お題

#SDGsへの向き合い方

よりよい未来のために、あなたが心がけていることや行動していること、社会をよくするアイデアを投稿してみませんか?自治体や企業・団体が行うSDGsアクションや、学校での取り組みも大歓迎です。

急上昇の記事一覧

評伝 | 毛魂胆(抄) 、進化をつづける理容業界。

(1)少子高齢化  少子高齢化が止まらない。その影響は、教育産業や鉄道産業だけでなく、当然、理容業界にも及んでいる。  とくに男性の高齢化による打撃は大きかった。髪の毛がなくなってしまえば、わざわざヘアサロンになど、行く必要性がなくなってくるではないか?  また、少子高齢化により、そもそも人口が減少すれば、顧客は当然減少し続ける。危機感を覚えたヘアサロン、街角の床屋・散髪屋は、さまざまな取り組みをはじめている。 (2)変わらないためには変わり続けなければならない。  人

スキ
71

オタクにSDGsは難しい~CDもグッズもプラスチックだらけ~

どーも。オタ活や男性アイドルに関する動画を上げ続けていたら、SNS総フォロワー数が25万人を突破したオタク系YouTuberのあくにゃんです。 最近、やたら耳にする「SDGs」。お買い物のときにエコバッグを持ち歩くようになった方も多いのではないでしょうか? ぼくもその1人です。 ですが。 ふと、オタクはSDGsに対応できていないのでは? と不安になりました。 オタクをしているとプラスチック削減なんて無理なんだが? って話なんですよ。 今回は、約1,000人ものオタクが

スキ
35

食器の専門家が考える”サスティナブルなうつわ”ってなんだ?私が考えた環境に良い器6選

#SDGsへの向き合い方 こんにちは!食器の専門家としてTVやメディアに出演させて頂く事も多い 二本柳(にほんやなぎ)です。 そして、今回の記事では「0プラスティックとサスティナブルとうつわ」の話をしていきます。 なぜ私が今「サスティナブル」なうつわを調べているのか 実は今週、私の会社では新しいブランドの発表を行います。 ◎プレスリリースはこちら↓ これに伴い東京は自由が丘エリアにある弊社studioを0(ゼロ)プラスチックの取り組みの環境にするべく、道具や食器類

スキ
16

今日も京都て歩いていこうと 〜ご自由にお持ちください〜

京都在住です。 よく散歩に行きます。 気が向いたとき、 私が訪問した場所を 紹介します。 今回は小ネタです。 京都に限らず、 こういう文化はどこでも、 あるかもしれません。 たいてい、古い家の前や、 取り壊し前に。 捨てるくらいなら、 誰かに使ってもらえたら、と。 少しでも、役立ててもらったら。 そういう、思いやり、助け合い。 そんな気持ちやと思います。 それが、 『ご自由にお持ちください』 こういうの、出してくれてます。 たまに、見かけます。 でも、京都に

スキ
12

”女性”への敬意

 先日とあるテレビ番組を見ていて、自分の視野の狭さを思い知ったことがあった。  そのテレビ番組では、「歌手としても役者としても成功していると思う人物ランキング」というものを紹介していた。1位の福山雅治さんをはじめ、トップ5に名前があった人は全員男性だった。その中で空欄になっていた2位を当てるという企画だったため、私もテレビの前で一緒に考えた。  「んー」となかなか思いつかなかった私を差し置いて、テレビに出ているタレントさん達は次々に名前を出していく。そして、ベテランのタレ

【ロペピクニック】8月のカジュアルコーデ

こんにちはCEOみっちゃんです。 8月のカジュアルコーデが届きました〜! 今回バックもついてなんと6,600円😍 しかも可愛い💕 何にでも合うTシャツはヘビロテ中です✨ スカートのリラックス感とパンツの動きやすさを兼ね備えたスカンツ🌿 ギャザーウエストで穿き心地がとっても良く、脚のラインをカバーしてくれます💞 4点セットで6,600円で購入できるのは今月だけ!! しかも初回の人はさらに安く 5,500円でこのコーディネートが届きます! 詳細はこちらから確認でき

20220808SDGsニュース

企業のSDGs関連商品・サービスのマーケティングに活用できる1万人の生活者パネルを発表※Tカードユーザーのビッグデータとの相関性が確保されているならば、有用かもしれません。 日本人の「賃上げ」という考え方自体が大間違いだ給料を決めるのは、政府でも企業でもない※政府でも企業でもなく○○だ、の○○は記事で。もうひとつ、●●●率の減少(30年で半減)も、大きな問題です(下記参照)。 「夜空に映えた」 繊維の再生紙からSDGs立佞武多が出陣※再生「紙」、と呼ぶのが適切か?という気

スキ
10

レジ袋有料化から2年。サスティナブル社会の実現と実態について

レジ袋の有料化。 2020年7月からプラスチック製のレジ袋が有料化され、2年以上が経ちました。 日常生活でスーパーやコンビニエンスストアで買い物をするにあたって、今まで無料でもらえたレジ袋でしたが、1枚2〜5円程度の有料になってそれを買うか買わないかを言うのが当たり前の光景になりました。 一時期はレジ袋が有料化になったことに伴い、国民からも賛否が分かれたらしいですが、今では私たちが消費活動する上で社会に浸透しきっているように思えます。 レジ袋をお金を出して買うか、あるい

スキ
10

プラダの取り組みにみるサステナブルファッションの動き

土井あゆみです。 先日、面白いニュースを見つけました。 アパレル業界でも、レザーの使用量を減らしてヴィーガンレザーを使っていったり、サステナブルな事業展開のための動きが各所で起きており、ハイブランドを代表する「PRADA」でも、そうした動きが活発です。 今回はその取り組みがとても素敵だったので紹介したいと思います。 プラダ×ユネスコの教育プログラムニュースになっていた教育プログラム「SEA BEYOND」は、2019年に発足した、プラダ・グループとユネスコの政府間海洋

スキ
13

SDGs系の催しにお笑い芸人が来るということで、家族で参加。 娘が積極的に手を上げ、芸人さんから「するどい質問するなぁ」と言われ、その後、テレビ局の取材を受けることに。 「いつの間にか大きくなったんだなぁ」 恥ずかしがりやなのに、逞しかったね。

スキ
12