小説「ポルシェに乗った地下芸人」

23

ポルシェに乗った地下芸人.23

 マウンテン山内君にメールを返信した翌日の午後、返事が来ていた。

 明日の19時に新宿の喫茶店で会うことになった。抹茶フラペチーノにはまっていた私は新宿3丁目駅に近いスタバにしたかったのだが、繁華街の激安コーヒーチェーン店を提案した。

 理由は優しさである。ちなみに、私はスタバの抹茶フラペチーノを注文する際に「ホイップ増量、パウダー多め、シロップなし、豆乳」というカスタムをする。スタバのカスタ

もっとみる
もうあなたは、私の文の虜です

ポルシェに乗った地下芸人.22

 26才君にメールを送った翌日。返信が気になってスマホのメールを確認するがレスが無い。まあ、先方の求める年齢条件を超えてしまっているし、スルーされていても仕方ないかと思った。

 そもそも26才で芸人を名乗るくせに何ら未来を見いだせていないような若者である。10才も年上である私からのオファーにビビっているのだ。だいたい最近の若い者は同年代とネチョネチョとつるむだけで、上の世代との関わりを持とうとし

もっとみる
ありがとうございます!!他のも読んでくださいね!!

ポルシェに乗った地下芸人.21

 相方募集の掲示板を読んでいくなかで、ひとつに目が留まった。こんな事が書かれている。

----------

年齢26才男です。養成所出てからフリーで8年ほど活動しています。

年齢が近い方、性別は問いません。漫才とコント両方やりながら自分達に合ったスタイルを見つけられたらと思います。

ネタは自分でも書きますが一緒に作るスタイルでも大丈夫です。

好きな芸人さんはサンドウィッチマンさん、ナイツ

もっとみる
もうあなたは、私の文の虜です

ポルシェに乗った地下芸人.20

 秋らしさが出てきた10月初旬。首相公邸の森を眺めながら僕は、ブリーフを履いた地下芸人の弟子としてどのように活動していこうか考えていた。

 彼らはお笑い芸人として生きていこうとしている。芸人として収入を得て、それで生活していくことが人生の目標なのだ。しかし僕は生活がすでにできているし、会社経営というリスキーな生き方をとても気に入っている。

 贅沢をしなければ暮らしていける収入があり、それなりに

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです!!

ポルシェに乗った地下芸人.19

 「熱湯ではなく熱した油に入る」「中世ヨーロッパの拷問器具を実際に試す」「雪の中に裸で埋められて眠くなるまで待って、一番面白い夢を見た人が優勝の大会」など、YU-TAはテレビでやりたい企画を僕に次々に話してくれた。

 もちろん、そのすべてに全力で相槌を打つ。批判的なことは一切言わない。言っても仕方ないし、実現する方法がもしかしたらあるかもしれないのだから。 

 話題はネタ作りのことになってきた

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです!!

ポルシェに乗った地下芸人.18

 話は小汚い三人に若手芸人との打ち上げに戻る。

 彼らは恥ずかしげもなく現在のテレビ番組に文句を言う。

「今のテレビは規制ばっかりで全然面白くないんですよ。」

「同じ芸人ばっかりで、全然若手を使わない。だから面白くないんですよ」

「大手の事務所に所属してる、顔が良いだけの芸人ばっかり出てるから、面白くないんですよ。」

 とにかく彼らは現在放送されているテレビ番組が面白いと思えないらしい。

もっとみる
ありがとうございます!!他のも読んでくださいね!!

ポルシェに乗った地下芸人.17

あまりに衝撃的なお笑いライブ体験となった。

僕は後日、またあのライブが見てみたいと思ってネットで検索してみた。

素人制作感丸出しのホームページがあった。前回は、お笑いライブ情報がいろいろ出ているポータルサイトで見つけたので気が付かなかった。

次回のライブ情報をクリックしようとしてふと「出演者募集」というバナーが目に入った。

みてみると、「出演者募集。ネタ見せ無しで出られます。エントリー料3

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです!!

ポルシェに乗った地下芸人.16

そういえば、僕はなんでお笑いライブに出たのだろう。きっかけを思い出す。

いや、大した事ではないのだ。今年の2月頃に気まぐれに「お笑いライブでも観に行くか」と思って、ネットで適当に探して観に行った。はじめてのお笑いライブ鑑賞である。

新宿の駅ビルにある有名なお笑いの劇場だ。テレビで見たことがある芸人がたくさん出ていて面白かったが、まあ、テレビで見る感じのネタだった。

次に、テレビに出ていない、

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです!!

ポルシェに乗った地下芸人.15

新宿の裏の裏、もはや大久保なのかも分からない小さな公園についた。彼らのスムーズな足取りを見るに、この公園は行きつけなのだろう。

2つ並んだボロボロのベンチに荷物を置く。手には飲み物を持ち集う4人。3人の粗末な身なりの若者と、イギリス製の生地でオーダーしたジャケットを羽織るアラフォー1人。

YU-TAがいう

「じゃあ、ライブお疲れ様でしたー」

乾杯をする4人。うまそうにストロングチューハイを

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです!!

ポルシェに乗った地下芸人.14

YU-TAはアキちゃんを打ち上げに誘いに来たらしい。

なるほど、こういうライブにも打ち上げというものがあるのか。そう思っているとアキちゃんが言った。

「ジョニーさんも一緒に行きましょうよ」

なんて可愛いやつなのだろうか。初対面のおじさんを打ち上げに誘ってくれるとは。見た目は気持ち悪いが、いいやつなのだ。

「お邪魔にならなければ、ぜひ」後輩芸人感を崩さないようにそう答えてみた。

「割り勘に

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです!!