カルロス・ゴーン

カリスマの成績表(下) - 被告人ゴーン

日本を密出国したカルロス・ゴーン元日産会長を、経営者と被告人という二つの視点から分析します。今回は、被告人としてのゴーン。

容疑内容

2018年11月19日、カルロス・ゴーン逮捕の速報は世界中を駆け巡りました。まずは、ゴーン氏の3つの容疑について整理します。

① 金融商品取引法違反
2018年11月19日 逮捕(1回目)
2011年3月期から2015年3月期までの役員報酬について、およそ50

もっとみる
うれしー!!
2

胃が痛いのだが(2020年2月19日)

どうもこんにちは。

コシカケです。

昨晩から胃が重い・・・何がヒットしたのか思い返しているのですが、一昨日の晩飯が思い出せません。

意外と苦手なものが多くて困ります。

子供には好き嫌いするなとか言いながら、私がコレではね、示しがつかんのです。

特に魚がダメです。

焼き魚、煮魚・・・翌日必ずお腹を下します。

なんでなんでしょうね。

でも不思議なことに、カルパッチョとかは大丈夫なんです

もっとみる
嬉しいです!是非フォローをお願いします!
8

元日産代表取締役グレッグ・ケリー氏 特別インタビュー

2018年末にカルロス・ゴーン氏と共に逮捕された、元日産代表取締役のグレッグ・ケリー氏。「文藝春秋」2019年7月号の『西川廣人さんに日産社長の資格はない』で第81回文藝春秋読者賞を受賞しました。

また、「文藝春秋」2020年3月号では、2019年末のカルロス・ゴーン氏の“国外逃亡事件”について語っています。

■元日産 グレッグ・ケリー独占告白「ゴーンさんに日本の法廷で証言してほしかった」
h
もっとみる

ありがとうございます!
2

カリスマの成績表(上) ‐ 経営者ゴーン

日本を密出国したカルロス・ゴーン元日産会長を、経営者と被告人という二つの視点から分析します。まずは、経営者としてのゴーンから。

経営者 ゴーン

「コストカッター」としての異名を与えられたゴーン氏は1999年に発表された「日産リバイバルプラン」とその後の「V字回復」でメディアから拍手喝采を浴びていました。

〇ケイレツの崩壊
大手自動車メーカーの工場は拠点工場を中心に数多くの下請けや系列企業がす

もっとみる
うれしー!!
6

ゴーンが逃亡したレバノンについての記事があったので読んでみた。
ゴーンが逃亡したレバノンはいま経済危機に陥っている。
債務不履行、借金、通貨下落など最悪な事態に陥っている。
昔は中東のパリとも言われ、賑わっていたがいまも昔。とりあえず、ゴーンは腐敗の象徴ともいわれている。

よろしければフォローろしく☺️
1

国際指名手配された「ゴーン妻」の正体

事件の陰に女あり──。前妻・リタと別れ、2012年にキャロルと再婚したカルロス・ゴーン。2人は2007年頃に出会ったとされる。派手好きなキャロルの影響で、ゴーンは変わった。服装、髪型……。そして、今回の逃亡劇にもかかわったとされている。謎の「ゴーン妻」の正体に迫った。/文・井上久男(ジャーナリスト)

貪欲な偽善者

「会見を見ているうちに、どうにも怒りが収まりませんでした。彼は、ずっと日本人を見

もっとみる
ありがとうございます!
19

日産経営者としてのゴーンの評価

日産の経営悪化が深刻だそうだ(2月14日日経)。新型肺炎のために中国ビジネスが影響を受けているのは、どこの企業でも同じだろう。日産の場合は米国の不振も大きいようだ。また、日産の日本国内のシェアは5位で、トヨタと両雄と目された時代は昔話となった。フェアレディやGTRには話題性はあるが、金を稼ぐほどには売れる車ではない。他には何があるのかと言えば思い出せない。ゴーンが社長に就任してたしかに同社の業績は

もっとみる

カルロス・ゴーンをわざと逃がした?説

2020年1月18日作成

カルロス・ゴーン被告が関西国際空港からプライベートジェット機に乗ってレバノンへ逃げた。

プライベートジェットのセキュリティー体制にいくら甘い面があったとはいえ、これほどまでに簡単に警察や検察が大物を逃がすなんてことがあり得るのだろうか。

警察や検察がゴーン被告を積極的に逃したというわけではないと思うが、あえてスキをつくったのかと思えるほどの失態である。
智謀に長けた

もっとみる
スキありがとうございます!
4

英語は積み木 Vol.2 ゴーンも書類もgoneがアリなら ゴーンはビーンもアリでしょう。

書類が gone。

こんにちは。『英語の構造』を教えている ぽん です。

ゴーンの記事キターとか言わない。

今回も、文の構造を、難しい文法用語を使わずに、説明していきたいと思います。

さて今回使った英字新聞はこちら:

これの、一番最初の文章:

ゴーンさんの弁護士さんが、日産と三菱に「例の書類を出せ!」と要求して、日産と三菱は「あの書類は見せられねぇ!」と言ってと、まぁそんな記事です。

もっとみる
わたしもスキです❤️
10

【現代のリーダーに人望はいらない?】幕末偉人からゴーン被告問題を考える

東洋経済に、こんな記事が上がっていました。

要約すると、

カルロス・ゴーンという人については、日産の従業員からも役員からも擁護する声がない。よほど人望はなかったと見られる

だが西欧では、経営者は実績さえあれば人望はなくてもよい、というのが当たり前である

日本でも若い人ほど、「人望があるが金を稼げない社長と人望は薄いが金を稼げる社長のどちらがよいか」というアンケートには、「人望などいらない、

もっとみる
Estoy agradecido!(ありがとうございます)!
6