期待できてもチェルシーにはできそうもない。

 しかしそうした指摘は、CLに毎シーズン、ほんのわずかな人数しか送り込めていない日本人には分不相応と突っ込まれれば、黙るしかなくなる。

 その数日前、川崎フロンターレと対戦した一戦も、

もっとみる
スキありがとうございます!
1

Copa America

note 79日目。最近Quitoでは寒い日が続いています。

ブラジル旅行のメイン。コパ・アメリカを観戦してきました。縁あってチケットを手配して頂くことができたので、とってもラッキーでした。観戦してきたのはもちろん日本vsエクアドル。エクアドルに住んでる日本国民にとっては、なんとなく縁を感じる好カード。

試合会場があったのはベロオリゾンテという都市。改装されたスタジアムはすごく綺麗でした。

もっとみる
スキ、うれしいです。
4

コパアメリカ決勝 ブラジル vs ペルー

こんにちは。

阿久津佑真です。

今日はコパアメリカ決勝のブラジル対ペルーの試合分析をしたいなと思います。

この対戦は予選でも見られた組み合わせだったので、お互いその試合の分析をした上での対戦になったと思います。

まず、前の試合との一番の違いとしては、ペルーの守備の仕方です。

・4−4−2から4−2−3−1に変更することで、中盤の数的不利をなくすこと
・この大会、ブラジルの攻撃の起点となっ

もっとみる

分析:コロンビア inコパ・アメリカ

コパ・アメリカでのコロンビアの戦い方を分析しました。ベスト8で負けたのは想定外で思ったより内容が薄くなってしまったかもしれませんがせっかくなので投稿します。

対象試合:VSアルゼンチン カタール チリ

・スタメン

GK、DF、MFは不変でした。3トップの組み合わせは試合ごとに変化があったためこのスタメンはチリとの対戦でのものです。

気になるのはクアドラードがCHを務めている事でしょうか。

もっとみる

コパアメリカ大会、ペルー決勝進出!

任地72日目。今日は木曜日。

昨日は19:30からコパアメリカ大会の準決勝がありました。

対戦相手はペルー宿敵のチリ。

私の部屋はテレビが一応あるんですが、主要なチャンネルはすべて見られません。ホストファミリーに言ったのですが直りませんでした。

一応付くは付くのでチャンネルをつけたままにして音だけ観戦(ボールと時間だけが見えないくらいの画質、笑)。

下のホストファミリーがいる1階から

もっとみる
¡Muchas gracias!
2

DAZNCircleって?

DAZNCircleに行ってきました。

DAZNCircleとは、DAZNがオープンしたカフェ&バーです。

ネットを調べてもなかなか詳細が載っていなかったもののスポーツ観戦ができるカフェということでとても気になっていたのでサッカー友だちを誘って行ってみました!

ちなみに観戦した試合は『ブラジルvsアルゼンチン』。めっちゃ面白い試合でした。

DAZNCircle を知ったきっかけ

Twit

もっとみる
わーい!!
3

🇨🇴2度目の報告会終了。年2回、コロンビアにいる隊員が全員集合。いろんなヒントや情報が転がってたりする。自転車の使用が解禁されたり、納豆が完売してて1〜2ヶ月は届かないとか、次の隊員からひとり暮らしが解禁される、とか。ん?てか、うちらのひとり暮らしはいつから解禁されるんだ🙄

謝謝🇨🇳
3

急増した左利きアタッカーを効率よく布陣上に落とし込む方法

スタメンの第2列目に左から中島翔哉、久保建英、三好康児の3人が並んだのは、コパアメリカで最後の試合となったエクアドル戦だった。

 試合はどちらに転んでもおかしくないスコア通り(1-1)の内容で、喜ぶべきかどうか微妙な戦いだったが、世の中はいたって好意的な反応を示した。3人揃って華のあるプレーを見せたからだ。

 A代表の4-2-3-1の3は、現在の優先順位に従えば中島、堂安律、南野拓実と続く。原

もっとみる
スキありがとうございます!
1

コパ・アメリカは他大陸からじゃなくて加盟国のU23を出せばいいんじゃないか?と思った。前大会の上位6チームがU23も出せる。ブラジルとかならU23でもそのへんのフル代表より強そうだし。日本としては本気の相手と戦える良い機会なのでまた招待してほしいけどね!