お題

#文学フリマ

購入した作品の紹介や、参加した感想。出典の案内や、販売作品の紹介などを投稿してください!

人気の記事一覧

第XⅢ章 歯車の下で

Vol.1  飛行機が離陸してから二時間程度が経った。あっという間に飛行機は着陸準備に入っていた。飛行機に乗っている間、僕は流れていく雲を見ながら終わってしまう休みを惜しんでいた。もう少し長く休みたかったと毎回毎回思うのは社会人になってからだった。長い人生の中で、卒業というシステムがなくなってしまった。今までは、最大で6年同じところに通って、それから卒業というシステムに従って、次のところにいく。これを繰り返して来た僕にとって卒業を欲しているのだろう。僕は終わりを探しているんだ

スキ
361

五月の「文学フリマ東京38」に出店します。

初めてなので、いろいろわからないのですが、そろそろ出品する冊子の 内容を考えないといけません。 ・震災の関係で休載している『アッコの夏』の続き  (富山のお寺で迎えた朝の一コマ) ・ウェブノベルラボに掲載していただいたショートショート ・noteでまとめた小説執筆ノウハウを『ロスト・ドッグ』を見本にしたもの この辺りで考えてみました。 A5で32Pくらいを考えているのですが、 部数と値段、どうしたものでしょう…… みなさん、どうしているのでしょうか??

スキ
51

会社を辞めてフリーランスになる

1/31で会社を辞める。会社に対する不満もあるが、一番の理由はフリーランスに挑戦したいと思ったことだ。 今までは会社で働きながら副業としてWebライター・ZINEの販売をしていた。Webライターではクライアントからから継続して依頼をもらえるようになったし、ZINEは文学フリマでたくさんの人に読んでもらえた。 もちろん安定を求めるなら現状維持がベストだが、本業と並行するとどうしても時間と精神的なリソースが足りない。副業が軌道に乗ってきたこともあり、独立を決心した。 今後の仕事

スキ
105

「#わたしの旅行記」をテーマにした作品を募集します!

こんにちは。ほんのひととき編集部です。 旅と本のウェブマガジン「ほんのひととき」は今年で3周年を迎えました。旅へ誘い、文化・歴史を楽しむコンテンツを美しい写真と共に日々お届けしています。 そして本日、「#わたしの旅行記」をテーマにした作品の募集を開始しました! 以下のリンクにて応募要項をご確認のうえ、ふるってご参加ください! 作品を通して、皆さんの素敵な旅の思い出に触れることを楽しみにしております! * * * 【追記】 先日、初めて「文学フリマ」に参加しました。会

スキ
272

裸になる理由 草案について

父親51歳、母親38歳で誕生した私の家庭は、圧倒的に子離れが早かった。 母親に認められたかった、自分のことを知って認めて褒めて欲しかった。愛してもらった記憶はたくさんあるのだけど、もっと私の話を覚えて聞いて欲しかったみたいなふうに思っていたことを記憶している。 誰にも吐き出すことのない私の日常や気づきは、吐き出す先が紙だった。 毎日のように日記を書いて、小学生の頃は後ろ黒板に張り出した。 先生は読んでくれなかったけど、毎日きちんと読んでくれる男子がいたのを覚えてる。 (今に

スキ
63

そしてまた、1年が続いてゆくのだ

あとがきを書き終えたとき、ふう、と息が漏れた。ソファーに全身でもたれかかり、書き上げた原稿を眺める。それはやりきった達成感でもあり、そうか、1冊を終えてもこれからも日々は続いていくのだと、至極当たり前のことを改めて再確認したため息でもあった。 2月25日の文学フリマ広島で、私は社会人1年目とふたり暮らし1年目をテーマにしたエッセイ集(文庫本)を新刊として販売する。 とはいえ入稿はギリギリを極めていたので、完成したのは今月の初め。できるだけ手に取りやすい価格を目指したかった

