第4話~分岐点~

前回までのあらすじ

父、母を亡くし姉兄だけになった私達。

今日はその続きからどうぞ

もっとみる
明日はの天気は…曇り!嘘!晴れ!
らぶっっっ♡
1

「“もうひとつの”まごチャンネルの物語」パナソニック 大西正朗さん -後編-

前回に続き、パナソニックの大西正朗(おおにし・まさあき)さんの、レンタル移籍のストーリーをお届けしていきます。前編では、保守的な性格ゆえに行動できないでいた過去のお話、そんな自分を変えようとレンタル移籍に挑んだお話をご紹介しました。
後半では、移籍によって、大西さんがどのように変化したのか? なぜ、挑戦することに抵抗がなくなったのか……。その軌跡に迫ります。
→ 前編はこちら

—”行動する大西”

もっとみる
今日のラッキーアイテムはポケットティッシュ

泥人形と血肉の酒「私の過去」

モデル時代には様々な出会いがあった。
所謂ギャラ飲みもしたし、芸能関係だけでなく、
資産家やスポーツ界、政治家まで広く繋がった。
殆どの人たちとは健全で良好な関係を築けたが、
中には、肉体関係を要求する人もいた。

そんな時に出会った若い男性アイドルがいた。
4つ年下の彼とは、すぐに意気投合し、二人で会うようになった。
彼と付き合うまでそう時間は掛からなかった。
でも私たちはまだ若すぎた。

まも

もっとみる
そんなあなたが大スキです
2

完結していた祖父

ディスコネクテッド。
祖父の話を音声入力するために、Bluetooth接続を解除したら、「ディスコネクテッド」と言う女性の機械音声が、イヤホンから聞こえた。
英語のちゃんとした意味はわからない。
多分接続解除されたと言うことなんだろう。
しかしたぶん祖父に関連がある言葉だなぁという感じがする。

祖父の話をしようと思い立ったのは、完全に思いつきだ。
私は今、真冬の夜22時の自然公園で散歩している。

もっとみる

『ホットドリンク湯治日記』【2020年2月4日(火)】(2)「ホットドリンク湯治、スタート!」×新連載!「余談。」

『ホットドリンク湯治日記』

【2020年2月4日(火)】

(2)

「ホットドリンク湯治、スタート!」×新連載!「余談。」

※(前回からの続き!)

「ホットドリンク湯治、スタート!」

深夜0時過ぎ。ホットドリンクを飲む。今回はレモンティー。レモネードだけにね!

すると……、みるみる内に、ではなく、徐々に神経痛が和らいでいく!

2杯、3杯、と、ホットドリンク(レモンティー)を飲んでいく

もっとみる
レモネードスリーパーのTwitterの方も、フォローして!☆彡☆彡
18

「“もうひとつの”まごチャンネルの物語」パナソニック大西正朗さん -前編-

「1年間ベンチャーを経験して、挑戦することに抵抗がなくなりました」。
パナソニックの大西正朗(おおにし・まさあき)さんは、そう話してくれました。大西さんは現在、同社で新規事業に取り組みながら、自身の大きな変化を感じていました。というのも1年前、ベンチャーに行くまでの大西さんは、自他共に認める“超保守的な人間”だったからです。
大西さんがなぜ、保守的な人間から、挑戦できる人間に変われたのか…?

もっとみる

【闇夜のヒダルマン】

昔体験した実話を基に小説風にアレンジしてみました。お時間がございましたらお読みください。

ただで親戚から譲り受けたワンボックスカーは、いつお釈迦になってもおかしくないポンコツだった。地元の三流大学に入学した年の夏、ブームに乗って始めたサーフィンは、当時よく言われた陸サーファーの奔りだった。

 海に行く訳でもなしに、リンコンと呼ばれたサーフボードキャリアに括った板は、購入当初は白かったはずだが、

もっとみる
お恥ずかしい限りです
9