ひとり出版社をつくることにしました。

22

ひとり出版社をつくる㉒「書籍流通~注文出荷制~」

ひとり出版社をつくるシリーズ、当面お金の話で進めていくと宣言しておきながら、すみません、今回は趣向を変えてお送りします。当社2冊目の新刊書籍を問題なく発売できたので、書籍流通についての考え方についてすこしだけ述べたいと思います。

まず、昨日3月25日――。

出版社スタブロブックスの2冊目の新刊書籍、高橋惇さん著『一歩ふみだす勇気』の全国発売日を迎えました。

これから全国の書店で展開されていき

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる㉑「お金の話~初期投資~」

ひとり出版社をつくるシリーズ、当面、お金の話で進めていきます。

今回は、「初期投資」の話。前回(ひとり出版社をつくる⑳「お金の話」)の流れからはちょっと逸脱しますが、この初期投資の考え方がいちばん大切だと思うのに書くのを忘れていたので、割り込ませます。

独立開業で気になる初期投資の存在「独立開業」を考え始めると、最初に気がかりになるのは「初期投資」だと思います。

たとえば飲食業を開業する場合

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑳「お金の話」

ひとり出版社をつくるシリーズ、またまた更新が滞ってしまいました。前回アップが11月20日なのでおよそ3か月……。ひとりで本づくりのぜんぶの工程を管理する大変さを味わいながらも、全責任が自分にある状態がなんとも心地よい、そんな慌ただしくも充実した日々です。

さて。

ひとり出版社をつくるシリーズ、当面はお金の話。

というのも、たまにお問い合わせをいただくのです。出版関係の方々から。とくに、ひとり

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑲「ネット書店の流通_番外編」

2020年11月20日の本日、アマゾンをはじめとしたネット書店において、当社初の新刊書籍『いつか幸せではなく、今幸せでええやん!』(尾﨑里美著)のシステム上の発売日を迎えました。

ところが結論として、発売日早々にアマゾンの在庫が不足し、この記事を書いている19時45分現在、税込み価格1650円の商品価格が2000円を上回ってしまっています。

尾﨑さんの新刊を楽しみにされている皆様、大変申し訳ご

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑱「本格スタートその1」

2020年9月1日に取次会社のJRCさんと契約(実際にはJRCさんとの覚書を投函した日)させていただいて以降、本づくりを本格化して11月末、ようやく当社一冊目の新刊本『いつか幸せではなく、今幸せでええやん!』を発刊できる状態になりました。

さかのぼれば2016年くらいから出版社設立の情報収集をはじめ、いまこうして出版社としての活動がスタートできたということで、9月1日以降の動きを項目別というか、

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑰「JRC」

本日、取次会社のJRC(人文・社会科学書流通センター)と契約させていただきました。(正確には、JRCさんとの覚書を投函した)

これによって出版事業の最大の悩みどころだった流通のしくみを確定させたことになります。

このnoteにも書いてきたように、これまでトランスビューやサンクチュアリ出版にお話をうかがうなど、出版流通の取引代行について検討を重ねてきました。

取次会社の口座貸し専門の星雲社に初

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑯「ISBN」

ちょっと更新がとどこおっていました。出版社の設立準備は地味に進めてきたので、前回の記事からの更新情報をとりあえずつづっておきましょう。

といっても、前回は「ひとり出版社をつくる⑮「部分と全体」」という、あまり出版とはかかわりのない話を書いているので、そのもうひとつ前の記事、「ひとり出版社をつくる⑭「社名」」からの続報(というほどのものでもないけど)になります。

まず予定どおり法人設立完了

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑮「部分と全体」

きょうは出版の話から少し離れます。

「部分」と「全体」の意識を大切にしてきました。

部分は全体であり、全体は部分である。

葉の葉脈は一部を切り取ってもその部分は葉全体と似ているし、木全体の姿も一枚の葉の葉脈と似ている。つまり部分は全体であり、全体は部分である。自然界の法則、相似形。フラクタル。

人間も自然界の一部。ということは、私は地球であり、地球は私である。私はあなたであり、あなたは私で

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑭「社名」

さて、2020年4月21日に神戸地方法務局に登記資料を提出し、設立手続きは完了したはずのひとり出版社の社名をお伝えします。

スタブロブックス株式会社

です。

簡易的な公式サイト(スタブロブックス)も立ち上げました。改めて、ちゃんとしたサイトをつくり直す予定です。※今回法人(co.jp)ドメインを取得し直したこともあり、まだ検索サイトには正しく認識されていません。

この「スタブロブックス」と

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!

ひとり出版社をつくる⑬「田舎暮らし」

田舎の自宅をオフィスにして、家族とともに好きな仕事をして暮らす――。

こんなライフスタイルを思い描いたのはぼくが高校生のとき、いまから20年以上も前でした。

陸上競技一色の日々を過ごしていた当時のぼくは、あるテレビ番組を見て心が動きました。

それはアメリカで流行りはじめていた「SOHO(そーほー)」というライフスタイルを紹介する番組。SOHOとは「Small Office  Home Off

もっとみる
スキありがとうございます! 励みになります!