ほぼ日刊イトイ新聞

岸田奈美さんに感謝を込めて-キナリ杯参加の発端

はじめまして!ご覧いただきありがとうございます。今回初の記事となります、「いろはにほへと」です。よろしくお願い致します。

この記事は岸田奈美さん主催のキナリ杯へ投稿記事を書くまでの経緯です。いろいろな思いがあり、本筋ではない部分をこちらにしたためました。

記事を書こうと思い立ったきっかけは、ほぼ日刊イトイ新聞で掲載中の岸田奈美さんの「いなくならない父のこと。」第一回連載でした。まめに読んでいる

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
12

いのちをよろこばせよう

「いのちをよろこばせよう」。この言葉は、今日の「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里さんが書く「今日のダーリン」の言葉である。糸井さんは「いのちとは時間のことなのだ」と考えられている。以下引用。

あくびをしている時間、いのちがあくびしている。眠っている時間、いのちが眠っている。おいしいものを食べている時間、いのちが食べている。だれかを思っている時間、いのちが思ってる。

先日、職場の同僚が素敵なマスク

もっとみる
書いてみて良かったです。貴方のスキが励みになります。
5

言いまつがい【徒然文】

ご存知の方が多いかもしれませんが、「ほぼ日刊イトイ新聞」読者から投稿・応募された作を、糸井重里が監修した『言いまつがい』が面白い。思わず吹き出してしまった作が、いっぱいありました。未読でしたら、手にしてみてはいかがでしょう。
 そのいくつかを紹介します。

「馬車馬のように働く」と言うところを
「種馬のように働く」と言ってしまい、
男性社員にうらやましがられました・・・。

家族で飲酒運転について

もっとみる
大吉!!!今日、いいことありますよ(笑
12

2020/02/23(日)【日記】新宿→池袋→渋谷を14時間放浪し散財し尽くした日記

・8時起床。じわじわと早寝早起き力が上がっている。

・新宿で映画「七人の侍 4K特別上映(黒澤明監督のやつ)」を観る。十代の頃に一度観ていて、観るのはそれ以来。上映時間が長い。途中休憩が入るくらい長い。これだけ長いとさすがにだれるんじゃないかと思ったが、ほとんどだれない。すごい。登場人物も多いしエピソードも多い。にもかかわらずこんがらがらない。すごい。フレンチのフルコースと満漢全席を同時に食べさ

もっとみる

【重要】風邪予防のお話(※特に手洗いについて)ぜひクリックして読んでください。

みなさま

おはようございます!
各店からのスタッフメール、読みました。
昨日も出勤いただきましたみなさま、お疲れさまでした。
寒いですが…体調、崩していませんか?

さて本日は私から1点…ではなく、
こちらの記事をご紹介させていただきますっ!


ほぼ日刊イトイ新聞(2018.09.23)

読んでみると…非常に興味深い内容でした。

中でも手洗いについてのお話。

手を洗うには、水で良いのか

もっとみる
あざーーーっすっ!!

頭は働かせないといけない。

こんにちは、アオバです。

人の名前がどうしても出てこないってことってありません?

私はあります。

きょうは糸井重里さんの名前が思い出せませんでした。

顔は浮かんでたんです。

ほぼ日のサイトのことやほぼ日手帳も思いうかぶし、

なんならブイヨン(糸井さんが飼っている犬の名前)まで思い浮かぶのに、

当のご本人の名前が出てこない。

ここまで情報が浮かんでいるんだから、

スマホを使ってググ

もっとみる
嬉しい!楽しい!ハッピーです!
13

2020/01/31(金)週に1~2日「ノーSNSデー」を設けてみることにした。なんか……びっくりするほどゆとりが生まれた……。

ぼくは「ほぼ日刊イトイ新聞」を長年愛読しているのだが、奇しくもここ数日「ネット中毒」や「スマホを捨てろ」といったことについての記事が立て続けに掲載された。

 前者は、糸井重里さんによる「今日のダーリン(2020/01/30)」にて、後者は書家の石川九楊さんへのインタビュー記事にて、それぞれ語られている。

(注:「今日のダーリン」は2日間経つと閲覧することができなくなるため、前者の記事は2020

もっとみる

岩田さんに会えた夜のこと

山梨にあるゲーム制作会社「HAL研究所」とお仕事をさせてもらったことがある。

あるウェブ制作会社がHAL研究所の「新卒採用サイト」を制作することになり、そのライティング担当として僕に白羽の矢が立ったのである。まだフリーライターとして駆け出しだった、2005年頃の話。

ファミコン時代から任天堂のゲームに親しんできた僕にとって、あの『星のカービィ』を作った会社に取材できるというのは特別なことだった

もっとみる
そのスキでご飯3杯いけます
21

今あえて、ほぼ日創刊時の本をおススメする!

「ほぼ日刊イトイ新聞の本(2004年加筆版)」 読書感想文

 本書は、1998年に開設された「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)の早すぎる社史(著者談)として2001年に発刊されたものに、2004年第八章を加筆して刊行されたものだ。

 すでにひと昔以上前のインターネットに関する本だが、今読んでもものすごく参考になる。いや、今読むからこそ俄然面白い!

 本書の面白さの一つは、インターネットが何

もっとみる
May the Force be with us.
3

2019/12/23、月

鴨二匹のそばによくわかんない鳥がいて、でも眠る鴨を守ってるみたいな感じで、あれは誰?
青い空と白い横長の雲たち、マリオのゲームでみたことあるみたいなやつだった。

さむいさむい。
1限受ける。今日はひとり。
2限受ける。こっちもひとり。途中トイレで外に出たら、寒さのせいでくっきり山々と富士山の先っぽが見えてほぉ……ってつぶやいてしまった。冬だなー。

学食をなるはやで食べる。パスタが食べたかったけ

もっとみる
thank you!\♡/
5