沼ペンギン
時価総額世界1位になった『Apple』から学ぶ過去の破壊と再発明
見出し画像

時価総額世界1位になった『Apple』から学ぶ過去の破壊と再発明

沼ペンギン


タブレットPCは1991年に、スマートフォンは1996年に原型が開発されていたことを知っていましたか?

iPhoneで有名なAppleは、過去のビジネスモデルを破壊し、過去にあった商品を再発明して大成功した会社なのです。

今回は、時価総額世界1位になった『Apple』から学ぶ過去の破壊と再発明について紹介していきます。

タブレット型PCの原型は1991年にできていた


Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズは、iPod・iPhone・iPadを生み出し、音楽・スマートフォン・タブレットPCのシェアを獲得しました。


ジョブズが発明したApple商品は、基本的に既に発明されていた商品だったのです。

スマートフォンは、1996年発売のノキア社の「Nokia9000」



タブレット型PCは、1991年発売のGO社の「PenPoint」
⇒Appleは1993年にApple Newtonを発売


最近できたような商品も、実は1990年代に出来上がっており、ジョブズは、再発明を行いiPod・iPhone・iPadを生み出したのです。




ジョブズの行った常識破壊①「PCの自社開発」



会社を1度追い出されたジョブズのApple復帰第一作は「iMac」でした。


ジョブズは、インテルプロセッサやマイクロソフトのOSを使うことなくオリジナルのプロセッサとOSを開発するようにしました。



◆いまさら聞けないOSとは?

「オペレーティングシステム」の略で、パソコン全てのハードとソフトを管理し、ユーザーが利用しやすいようにサービスしてくれるソフトです。

OSがないとキーボードからの入力もマウスの移動も反映されません。


それまでのPC業界では、プロセッサはインテル、OSはマイクロソフトのWindowsなど1台のPCを作り上げるのに、1社で完結できない「水平分業モデル」が常識になっていました。


Appleは、自社開発をすることで、他社に利益を持っていかれることを防ぎ、OSの更新を一斉に行えるなど、重要なところはすべてコントロールできるようになりました。

ジョブズの行った常識破壊②「本体を高くサービスを安く」



ジョブズは、初代iPodを399ドル(約43,990円)で競合製品の倍以上の価格で販売しました。


その代わりにiTunes Storeでの音楽ソフトの値段は、100円程度と半額で販売しました。

本体を安く提供し、替え刃代を高くして儲ける「ジレットの替え刃モデル」の逆を行い、ハードの魅力を維持・向上させてサービスを安く提供しファンを獲得しました。

また、2007年に出したiPhoneの粗利率は70%もあり、毎年何千台も売れるのでAppleの時価総額は世界1位になりました。

ジョブズの行った常識破壊③「OSを無料提供する」



ジョブズは、Mac用のOSである「OS X」と主力アプリケーションソフトの「iwork」を無料化しました。


これにおどろいたのは、PCソフトの覇者マイクロソフトです。


いままで大事な収入源だったOSをAppleが無料化してしまったので、合わせるしかなくなってしまったのです。

2015年、ついにマイクロソフトも有料だったWindowsを無償化し、7も8も10に無料(フリー)でアップグレードすることになりました。

最後に



Appleの創業者スティーブ・ジョブズは、過去のビジネスモデルを破壊し、過去の商品を再発明することで成長を遂げました。


Appleは、自社でプロセッサやOSを開発することで、部品メーカーに利益を奪われずに済むようになりました。


また、自分たちのタイミングで世界中のOSアップデートを一斉に行えるので、Appleもソフト開発者もユーザーもみんなが喜ぶ結果となりました。

Appleの売れ筋商品のほとんどが、1990年代に原型があった商品で、ジョブズが再発明をして大成功し、2021年現在も世界時価総額ランキング1位の企業になっています。

この記事が参加している募集

スキしてみて

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
沼ペンギン

80歳まで生きるとすると、人生の残り日数は3万日です。 40歳だと1万5千日、仕事・睡眠・プライベートの3つで分けると5,000日 プライベートタイムを家事・風呂食事・趣味の3つで分けると1,666日しかありません。 そんな貴重な時間を使って読んで頂き嬉しいです!

嬉しいです!読んでくださって有難うございます!
沼ペンギン
◆人材業界で管理職・採用を担当|過去3,000人以上の面談経験あり ・お金に関する情報 ・有益な心理学・法則 ・ビジネス関連について書いています。 リベ大生です。