エジプトの旅〜喧騒の地カイロ、ハン・ハリーリ市場に行く~

ドバイ空港でトランジットし、日本を出発して約10時間、目的の地カイロ空港に到着しました。
 入国審査、旅行ビザを取り空港をでるとそこにはあたり一面の砂漠が広がっていました。

 砂埃で視界は霞み、日差しが皮膚を突き刺すように降り注ぐわけで、初めは他の星に来たのかと思いました。
空港からタクシーに乗り街の中心地オールドタウンに向かうわけですがさっそくエジプト特有の洗礼を受けます。

というのもエジプ

もっとみる

問題山積み!海外旅行未経験者のエジプト旅行計画

ホクシンハウスに入社して、2週間が経ちました。

先週はとても早く感じていた1週間でしたが、今週はとても長く感じました。

心理学の本に、「未経験の分野に取り組んでいるときは、それら一つひとつが、強烈な思い出や記憶となって心に刻まれるので、時間が長く感じる」と書かれていました。

本当に毎日新しい学びがあります。正しくは毎日失敗して学んでいます。(失敗せずに学べることが理想なのですが...)

もっとみる
今後もよろしくお願いします。
10

【マークの大冒険】 マークの七つ道具

冒険家のマーク。彼は神秘の力を持つ宝物を利用し、困難な旅を切り抜けていく。今回は、マークが作中で使用する七つ道具を紹介していく。

【護りの指輪 アムラシュリング】
イランのアムラシュ地方で出土した指輪。12枚の盾を所有者の周囲に出現させる神秘の力を持つ。盾は所有者を保護する他、前方方向に勢い良く飛び、打撃を与える効果を持つ。

【護りの短剣 ルリスタンソード】
イランのルリスタン地方で出土した短

もっとみる

世界遺産エジプトのピラミッド地区に、カフェラウンジがオープン

アフターコロナを見据えて、エジプトでは着々と観光客受け入れの準備がすすんでいます。世界遺産、ギザの3大ピラミッドでは、エリア内にカフェラウンジがオープンしました。ここは、3つのピラミッドを中心に、女王のピラミッドなど9つのピラミッドが見える絶好のロケーション。一直線に見えるピラミッドが美しいゆえに、これまで特別許可が必要でしかも有料だった南のエリアを開放したのです。

ナイン・ピラミッズ・ラウンジ

もっとみる

エジプトのDaily News Egyptを読む #英語ニュースで世界を巡る【最先端の英語ニュースに挑戦】【勉強会レポート】

世界各地の英語ニュースを読んでみようというコンセプトで、だいたい毎週どこかの英語ニュースを読むイベントを開催しています。
非常に面白いので、もう少し多くの方に知ってもらって参加頂きたいと思いまして、イベントレポートというか勉強会メモを記録することにしました!

(2020/9/17 参加者コメントなどアップデートしました)

今週はエジプトの英語ニュースサイトDaily News Egyptを読み

もっとみる
どうもありがとう💛💛💛
1

【エジプト日記】アトリエのかわいい来客

(この記事は2019年6月20日にFigのエジプト在住スタッフが
 ブログ上に書いたものを転載しています)

昨日アトリエにこんなかわいい来客がありました。

ビルに最近住みついたらしい野良猫の家族、
お母さん猫とちっちゃな子猫たち。

縫子さんがお使いから帰ってきたときに一緒にドアのところに居て、
どうやらご飯をくれと言ってるかんじだったので、
牛乳とパンをあげました。

かわいすぎてずっと見て

もっとみる

【エジプト日記】マカローナベシャメルの一週間

(この記事は2019年9月15日にFigのエジプト在住スタッフが
 ブログ上に書いたものを転載しています)

今週は、マカローナベシャメルの一週間でした。
マカローナベシャメル?なに?って思っていると思います。

マカローナベシャメルは、エジプトの家庭でよく出される料理の1つです。
マカロニとひき肉にベシャメルソースがかかっている料理です。
味も想像できる通りw

今週、日曜日に部屋の家賃を支払い

もっとみる

豊穣のナイルが生んだ滋味あふれる豊かなエジプトの家庭料理10選

モロヘイヤやターメイヤなど、エジプトの食材や料理は日本でも知られるようになってきた。
しかしまだまだ中東や北アフリカの食事というと、ケバブやシュワルマくらいしか思い浮かばない人が多いのでは?

エジプトの国土は9割以上が砂漠だが、その中をナイル川が南北に流れ、流域には緑豊かな農作地帯が広がっている。
そんなエジプトの大地が生んだ豊かな家庭料理を、実際にエジプトの家庭でいただいた写真や教えていただい

もっとみる
すごく嬉しいです!ありがとうございます!!
4

憧れのピラミッドと恋したダハブ〜エジプト〜

السلام عليكم(アッサラーム・アライクム)
小学生から僕の注文したモモを7個中5個食べられてイラッとした心の小さい漢
K-Lowです!!
ネパールの食堂で隣に座った男の子が僕が注文したモモ(ネパール水餃子)がくるなりバンバン食べだして自分が食べれたのは2個だけにイラッとしてしまいました。

よくよく聞いたらエジプトにあるバクシーシの様な「裕福な者は、貧しいものに施しをする」考え方がネパー

もっとみる
ありがとうございます。現在49カ国旅しましたので他も読んでみて下さい。
2