みちびき

GPSロールオーバーと、その後の話

1024週ごとにゼロリセット

 日本時間の4月7日、人類は歴史上2度めとなる「GPS週番号のロールオーバー」を経験しました。

 GPSは独自の時刻体系(GPS時)で時刻を管理しており、そこでは「週と秒」だけで時刻が表現されています。GPS時の週番号(WN;Week Number) に割り当てられているのは10ビット分、すなわち1024。カウント開始から1024週で、週番号の2進数表現は、1が

もっとみる

3分でわかる測位衛星の法律問題

生活インフラとしての測位衛星

初めての場所に行く時、私たちはGoogle mapなどを通じて位置情報を使います(少なくとも私はGoogle mapがなければ初見でX-NIHONBASHIに行けませんでした)。宇宙基本計画では、準天頂衛星システムは2023年度をめどに持続測位可能な7機体制での運用を開始するとされています。
測位衛星は衛星から発信される電波によって位置を特定するという仕組みというわ

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!!
1

人類の歩む道 それは ヒロシマを歴史鏡にしての世界平和

日本の 重要無形文化財に 指定されている 能楽堂は
ユネスコ無形文化遺産にも 登録されている
https://ich.unesco.org/en/RL/nogaku-theatre-00012

能舞台の 鏡板 に 映(うつ)る 松 が 客席に実在するように
ヒロシマを歴史鏡として 人道の地球未来を 歩む必要がある ☆
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/gik

もっとみる

20171013社説から見る現代日本

おはようございます。

本日は読売の「衛星みちびき 日本版GPSを有効に使おう」をオススメに。

2010年9月11日に初号機が打ち上げられ、今年10月10日に4号機が打ち上げられました。

衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムを現在は、米国のGPSに頼っています。

GPS衛星だけでは安定した高精度測位を行うための衛星数が不足していますが、GPS衛星は米国が運用しているため、アジア・

もっとみる

日本版GPS衛星「みちびき」4号機打ち上げ成功

日本版GPS衛星「みちびき」4号機打ち上げ成功

スマートフォンなどの位置情報システムの性能を飛躍的に高める日本版GPS衛星「みちびき」の4号機が10日午前7時すぎ、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットの36号機で打ち上げられました。ロケットは順調に飛行を続け、およそ28分後の午前7時半ごろ「みちびき」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。
日本版GPS衛星「みちびき」の4号機は

もっとみる