市川愛

音楽家. 藤沢市生まれ. 慶応SFC/リクルート/バークリー音楽院/菊地成孔プロデュースでSONY Musicより2018年デビュー. 旅(40カ国以上). ナレーターとしても、ユニクロや、ハインツのテレビCMなどで活躍中. http://ai-ichikawa.com

市川愛

音楽家. 藤沢市生まれ. 慶応SFC/リクルート/バークリー音楽院/菊地成孔プロデュースでSONY Musicより2018年デビュー. 旅(40カ国以上). ナレーターとしても、ユニクロや、ハインツのテレビCMなどで活躍中. http://ai-ichikawa.com

    記事一覧

    しがみつくこと

    みなさんお元気ですか noteは、 blogとは別のものとして使っていこうという気持ちも儚く、noteも、blogも、はたまたSNS全般から遠ざかっていました。 7月は、看護学校…

    市川愛
    1年前

    新曲リリースです

    曲名は 「ひとにぎりの未来と憂鬱」トラックは福富幸宏さん。 ローズ演奏は森田真奈美、ベースはトオイダイスケさん。 DJ246によるプロジェクトマネジメントにより無事…

    市川愛
    1年前

    無観客ライブあるよ

    noteに書くの。しばらくご無沙汰してしまいました。 6/27(日)の13:00から配信ライブがあります。 今の世界での有観客ライブには少し躊躇する気持ちがありながらも、人数…

    市川愛
    1年前

    倉さん、また会おうね

    先月23日に、名古屋Mr.Kenny’sというジャズクラブのマスター 倉谷明さんがこの世から旅だった。その前日に奥様の美穂さんから人工透析を中止することになったと聞いたの…

    市川愛
    1年前

    ありがとう

    私はJAZZを聴くのが好きだ スタンダードと呼ばれる音楽は、ほんとに美しく、演奏家に沢山のインスピレーションと自由を与えてくれる音楽だと思う。 私はそんな音楽に魅了…

    市川愛
    1年前

    ゴールなんて。

     自分の記憶の中で「頑張った」経験の一番最初は一輪車に乗る練習をしたときだ。一輪車に乗れるようになりたくて、毎日、毎日家の前の道路で練習をした。その姿は、誰に見…

    市川愛
    1年前

    おげんきですか

    久々に文章書いてみようかと思って、書いています。 去年私の生活や気持ちに大きな変化をもたらした娘も、一歳を過ぎ、動き回るので目が離せないながらも、ライブや録音を…

    市川愛
    1年前

    生まれてきた事を忘れないために

    朝起きて、とっさに書かなければいけないという衝動に駆られて書いている。 私は今年、新しいチャレンジをした。そのことについては、私個人として、アーティストとして、…

    市川愛
    2年前

    さて

    最近、毎日いろんな真実を、発掘して生きています。 必要なもの 必要でないもの  必要だったもの 必要ではなかったもの 必要で無いものが本当に必要なものだったこと …

    300
    市川愛
    2年前

    短めnote in外出自粛期間

    外出自粛要請が出て数日が経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか 私は、気軽なつもりでインスタライブを試しに始めてみたら、毎晩見にきてくれる人や友人がいるも…

    市川愛
    2年前

    3/25ライブが延期になりました。

    3/25に日比谷ミッドタウン内ビルボードライブカフェにて予定していた市川愛ライブですが、6月4日にリスケジュールされることが決定しました。 すでにチケット購入してくれ…

    市川愛
    2年前

    NYCとBOSTON旅行記

    SNSでは少しアップしてたが、一週間ほど、冬のニューヨーク、ボストンへ。 大学時代の教授からのお誘いでボブディランのコンサート@NYCにご招待いただいた。ボブディラン…

    市川愛
    2年前

    初めてのアナログリリース

    去年始めたこのnoteは、自分の旅行記、妊娠日記、育児日記を記している。なんとなく始めた頃から「原稿用紙に作文を書く」雰囲気で執筆することにしている。 妊娠,出産し…

    市川愛
    2年前

    最近のこと少し

    最近のこと。毎日、毎時、いや毎分、すごい勢いで今まで経験したことのない感情や感覚を経験しており、それら全てを書き記したり、表現したい欲求に駆られるものの、なかな…

    市川愛
    3年前

    私の赤ちゃんは女の子

    2019年6月13日18:24  3316gの女子を無事出産。 丸1日かかった出産体験には、父親である彼(夫、主人、旦那という呼び方が結婚後5年以上経った今もしっくりこない)がず…

