東京ゾンビ地獄 【ゲーム:デッドオアスクール (PS4)】

地上をゾンビに制圧された東京。
人々は地下通路に籠り、希望を失い、静寂の日々を過ごしていた。
地下育ちの少女ヒサコは、祖母から「学校」の存在を耳にする。
学校とは、友と遊び学び、青春を過ごす、若者にとっての地上の楽園少女は祖母から聞いた「学校」を夢見て、地下列車に乗り込み地上を目指す。
その先に待ち受ける、絶望にも気づかず…
(PS公式ホームページより)

そんな訳で本作は様々なステータスを持った

もっとみる
イカすぜ!!!!
4

【iOS / Androidゲームレビュー】Sky 星を紡ぐ子どもたち

作品の特徴

「Sky 星を紡ぐ子どもたち(原題: Sky:Children of the Light)は、アメリカの「Thatgamecompany」が開発したアクション・アドベンチャーゲーム。広大な世界を飛翔しながら自由に探索を進める作品です。iOS用に2019年7月18日、Android版も同年12月13日にリリースされました。

プレイヤーは「星を紡ぐ子ども」を操作して、空から落ちてしまっ

もっとみる

ゲームレビュー FF15の例の遺跡をやってみた感想

久しぶりにまた
FF15を やっていますが

そう言えば 例の遺跡だけは
攻略していなかったので

やってみた。

例の遺跡とは
プティウォス遺跡のことで

ゲームをクリア後に 遊べる
ダンジョンなのですが

このダンジョンがまた
ふざけてるんだよね。

まず 行き方としては
本編をクリアしてから

ガレリアを改造して
空を飛べるようにします。

そして 火山の右側にある
小さい滑走路に降りれば

もっとみる

「ふたり」で紐解くパズルゲーム

【クリア済み】【プレイ時間:126分】

チックタック:二人のための物語
(Tick Tock: A Tale for Two)

小粒ながら、とても良いゲームだったので紹介。
ちょっとダークな雰囲気の中で、謎を解いていくパズルゲームなのだが、ユニークなのが「プレイヤーがふたり必要」というところ。

それぞれの「断片」をつなげる

最初にプレイヤー1か、プレイヤー2を選んでスタート。
それぞれのプ

もっとみる

祝日本語化!エルダー・スクロールズ・レジェンド

やっとです。2016年10月にサービスがローンチしてから3年あまり、やっと、やっと日本語でTES:Legendsを遊べる日がやってまいります!
先日、開発は終了してゲームの配信のみを継続というニュースがあった時、「これ以上コンテンツが増えないということは、もしかしてローカライズの目があるのでは……?」と思った私は正しかった。バイアズーラ!
現在でも、ベセスダランチャーを使えばPCで、アップルIDの

もっとみる
ありがとうございます恐縮です!

ストロングゼロ文学ゲー Disco Elysium

Twitterの細切れな感想以外にも、もう少しちゃんと書いてみたかったのでnoteのアカウントを作りました。時々洋ゲーの感想を投下する場所になると思います。

Disco Elysiumってどんなゲームなの

ひと言で言えば刑事になって殺人事件を解決するゲームです。日本語にするとディスコ天国とか楽園ディスコって感じでしょうか。語感はものすごくダサいですが、ゲーム世界には常にそんな『いなたさ』が漂っ

もっとみる
ありがとうございまーす
5

Horizon Zero Dawn レビュー 退廃した近未来。自然と機械獣に溢れた新世界。

総合評価 8/10

・ストーリー演出

プロットはオーソドックス。美術や視覚的なものは斬新だったけれど、ストーリーはありきたりに感じてしまった。

SF物語としては映画のようなものを感じる。
(もののけ姫、ナウシカ、ターミネーター、マトリックス、スターウォーズ)

NPCの膨大な会話量にはやや疲れる。
サブクエストはただのお遣いという感じで、作業感に溢れてた(後述)

・戦闘、システム

本作の

もっとみる

俺の中でいま「龍が如く0」が熱い

【クリア済み】【プレイ累計時間:50時間】

2015年発売のゲームを2020年にレビューする意味があるのか言われても、プレイしてみてすんごく面白かったんだから仕方ない。
なんといってもシナリオ。歴代「龍が如く」シリーズの中でもピカイチに面白かった。

バブルという舞台装置

プレイする時代は1988年。いわゆるバブル時代。
札束が飛び交い、誰も彼も好景気に浮かれていた時代。金が集まる所には当然「

もっとみる

ゲームが好きだ

物心ついたときにはすでにどっぷりゲームにハマりこんでいた。家族で買い物に出かける時も、真っ先にデパートのゲームコーナーに走っていったし、友達と連れ立ってゲーセンに行くことも多かった。

そのことを心配した親が、家庭用ゲーム機「カセットビジョン」を買ってくれた。不良のたまり場であるゲーセンに行かれるより、家の中で遊んでくれたほうが安心だったんだろう。目論見は半分成功、半分失敗に終わる。
家ではもちろ

もっとみる

新・光神話パルテナの鏡について熱く語りたい。

「新・光神話パルテナの鏡」というゲームをご存知だろうか?

今から約7年前の2012年3月22日にリリースされたニンテンドー3DS専用ソフトである。

このタイトルは「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの産みの親として有名なゲームクリエイターである桜井政博氏がディレクターを務めており、桜井氏が社長を務める有限会社ソラと任天堂の両社が協力して設立した株式会社プロジェクトソラが開発をしたソフトになる

もっとみる