スキ
85

本は書くのも楽しいけど作るのも楽しい

本は書くのも読むのも楽しいのですが作るのも楽しいなと思います。 僕はコミケやコミティアのようないわゆる同人即売会が好きでして、初めて出展してから15年以上が経ちます。 即売会の魅力というと、応援してくださるファンの方と直接会える、SNSで交流している作家さんと話ができる、書店では出会えないような本と出会えるなどなどたくさんあるのですが、個人的にはそこで頒布する本やグッズを自分で作るということも大きな魅力の一つだと思っています。  というわけで今回はこれまで僕が作った同人誌

スキ
154

文フリ広島でお会いしましょう

巷でユニットを組んでると噂の、つるる&とき子のとき子の方です、こんにちは。 いや、そんな垣根を作ってるつもりはありません。 好きなように、好きな時に、好きな場所で、それぞれ翼を広げられるがモットーです。 その自由な感じが本当に心地よくて「また一緒に飛びましょう!」となりまして、2024もこりゃウキウキが止まらない! そんなわけで。 次の文フリは広島を目指すこととなりました! なぜ広島かといえば、大阪に転勤になる前、7年間広島に住んでおりまして、もはや心の故郷広島。 さらに

スキ
66

2023、総じて花束とチャーハン

いよいよ終わる2023。 今年の目標は、「なんでも挑戦」でありました。 何を挑戦したか振り返ってみましょう。 ざっくり、いや本当にざっくりするから!待って、行かないで! 2月 ミムコさんの発信のノトコレに『パーフェクトレモン』で参加。 5月の東京文フリで、これが売り上げ1位完売となったと報告いただきまして、幸先良い2023の出発でした。 4月 ローカル FMラジオ番組に出演。 転勤にまつわる自分のエッセイ朗読しました。 実は、すまスパパーソナリティになる前から、ラジオ番組

スキ
91

ちゃんリンシャンで宣伝したつもりになってます

いよいよ今週末が、文学フリマ広島です。 今週末! 慌てましたよね。 何に慌てたって、『つるる&とき子の本を作る理由』全然印刷できてなかった。 余裕ぶっこいていたんだけど、 「もう広島着いちゃったのに、印刷してなかった!」 「もう広島来ちゃったのに、売る本1冊も持ってきてねぇや!」 って夢を何度か見ました。 潜在意識っつーのはすごいですね、そんなに気になるなら早く準備しろって話です。 話は変わるんですけれど、昨年から始めたパートも数ヶ月経過、仕事もだいぶ慣れてきました。 共に

スキ
64

文庫本が110円で手に入る時代に、本を買ってくれる人がいること

かれこれ三年、本を売っている。 自分が書いた文章をまとめて、表紙を描いてもらって、ゲストに協力を仰いで。 そうして三年間で三冊の本を作って、文学フリマのようなイベントや自分のネットショップなどで売っている。 もともとは形を持たない、頭のなかをぼうっと漂っていたものに、活字をまとわせ紙に刻み、ひと塊にして世に送り出す。 その作業自体は、とても楽しい。けれど本に値段をつけることは、毎回とても恐ろしい。 印刷費や謝礼などの経費はせめて回収できるように。そう考えると、価格はどうして

スキ
158

所持金が500円になるまで楽しんだ私の文フリレポート@京都

回してください、と隣に並んでいる女性から差し出されたパンフレットを受け取る。東京での盛況の噂を聞き、開場の30分前にみやこめっせに乗り込んだが、すでに横4列の待機列ができ始めていた。想像以上の熱狂に圧倒される。 文フリこと文学フリマは、小説やエッセイ、詩歌などの作り手が集まり、自ら販売するイベント。大手書店に流通する本だけでなく、個人で制作したものも多く出品される。 かくいう私もこの文フリの出店を目標に、1年前からいくつか並行して制作していたのだが、どれひとつとして間に合