    市川愛
    3年前

    from this moment on

    「わたしのこと」というブログに記したことと重複するが、私はかつてこんなことを思っていた。 結婚にも大して興味が無いし、結婚式を具体的に夢みたタイプでもない。自分…

    市川愛
    3年前
    しがみつくこと

    しがみつくこと

    みなさんお元気ですか

    noteは、 blogとは別のものとして使っていこうという気持ちも儚く、noteも、blogも、はたまたSNS全般から遠ざかっていました。

    7月は、看護学校の実習で必死に勉強と経験をし、analogリリースのレコーディングをしたりしていました。

    8月は、娘と、家族と、友人との夏を静かに楽しみ、2年前まで大爆走していた自分の音楽表現を少し客観的に眺めるような気持ちで、今後

    もっとみる
    新曲リリースです

    新曲リリースです

    曲名は

    「ひとにぎりの未来と憂鬱」トラックは福富幸宏さん。

    ローズ演奏は森田真奈美、ベースはトオイダイスケさん。

    DJ246によるプロジェクトマネジメントにより無事発表することができました!

    「愛ちゃんの憂鬱な毎日」という仮タイトルで送られてきた真奈美のピアノ。

    それを元に真奈美と2人で去年の緊急事態宣言期間から温めてきた曲。

    憂鬱な日と、憂鬱じゃない日を繰り返した一年

    多くの人にと

    もっとみる
    無観客ライブあるよ

    無観客ライブあるよ

    noteに書くの。しばらくご無沙汰してしまいました。

    6/27(日)の13:00から配信ライブがあります。

    今の世界での有観客ライブには少し躊躇する気持ちがありながらも、人数を限定したライブを続けております。毎回来てくださる皆さんには本当にありがたいとおもい、その度、その機会を大事に噛み締めております。今月末には、完全無観客、配信ライブを行う運びとなりました。

    今回は、Simpler Liv

    もっとみる
    倉さん、また会おうね

    倉さん、また会おうね

    先月23日に、名古屋Mr.Kenny’sというジャズクラブのマスター 倉谷明さんがこの世から旅だった。その前日に奥様の美穂さんから人工透析を中止することになったと聞いたので、居ても立っても居られずその週末に名古屋に会いに行くことを計画していた。

    美穂さんと電話で話したのは火曜。仕事の予定を調整して、娘も連れて家族で名古屋に金曜に行こうと決めた。3/23の火曜は、1日中ドキドキしていて、夜になると

    もっとみる
    ありがとう

    ありがとう

    私はJAZZを聴くのが好きだ

    スタンダードと呼ばれる音楽は、ほんとに美しく、演奏家に沢山のインスピレーションと自由を与えてくれる音楽だと思う。

    私はそんな音楽に魅了され、憧れた。

    ところがある時これは私の表現するものとは違うものだと気づき、今はもう歌えない。声でメロディと歌詞をなぞることはできるが、ほんとの意味で歌えない。歌っているつもりにさえなれない。

    でも、わたしには愛すべき場所がいく

    もっとみる
    ゴールなんて。

    ゴールなんて。

     自分の記憶の中で「頑張った」経験の一番最初は一輪車に乗る練習をしたときだ。一輪車に乗れるようになりたくて、毎日、毎日家の前の道路で練習をした。その姿は、誰に見せるつもりでも、誰に評価してもらおうと思ったわけではない純粋なやりたい気持ちだった。でも、その姿というのが周りに輝いてみえたり、周りから関心されたりする姿だったんだということは、後になってからわかるもので。夢中に練習する私の姿に、関心、驚い

    もっとみる
    おげんきですか

    おげんきですか

    久々に文章書いてみようかと思って、書いています。

    去年私の生活や気持ちに大きな変化をもたらした娘も、一歳を過ぎ、動き回るので目が離せないながらも、ライブや録音をしたりすることも増えてきました。

    最近は、ママじゃなきゃイヤ時期に入っているのか、わたしの後ろを追い甘えん坊に拍車がかかっています。そんな姿はとても可愛く、愛おしいと同時に、一生実ることのない恋愛に身を投じているような気持ちになります。

    もっとみる
    生まれてきた事を忘れないために

    生まれてきた事を忘れないために

    朝起きて、とっさに書かなければいけないという衝動に駆られて書いている。

    私は今年、新しいチャレンジをした。そのことについては、私個人として、アーティストとして、人間として大きな事柄だったけれど公表することなく過ごしてきた。(おおげさだけど)

