見出し画像

【文化違いすぎた国 Part4 セントルシア 免許が誰でも取れる?レストランは注文してから1時間以上】 by 牟田口恵美

元プロテニスプレレイヤー【牟田口恵美】(むたぐちえみ)です。

少しばかり起きる時間が前倒しになってきた牟田口でございます。(正常人間化)

そして、Yさんからまたまた昨日サポートを頂きました!!!(土下座です)

いつもいつも本当にありがとうございます!!!!!

感謝の気持ちでいっぱいです!!!!!

これからも楽しく為になる内容を書いていけるように、毎日の習慣を頑張ります。

昨日は前回スーパーで買ってから塩焼き用に育てたカンパチのカマを本当に美味しくいただきました。

Yさん、ごちそうさまでした!

さて。

今日は【文化違いすぎた国 Part4 セントルシア 免許が誰でも取れる?レストランは注文してから1時間以上】についてちょこっと書いていきたいと思います。

みなさん、セントルシアという国はご存知ですか?

東カリブ海に浮かぶ、人口も18.19万人の小さな島国です。

こんな国で実はITFジュニアの大会があったんです。笑(グレード5)

盛田ファンドの仕事を受けるかどうか決める前に、「事前に現場を体験してから決めていいよ」と言っていただいていた為、大学3年生の時にアメリカに2ヶ月弱バイトで行かせてもらい、その際アメリカを起点に遠征に行った国の一つがこのセントルシアでした。

最初、セントルシアに行くと聞いた時は、

「何!?どこ!?どんなところ!?」

となっていた為、Google大教授の力を借り色々サーチ。調べるところによるとなんどリゾート地じゃないか!!!!!!

とてもワクワクしながら出発日を迎えました。

マイアミ空港からおよそ2時間。直行便がありとても楽な移動。

ついてみるとこじんまりとした空港で、なんだか田舎に帰ったような感覚。(都会っ子w)

発展はまだまだ全然していなくて、空港周辺の道路さえも、石ころのガタガタ。

でも、イギリス連邦加盟国だからか、みんな英語はバッチリ。(ネイティブではないけどみんな喋れる)

ホテルまでの1時間の道は、山を登っては降りてのもの凄いクネクネ道&ガタガタ道、今にも吐きそうなレベルだったので、ドライバーに半分ジョークで質問してみました。

「こんな道だったら、運転免許取るの大変だよね!笑」

そしたら返ってきた返答。

「運転免許?そんなのすぐ誰でも取れるよ!」

えええええええええええええええええ!笑

恐怖を覚えました。笑というのも、まだ発展してないから道と崖の間にガレージとかもないし、崖めちゃくちゃ見えて、対向車くると本当ギリギリ落ちそう。

お願いだから無事にホテルに送り届けてくれ、と心から願いました。笑

現在もちゃんと呼吸をしながらここにおりますから、ちゃんと無事です。笑

ちなみに以前も日本のサービスは本当にすごいよ!って話をしたと思いますが、セントルシアはレストランで注文してからサーブされるまでは毎度1時間以上かかりました。それでもチップはおかなければならなかったと思います。

ホテルでの自分時間が削られる!笑日本は本当に素晴らしいです。

以上、【文化違いすぎた国 Part4 セントルシア 免許が誰でも取れる?レストランは注文してから1時間以上】でした。いかがでしたか?

少しでも合間時間に楽しんでもらえていたら嬉しいです。

それではまた次の記事でお会いしましょう。またね



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!!
33
元プロテニスプレイヤー/現役引退後慶應義塾大学環境情報学部入学・卒業(2014-2018)/プロツアーコーチ/慶應矢上庭球部コーチ・プライベートレッスン → https://www.youtube.com/channel/UCE1IOTSGL2O3VRBEPsKwgrQ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。