スキ
121

私たちはどうイキるか

文学フリマ広島まで、残り約一週間。 本日2月17日、土曜日。 あと8日後の2月25日(日)には、我々は広島にいる。 嘘でしょう? ついこないだまで「あけおめ、ことよろ」とか言ってたくせに。 光陰矢の如しとは言うけれど、せめて矢じゃなくて紙飛行機くらいに速度を落としてくれないものだろうか。 文学フリマ広島は、規模としてはこれまで私たちの出たことのある東京や大阪ほど大きくはない。それに加え駅から会場まで少し距離があるため、おそらく会場の近隣の人と出店している人たちが主なお客さん

スキ
74

第11章恩讐の彼此−2

Vol2  僕は、アルバイトを終え家路につくことにした。帰りの電車の中、報道され続けるブルーガーデンのニュースをスマートフォンでチェックしながら。ニュースは、様々な企業がブルーガーデンと繋がっており、寄付金と言われるものを与えたり、もらったりしているものだった。大手の通販サイトの社長が追求されていたニュースが報じられていた。滑稽だった。社会とはこんなにも宗教団体なんかに癒着しているのだと思うと。いつもとは少し違う感情の中で、いつもと同じコーヒーを飲みながら僕は本を詠んだ。

スキ
351

phaさん「文学フリマは初心に戻れる場所」|文学フリマに魅せられて(第1回)

──はじめに、前回の「文学フリマ東京37」(2023年11月11日開催)に向けて作られた『おやすみ短歌』についてお聞かせください。 pha:『おやすみ短歌』は、安眠を誘うような短歌をまとめたアンソロジーです。眠る前に読むのに最適な本は、続きが気になるものではなく、どこから読んでもどこでやめてもいいようなものだと思います。そういう意味で、短歌はちょうどいい気がします。 装丁も安心感のあるものにしたくて、名久井直子さんにお願いしたのですが、すごく良い感じに仕上げていただきまし

スキ
135

炊飯器が主役か(笑) @文学フリマの展示練習

スキ
57

広島アクセス情報 〜 広島県立広島産業会館への道

「文学フリマ広島6」開催まで、ちょうど1週間となりました。 今夜も広島がらみの記事にどうぞお付き合いくださいませ。 広島市は、海あり川あり山あり、街もにぎやかで、住むにはとても便利なところではないかと思います。 そして、国際平和都市でもあります。 昨年のG7広島サミットでは、平和記念公園の慰霊碑の前にずらっと並んだG7首脳たちの姿が印象的でした。 大好きな街、広島。 そこで開催される「文学フリマ」に出店者として参加できることを、本当に嬉しく思います。 関係者の皆さま、来

スキ
45

文学フリマ京都8 スタートです!!!!! 1/14@文学フリマ京都 京都みやこめっせ 出店名: 酒井麻衣 ブース: き-26 (1F 第二展示場B・C・D) 16時までやってます!! (最終入場は15時55分) ぜひ遊びにきてね〜✨✨✨✨✨

スキ
53

✨文学フリマ京都✨ 文フリ友達できたっ\( ˆoˆ )/ワーイ✨ 出店者892名・来場者2,751名 あわせて3,643名の方がご来場下さったそうです!! 私のブースは出店者5名・来場者たくさん名でした♪(数えてなかった) ところで 帰りの新幹線が666!?(´⊙ω⊙`)?!

スキ
53

ジェーンの広島弁講座

みなさま、ごきげんよう。 最近、広島がらみの記事が続いておりますけれど、もうしばらくお付き合いくださいませね。 わたくしは今でこそやんごとない言葉を話しておりますけれど、過去のある一時期、広島弁を話していたことがあります。 その経験を生かし、みなさま方に広島弁を伝授してさしあげようと思います。 2月25日に「文学フリマ広島6」に来られる方もそうでない方も、さあリピートアフターミー! Lesson 1 【たいぎい】 (意味) おっくうである、面倒である (例文) 今日

スキ
52