    昨夜亡くなった22歳の女子プロレスラー木村花さんは、Netflix のリアリティTVショー”テラスハウス”のメンバーの中でも大好きな女の子だった。芸能人と

    もっとみる
    さて

    さて

    最近、毎日いろんな真実を、発掘して生きています。

    必要なもの

    必要でないもの 

    必要だったもの
    必要ではなかったもの

    必要で無いものが本当に必要なものだったこと

    などなど

    いろんな真実に向き合わないとならない時間。

    前にも書いたけど、私の1日の中で1番幸せな時間は、娘を寝かしつける時間です。薄暗い部屋で隣に寝る。それはまるで浜田真理子さんの「スプーン」に出てくる歌詞のように、スプーン

    もっとみる

    短めnote in外出自粛期間

    外出自粛要請が出て数日が経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか

    私は、気軽なつもりでインスタライブを試しに始めてみたら、毎晩見にきてくれる人や友人がいるもので、なんだか調子に乗って楽しくなってきてしまい毎晩インスタライブやるのが日課になっています。

    ピアニストである盟友である森田真奈美から一言

    「愛ちゃん、暇なら曲作ろうよ!」

    別に暇じゃ無いんだけど、インスタライブ毎日やってるから暇

    もっとみる

    3/25ライブが延期になりました。

    3/25に日比谷ミッドタウン内ビルボードライブカフェにて予定していた市川愛ライブですが、6月4日にリスケジュールされることが決定しました。

    すでにチケット購入してくれていたみなさん

    楽しみにしていくれていたみなさん

    そしてリハーサルを重ねてくれたメンバー

    そして楽しみにしていた私

    ごめんなさい。

    ビルボード系列のライブは3月いっぱい全てキャンセルor延期となったようで、「延期」という決

    もっとみる
    NYCとBOSTON旅行記

    NYCとBOSTON旅行記

    SNSでは少しアップしてたが、一週間ほど、冬のニューヨーク、ボストンへ。

    大学時代の教授からのお誘いでボブディランのコンサート@NYCにご招待いただいた。ボブディラン、78歳。Beacon Theatreのステージに現れた瞬間のゾワっとするほどのオーラ。しかも前から5列目、真正面で堪能。生後5ヶ月の娘を連れて、初めての海外旅行というのも相まって、記憶に残る旅になった。

    記憶を辿ってみると私がニ

    もっとみる
    初めてのアナログリリース

    初めてのアナログリリース

    去年始めたこのnoteは、自分の旅行記、妊娠日記、育児日記を記している。なんとなく始めた頃から「原稿用紙に作文を書く」雰囲気で執筆することにしている。

    妊娠,出産してみて、改めてわかったのだが、日々感じること、経験すること、それらを書き残したり、誰かに会って話したり、歌にしてみたりという表現が、私にとってとても大事だ。だから少しづつだけど、noteは書き続けようと努力している。そして作品も作り続

    もっとみる

    最近のこと少し

    最近のこと。毎日、毎時、いや毎分、すごい勢いで今まで経験したことのない感情や感覚を経験しており、それら全てを書き記したり、表現したい欲求に駆られるものの、なかなかそうはいかないもので。

    1日の中で、特別な気持ちになるのは夜。娘が寝る前の15分くらいである。私の隣に自分と全く同じ顔の体長52cmの人間が寝ていて、その寝顔を眺めているだけで涙がでて、怖いほど幸せである。

    彼女は生まれた時からフッサ

    もっとみる
    私の赤ちゃんは女の子

    私の赤ちゃんは女の子

    2019年6月13日18:24  3316gの女子を無事出産。

    丸1日かかった出産体験には、父親である彼(夫、主人、旦那という呼び方が結婚後5年以上経った今もしっくりこない)がずっと側にいた。私に課された役割は、1人きりでは到底達成できないことを実感。「感謝の気持ち」というものが、言葉や態度で、どこまでちゃんと相手に伝わるものなのかわからないけど、去年のひどい悪阻の時期から支えてくれた約10ヶ月

    もっとみる
    from this moment on

    from this moment on

    「わたしのこと」というブログに記したことと重複するが、私はかつてこんなことを思っていた。

    結婚にも大して興味が無いし、結婚式を具体的に夢みたタイプでもない。自分から始まる家庭も子供も、要るのか要らないのかはっきりしない。自分のやりたいことさえ出来ていて、近くに誰かがいて”寂しい”という感情が紛れたままなんとか生き続け、「孤独だった」と思わず死ねたらそれでいい。

    大学に進学して、そんなことを思っ

    もっとみる