【フレスコボール】ラリーを長く続けるコツ Part2

先日、こんなnoteを書きました。 今回は少し違う角度から書いてみます。 主題は、相手から見た自分。 これは持論になるので、賛否分かれることは承知の上、書いてみることにしました。 賛同できないところは聞き流してやってください。 今回も、多少経験している人向けです。 理想のフォームなん…

【フレスコボール】ラリーを長く続けるコツ

フレスコボールメインの内容を書いてみます。 少しポジショントークになってしまうかもしれませんが、上達へのポイントとして自分なりに考えていることを。 多少、経験者向けかなと思います。 フレスコボールには大前提として、「相手の打ち返しやすいところに打つ」というのがあります。 具体的に…

関西全域への普及を見据え掲げる、それぞれの目標――フレスコボール関西(GVK)座談会…

フレスコボール関西 Grêmio VENTO(GVK)の4名に集まっていただいたGVK座談会後編。今勢いに乗るGVKがどんな想いを持って活動しているのか、どんな将来像を思い描いているのかが伝わってくるインタビューになりました。 また、全国のフレスコボールクラブやプレーヤーに向けての思いも語っていただき…

それぞれの居場所となる派生チームの設立、そして自走するコミュニティへ――フレスコボ…

フレスコボール関西 Grêmio VENTO(GVK)は、逗子フレスコボールクラブ、フレスコボール福岡とともに2019年2月に日本で初めて設立された地域クラブのひとつです。設立1年で日本代表を3名輩出し、さらに関西各地に派生チームを拡大しています。 GVKを母体として、「フレスコボール明石 Grêmio PONTE…

【フレスコボールマガジンRALLY & PEACE】 岸田直也[2]

教えること 2019年ミウラカップ、山下祥選手とのペアで男子年間最高得点で優勝を飾り、ミックス部門・小澤彩香選手とのペアでも見事優勝を飾った岸田。フレスコボール界にどんどん頭角を現しはじめていた。 「大会1ヶ月前から禁酒、1週間前からは7時間以上睡眠を確保。夏場でもしっかり炭水化物とタ…

【フレスコボールマガジンRALLY & PEACE】 岸田直也[1]

それぞれのフレスコボールに対する想いを語っていただく、フレスコボールマガジン「RALLY & PEACE」。第5弾は、日本代表・岸田直也選手です。デビューから約1年で日本男子部門優勝、約1年半でブラジル選手権ミックス部門準優勝。その強さの根底にあったのは、曲がることのない信念でした。 出会い 岸…

【フレスコボールマガジン RALLY & PEACE】 杉村秀樹[2]

新しい風 フレスコボールのプレー2日目にして、いきなり女子日本代表ペアとのラリーを打ってもらうことに成功した杉村。それから約1週間後、ふたりに紹介してもらった「フレスコボール関西 Grêmio Vento」の体験会に大学の友人とともに足を運び、多くの選手とのラリーやミニゲームを楽しんだ。 「…

【フレスコボールマガジン RALLY & PEACE】 杉村秀樹[1]

それぞれのフレスコボールに対する想いを語っていただく、フレスコボールマガジン「RALLY & PEACE」。第4弾は、フレスコボール以外にもベンチャースポーツの普及に精力的に励む杉村秀樹選手です。杉村選手の行動力・発信力の根底にあった、熱い想いを聞きました。 すぎちゃん@フレスコボール 杉村秀…

未知のスポーツと真剣に向き合い、普及・拡大を実感した1年――厚地達郎さんインタビュ…

2019年1月に日本フレスコボール協会事務局長に就任した厚地達郎さん。知識のほとんどない状態で運営をスタートしながら、フレスコボールの盛り上がりを支えてきました。 事務業務だけでなく、体験会に積極的に参加したり、選手たちとコミュニケーションを取ったりする中で、フレスコボールというスポ…

土台ゼロから2クラブ設立。「フレスコ王国・四国」への第一歩――藤田然吏さんインタビ…

2019年7月、高知県と香川県で「黒潮フレスコボールクラブ(KFC)」「瀬戸内フレスコボールクラブ(SFC)」が同時設立されました。その代表を務める藤田然吏さんは、経験者のいなかった四国にクラブをつくり、愛好者を増やしています。 徹底した役割分担や組織化、スポンサー約50社獲得など、他クラブ…