お題

#新書が好き

新書への愛や、好きな作品・作家を語ってください!

急上昇の記事一覧

息子と母の壁

 夏休み中で、のんきにしている大学生の次男が、午後の珈琲☕️を入れました。就職の話でも聞こうと、声をかけました。 「ちょっと、ゆっくり話を聞かせて。」 母に捕まり、諦めのまなざしでソファーに座りました。  就職の話を始めると、興味ある分野の話が、いつの間にかゲーム🎮の話になりました。分からないことを分からない言葉で語る様子をみて、つくづく母親の知らない世界を好んで進んでいるのだと感じました。 バカの壁 約20年前の話です。もうすぐ出産予定日という日、 「生まれたらしばらく

スキ
82

幸せになるための仏教的「有意義な生き方」とは❓

ブッダの教えを学びながら有意義な生き方を始めてみませんか? 前回までは、誰もがブッダの教えによって有意義な生き方を始めるために、『ブッダが説いた幸せな生き方』(今枝由郎 著 岩波新書)を読んできました。 今回は、仏教的「有意義な生き方」についてです。 それではブッダの教えによる「有意義な生き方」とはどのような生き方でしょうか? このことに関して、スリランカ上座仏教のスマナサーラ長老は、『有意義な生き方 幸福に生きるとは?』(サンガ新書)のなかで、 と述べています。

スキ
12

【独り読書会】最初の本が決まりました!(第1弾イントロダクション⓪ )

先日、書いていたこんな記事。 その中で呟いていた以下の企画 と、まぁ、最初の本、何にしようか迷っていたのですが 決まりました! なので 本当にやります! やっちゃいます! 企画倒れにならないように頑張ります!笑 さて、本が決まったきっかけ。 それはこんなニュースが飛び込んできたから。 キプチョゲ、マラソン世界新記録更新‼️ (2時間1分9秒) おめでとうございます! もうすぐ38歳という年齢を感じさせない最後まで躍動感のある走り。 ゴール後の紳士的でありな

スキ
12

ブッダの教えは誰もが「充実した人生を生きるための指針」。『ブッダが説いた幸せな生き方』最終回

誰もがブッダの教えによって有意義な生き方を始めるために、『ブッダが説いた幸せな生き方』(今枝由郎 著 岩波新書)を読んでいます。 前回はブッダが説いた、幸せになるための経済生活について述べました。 最終回のこの記事では、ブッダの教えは誰もが「充実した人生を生きるための指針」であり、ブッダとしての生き方は誰にでも実践可能であるということについて述べていこうと思います。 ここまで取り上げてきた、普段の心がけである「四無量心」や、日常生活において守るべき生き方のルールともいえ

スキ
30

誰がこんな国にした=有権者=私たち

お先真っ暗な気持ちになるかもしれませんが、世界広しといえど、先進国でこんなに長きにわたって成長していない国は日本だけです。 絶望的な気分になりました。 この本に書かれている内容は、少し前に読んだ、高橋洋一氏の著書で言及していることとほとんど同じ提言でした。 メンタリティを変える?気になったところを引用させていただきます。 日本の政策当局のメンタリティが変わらない限り、日本のデフレはこのまま続く可能性があります。(略)財政政策が変わらないと、デフレ脱却はなかなか難し

スキ
17

その本は、から始まる素敵な物語たち

 その本は、人類の叡智が書かれている。 しかし、誰もその重要性に気付かず、どこかの本棚に眠っています。 誰が書いたかも、信ぴょう性も定かでなく、運よく手に取ってもらっても なぜか数行読んで大事な所に辿り着く前に、いつも閉じられてしまいます。 *  その本は、眠ると開かれます。 同年代の他の人のこれまでの人生が、過去の記憶となります。 いま何者でもないわたしは、有名なプロサッカー選手でした。 多くの人が引退くらいの年齢を過ぎ、成績も年々落ちてきて そろそろ1軍

スキ
26

【独り読書会】まだ記事にできるほどにはまとまらないものの、ひっそり始めてみた。 でも25分読んで25分まとめてってやって5ページしか進まないってどういうこと?(注:この本は全部で223ページあります) 今年中に終わるのか⁉️

スキ
7

『とてつもない日本』 麻生太郎 著 書評

構成は以下の通り。  紙幅は190頁ほどだが、結構読むのに時間がかかった。  各章ごとの内容をまとめたい。 第一章  日本という国の良さを説いている一方で麻生さんの歴史認識はどうも間違っている。  ODAの利点を説くのは結構だが、その分内政の充実を図らなければ国民の理解は得られないのは当然だろう。結局、憲法、歴史認識、教育といった根幹を糺さなければ何をやっても小手先なのが自民党。  今読むと結構言っている事がめちゃくちゃにも思える。特に歴史認識は話にならない。中国

『会話を哲学する』は、おかげさまで本日4刷出来となりました! これから全国の書店さんに順次搬入されると思います。たいへんお待たせいたしました。 言語哲学、漫画表現、会話術、創作……あらゆる方面からご好評いただいています。引き続きよろしくお願いいたします。

スキ
5

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.128

バックナンバーはこちら 石黒圭『「読む」技術』言葉による理解というものを考えてみると、コミュニケーションのなかでやりとりされる言葉はヒントにすぎず、答えはつねに理解者の頭のなかにあるということがわかります。言葉を手がかりにして、推論によって頭のなかに意味を見いだす活動こそが、理解活動の中心です。 林貞年『誰でもすぐできる 催眠術の教科書』立証可能な事柄を積み重ねられると、人は心の中に真実として受け入れる「心の入れ物」が形成されてしまいます。聞いている人の心は、すべてを真実

スキ
11