フレスコボーラーインタビュー

36
記事

未知のスポーツと真剣に向き合い、普及・拡大を実感した1年――厚地達郎さんインタビュー

2019年1月に日本フレスコボール協会事務局長に就任した厚地達郎さん。知識のほとんどない状態で運営をスタートしながら、フレスコボールの盛り上がりを支えてきました。

事務業務だけでなく、体験会に積極的に参加したり、選手たちとコミュニケーションを取ったりする中で、フレスコボールというスポーツのあり方を模索。そして現在、認知度や選手層の拡大を肌で感じています。

今回は、事務局長に就任した経緯と、試行

もっとみる
貴重なスキ!ありがとうございます!
20

土台ゼロから2クラブ設立。「フレスコ王国・四国」への第一歩――藤田然吏さんインタビュー

2019年7月、高知県と香川県で「黒潮フレスコボールクラブ(KFC)」「瀬戸内フレスコボールクラブ(SFC)」が同時設立されました。その代表を務める藤田然吏さんは、経験者のいなかった四国にクラブをつくり、愛好者を増やしています。

徹底した役割分担や組織化、スポンサー約50社獲得など、他クラブとは違った方面から運営を行う四国。今後、競技人口や競技レベルは急上昇していくはずです。今回は、その1年間の

もっとみる
ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
17

最前線を走ってきた憧れの人たちを追いかけ、評価に見合う自分になる――岡井花子さんインタビュー

中学から始めたソフトボールでは、高校・大学と名門校で鍛え、全国優勝の経験もある岡井花子さん。2018年2月に初めてフレスコボールの大会に出場し、数ヶ月後から本格的に練習をスタートしました。

当初から熱量や身体能力はずば抜けており、2018年末のフレスコボールアワードで新人賞、2019年に日本代表選出、そして2020年2月からの沖縄移住と、みんなが驚きうらやむほどのインパクトを残してきたように見え

もっとみる
貴重なスキ!ありがとうございます!
22

もう1回、ちゃんと1位になりたい。日本代表をつかみブラジルで感じたアスリートとしての差――赤塚康太さんインタビュー

2019年に大会デビューし、1年で日本代表を手にしたフレスコボール界の「きんにくん」こと赤塚康太さん。

日本フレスコボールのパイオニア・倉茂孝明選手とのペア結成、ジャパンオープン優勝、そしてブラジル選手権への出場。一気にトップ選手の仲間入りを果たし、1年の間に数多くの経験を積んでいます。

着眼点や、考え方の端々に、大学まで野球に打ち込み、ハイレベルな競技人生を送ってきたアスリートらしさを感じま

もっとみる
ありがとうございます!フレスコボールやりませんか?
13

せっかく出会えた夢中になれるもの。頑張りがきちんと報われるように頑張りたい――斉藤亮太さんインタビュー

2017年、2018年の日本代表としてブラジル選手権に2度出場した斉藤亮太さん。3月にできた逗子フレスコボールクラブ所属の日本代表選手として、メディア露出も増えています。

2019年5月のタチヒカップでは男子部門で優勝するなど、トップレベルを維持し続けながら、逗子では初心者へのレッスンを毎週のように行い、フレスコボールの普及やレベルの底上げに大きく貢献しています。

今回のインタビューでは、主に

もっとみる
ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
7

世界で、地方で、SNSで。人生を変えてくれたフレスコボールのためにできること――芝卓史さんインタビュー

2017~2018年、2019年4月現在まで、日本ランキング1位の芝卓史さん。2018年12月にはブラジル選手権で3位入賞(男子一般の部)。2019年2月に福岡に移住しながらも、3月のオオモリカップで優勝しているトッププレーヤーです。

選手としての実績だけでなく、普及活動としても福岡のフレスコボールクラブ設立に携わったり、採点アプリをプログラミング未経験から開発したり、幅広く活動しています。

もっとみる
ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
13

メディアやSNSの発信だけじゃダメ。フレスコボールをもっと身近にする「拠点」――朝倉弥生さんインタビュー

朝倉弥生さん(以下、弥生さん)は、逗子海岸にフレスコボールを根付かせ、広げていった第一人者です。2017年末ごろから本格的に逗子海岸に通い、トップ選手も巻き込みながら、地元のファミリー層などに拡大。

2018年末に発表された『FRESCOBALL AWARD 2018』では、最優秀サポート賞を受賞されました。(※詳細はこちら)

2019年度からは、フレスコボール協会主導で「クラブ制度」も実施さ

もっとみる
これからも読んでもらえる記事を書きます!お楽しみに!
12

インタビュアーとしてのフレスコボール

フレスコボーラーインタビュー、今年の分を終えました。

これまで累計で28記事、29人の方々にインタビューさせていただき、いろんな話を聞くことができました。

昨年末、インタビュー記事をつくろうと思い立ったところから約1年。

フレスコボールの認知度をあげるのはもちろんですが、今いるメンバーがよりフレスコボールの良さを再確認できるような記事にしようと思いながらつくっていました。

振り返ってみると

もっとみる
ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
11

今までの練習を思い出し、2人の世界に入れた"最高!"なラスト1分――松浦孝宣さんインタビュー

松浦孝宣さんは2017年5月のオダイバカップからフレスコボールの大会に出場し、2017年ジャパンオープンでは総合6位。2018年はミウラカップ(7月)で総合優勝、ジャパンオープン(8月)で準優勝、年間ランキングで6位となり、上位6名の日本代表枠に滑り込みました。

当初から日本代表を目標とし、今年の5月からは7,8月の大会に向けて年間1位の芝卓史選手とともに猛練習。見事に逆転で代表の切符をつかみ、

もっとみる
ありがとうございます!フレスコボールやりませんか?
3

5分間一発勝負の難しさ…「自分史上最高」のプレーをしてから辞めたい――塩崎未英さんインタビュー

2017年のジャパンオープンに出場し、いきなり男女混合部門で2位になったことをきっかけに、フレスコボールを本格的にスタートした塩崎未英さん。長年のテニス経験を生かして打つアタックが魅力です。

2018年は私(落合真彩)と女子ペアを組み4大会に出場。優勝2回、準優勝1回で日本代表に選出され、12月のブラジル大会にも参戦します。

今回は、同じく日本代表の小澤彩香さん、夏目脩平さんとともにインタビュ

もっとみる
これからも読んでもらえる記事を書きます!お楽しみに!
16