中国スタートアップ

44

またもや子供向けオンラインお絵かきレッスンが資金調達 | 中国スタートアップ

子供向けオンラインお絵かきレッスンを提供する画啦啦が資金調達を行ったばかりですが、また別のサービスが資金調達を発表しました。

美术宝というサービスで、運営企業は2014年10月に設立された北京艺旗网络科技有限公司です。

シリーズCで調達額は42億円(4,000米ドル)、リードインベスターはテンセントが務めています。

美术宝は画啦啦と同様に、タブレットと専用カメラを使用してレッスンが進行してい

もっとみる

1時間1,000円未満で使える家事代行サービスが数億円を調達 | 中国スタートアップ

家事代行サービスの海格管家が、シリーズPre-Aで数億円(数千万円)を調達しました。

海格管家を運営する昆明海格家政服务有限公司は、2015年6月に設立された会社です。

現在は拠点を構えている昆明市を中心にサービスを展開しており、ひと月の利用者数は3000人ほどです。今後は中国全土に展開し、さらに拡大していく予定です。

海格管家の料金プランは5つあります。(1つはサービス停止となっていました

もっとみる

中国で注目されている2つの教育概念とは? | 中国スタートアップ

オンライン教育プラットフォームの氪涵教育は、エンジェルラウンドで数億円の資金調達を行ったことを発表した。

氪涵教育を運営する上海氪涵教育科技有限公司は、2018年12月に設立されたばかりの会社である。

氪涵教育は、教師と生徒1対1のオンライン授業を提供する。生徒の学習進捗状況はAIによって評価され、カリキュラムはどんどん最適化されていく。

現在は小学生〜中学1年生を対象としているが、調達した

もっとみる

オリジナル漫画制作会社が数億円を調達 | 中国スタートアップ

オリジナル漫画を制作するA4漫业は、シリーズAで数億円(数千万元)を調達した。

A4漫业は2007年に設立され、今回が3度目の資金調達となった。

制作+データ+マーケティング

A4漫业は40人以上の漫画家に加え、技術者とマーケティングチームを抱えている。制作のみならず、漫画の展開にもテクノロジーやデータを用いながら注力してきた。

すでに30作品以上をリリースしており、漫画アプリプラットフォ

もっとみる

IPを活用したオフラインイベント運営会社が数億円を調達 | 中国スタートアップ

有名キャラクター等のIPを活用して、ショッピングモールなどでオフラインイベントを設計・運営する人潮互娱(上海)文化发展有限公司(以下、人潮互娱)が、数億円の資金調達を行った。

人潮互娱は、2017年4月に上海に設立された会社である。

上海ではショッピングモールが続々と誕生している

人潮互娱が拠点を構える上海では、地下鉄各線の開設に伴いショッピングモールの建設ラッシュが続いている。

一方で、

もっとみる

オンライン10元ショップが数億円を調達 | 中国スタートアップ

オンライン10元ショップの『白熊心品』を運営する北京粒电科技有限公司は、シリーズPre-Aで数億円(数千万元)を調達した。正確な金額は明らかにされていない。

北京粒电科技有限公司は、2017年8月に設立され、今回が2度目の資金調達となった。

白熊心品は、アプリやWebサイトなどはなく、WeChatのミニプログラムと公式アカウント上のみで運営されている。

白熊心品で購入することのできる商品数は

もっとみる

子供のクリエイティブを育む画啦啦が数十億円を調達 | 中国スタートアップ

子供向けオンラインアートレッスンの画啦啦を運営する广州六一信息科技有限公司は、シリーズBで数十億円(数千万米ドル)を調達した。

广州六一信息科技有限公司は、2014年12月に設立され、今回が4度目の資金調達となった。

画啦啦は5〜9才をターゲットとしており、オンライン通話で先生から絵の描き方を学ぶことができる。

すでに数万人の有料ユーザーを抱えており、500人の先生が登録されている。先生の登

もっとみる

DaaS(Design as a Service)を提供する創客貼が4.7億円を調達 | 中国スタートアップ

ドラッグ&ドロップだけで簡単にポスターやプレゼン資料を作成することができる『創客貼』を運営する北京艺源酷科技有限公司は、Gobi Venture CapitalからシードA+で約4.7億円(3000万元)を調達した。

北京艺源酷科技有限公司は2014年8月に設立され、今回が4度目の資金調達となった。

創客貼では、ポスター・PPT・名刺・バナーなどのデザインをオンラインで簡単に制作することができ

もっとみる

絵本のレンタルプラットフォーム『博鳥絵本』が数億円を資金調達 | 中国スタートアップ

絵本のレンタルプラットフォーム『博鳥絵本』を運営する杭州博享科技有限公司(以下、博享科技)は、シリーズAで数億円の資金調達を行った。正確な金額は明らかにされていない。

博享科技は2017年6月に杭州で設立された会社だ。2017年にシリーズシードで3,100万円(200万元)、2018年エンジェルより7,800万円(500万元)、同年にシリーズPre-Aで1.5億円(1,000万元)の資金調達を行

もっとみる

Bytedanceがスポーツ関連企業に197億円を出資 | 中国スタートアップ

BytedanceはIPO目前と言われている虎扑に、約197億円(12.6億元)を出資し、30%の株式を取得した。虎扑の評価額は約658億円(42億元)となった。

虎扑は2004年に設立された、スポーツ総合サービス提供企業である。虎扑はスポーツメディアの運営を始め、イベント運営、動画配信、eコマースの運営などの事業を行なっている。

虎扑が運営するサービスのユーザー数は累計3,000万人だ。

もっとみる