【たわごと#213】久しぶりにゲームブックで遊んだら楽し過ぎた

休日といっても特にやることも無いし、天気は相変わらずの雨模様だし、コロナもまた広まってきているので外出することも出来ず。そんなわけで、部屋にこもってゲームブックを始めてみた。ずっと気になっていてちょっと前にアマゾンで買ったんだけど、開いてみたら結構真剣に取り組まないとダメだと分かり、しばらく本棚で温めていた。

そもそもゲームブックを知らない人に説明しておくと、一般的な本とは違って順番に読み進める

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
3

焼きそばアドベンチャー/ゲームnote

このnoteはアドベンチャーゲームnoteです。

文章・ストーリーは、
読み手であり、noteユーザーであるキミの
その時々の判断によって変わります。

果たしてキミは、
無事ハッピーエンドを迎えられるだろうか?

トライしてみてくれ!
幸運を祈る!

↓↓↓

【1】

お腹がすいたキミは焼きそばを作り始めた。しかし! 麺がフライパンにこびりついて、上手く焼けない!もうめちゃくちゃだ!さあ、ど

もっとみる
おめでとうございます!大吉です!
15

Ver. 1.07のリリースノート

改善点
- 「設定」に効果音と背景音楽のオン/オフ切り替えを追加
-  一部演出、グラフィックの修正
- 「モンスター辞典」の項目追加(ホブゴブリン他)

ありがとうございます!!!
2

すんごい冒険☆ゲームブック/釘ぜめの迷宮・くさびらの森をプレイ♬

ほわほわゲーマー(レベル2)エリゼ・エルフリーゼです♪

時々めっちゃ冒険に行きたい時ないです?
ここじゃないどこかぢゃいっ!
なんかワクワクするお宝とかないんかい~☆
ってね♪

ゲームブックですよ。そんな時。
ねえ?
本を開けば冒険…スグです!!
速攻冒険!!!
と、いうかゲームブックって知ってる?

ゲームブックは、物語を読み進める毎に選択肢があり、行きたい番号(パラグラフ)を選んで進んでい

もっとみる

Amazonアプリストアでの販売を開始しました。

『ゲームブック 迷宮審判』のAmazon アプリストアでの販売を開始致しました。
Google Play で公開しているアプリと同一のものですが、Fireタブレットなどをお使いの方にもお気軽にご利用頂けるようになりました。

Amazon アプリストアと Google Play で公開している『ゲームブック 迷宮審判』は全く同じ内容ですが、仕様上、更新の際の時差などが生じる場合がありますのでご了承

もっとみる
ありがとうございます!!!
1

【ゲームブック】囚われの迷宮館~アナタは誰に囚われたい?~【1-1-2】

*****
このパートを読むのにおススメの方は
【1-1】で【2.キャビネットを探る】を選んだ方です。
*****

キャビネットを探れば。

そう思って近づいたけれど、

手がかりになりそうなものはなかった。

それどころか、何も見つけることができなかった。

何も、なかった。

引き出しには鍵がかけられているようで

開けることができない。

ガラス戸から見える中も、空っぽで、

仕舞う箱だけ

もっとみる

【ゲームブック】囚われの迷宮館~アナタは誰に囚われたい?~【1-1-1】

*****
このパートを読むのにおススメの方は
【1-1】で【1.ドアに向かう】を選んだ方です。
*****

ドアへ向かう。

白いドア。

手をかければ、簡単にドアは空いた。

カチャリ――と金属音が鳴る。

ドアの向こう側はとても静かで

誰もいないように思えた。

そんな気がした、だけ。

「目が、覚めたのですね」

開いたドアの影から姿を見せたその人は、

闇に溶け込みそうなくらいに真っ

もっとみる

【ゲームブック】囚われの迷宮館~アナタは誰に囚われたい?~【1-1-3】

*****
このパートを読むのにおススメの方は
【1-1】で【3.窓に向かう】を選んだ方です。
*****

窓に近づく。

窓の向こうはバルコニーになっているようで、

格子状の柵が目に入った。

そっと押すと、窓は簡単に開いた。

風が、外の香りを運ぶ。

上を見上げれば、雲1つない青空が続く。

下には、広がる緑。

残念ながら、視界に入るのはそればかりで、

自分を思い出せる手がかりになる

もっとみる

Ver. 1.06のリリースノート

改善点
- 「トロフィー」の「称号」と「墓碑銘」の未達成の項目のマスク表示を追加
- 「トロフィー」の「墓碑銘」に項目を追加

ありがとうございます!!!
1

【ゲームブック】囚われの迷宮館~アナタは誰に囚われたい?~【1-1】

*****
このパートを読むのにおススメの方は
【プロローグ】で【1.ベッドから出る】を選んだ方です。
*****

そろり、とベッドから抜け出る。

ふわりと柔らかな感触が伝わる赤い絨毯。

白いベールの向こう側へと足を踏み出しても

人の気配は感じられない。

周囲を見渡して見ても

やっぱりそこは知らない場所。

ドア。

キャビネット。

窓。

ドアの外に出れば、誰かに出会えるかもしれな

もっとみる