ロボットとデザイン

13

PLEN:bitでロールプレイを楽しむ

PLEN:bitは手のひらサイズの小型ロボットキットです。去年の冬にKickstarterでクラウドファンディングが成立し、その後は順調に製品が出荷され、現在ではいくつかの販売ルートでも入手できるようになってきています。

今年も10月23日から12月6日までの期間で新しいクラウドファンディングが始まりました。従来のmicro:bitでコントロールするモデルだけでなく、M5Stackを使ったモデル

もっとみる
スキと言ってくれるあなたが好きです。
4

「アソビ」とプロトタイピング

「アソビ」という言葉には、子供たちが外などで遊ぶという意味と、緩衝材としての余白という2つの意味があります。

この2つの意味を同じ言葉にした昔の人に敬意を表します。

似たように「適当」という言葉にも2つの意味があり、それが微妙に重なっている部分が好きです。(「いい加減」も同様)

いづれの言葉も余裕や余白、余地というものがあることで、物事が上手くいくということを、昔の人たちはよく知っていたこと

もっとみる
まいど有難うございます。励みになります。
5

IoTの本質とデザイン手法 <IoTプロトタイピングツール>

このところの投稿で「IoT」という言葉を安易に使ってしまっており、自分の勉強のために少し整理しておこうと思います。

IoTは「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、モノがインターネットにつながるという意味で使われる言葉ですが、IoTだけではそこから何が起きるのか分かりません。

モノがインターネットにつながった後をどうするのか? 何のためにインターネットにつなげる

もっとみる
スキと言ってくれるあなたが好きです。
3

「たのしいmicro:bitコンテスト2019」にエントリー

フレームワークという作品

複雑なアイデアを、簡単な組み合わせとプログラムで実現できることを伝えたくて、演出のほとんど無い作品を「たのしいmicro:bitコンテスト2019」にエントリーしてみました。

人は何が「たのしい」と思うかそれぞれです。私の場合は「何かを作る環境やツールを作る」というのが昔から好きでした。今でいうプラットフォームやフレームワークといったものです。

だから、くそ真面目に

もっとみる
スキと言ってくれるあなたが好きです。
3

Robot control from AdobeXD

以前の記事で、AdobeXDの「キー入力」を使って、micro:bitからXDの画面遷移をコントロールする方法を紹介し、その続報記事の中でコントロールは一方向であることを指摘していました。

今回は、簡易的な方法ですが、XDのGUI操作によってロボットをコントロールする方法を紹介します。

AdobeXDにコードを埋め込む

AdobeXDの画面の一部をグレースケールのコード領域にして、micro

もっとみる
まいど有難うございます。励みになります。
8

micro:bitからAdobeXDをコントロールする簡単な方法(改訂版6/19)

※こちらの記事に対して、より適切な設定がありましたので改訂します(6/19)

ほぼ毎月なんらかのアップデートが実施されているAdobeのプロトタイピングツール「XD」に、キーボードのキー入力によって画面が遷移するという新しい機能が追加されました。

簡単なところでは、キーボードのカーソルキーでメニューリストを動かすことが実現できます。しかし本当に威力を発揮するのはもう少し複雑な使い方です。

もっとみる
まいど有難うございます。励みになります。
10

ロボットでインタラクションを学ぶ

前回の記事では、組み立て終わった報告とこれからやりたいことを書きましたが、今回は実際に動かしてみた様子をお伝します。

インタラクションを学ぶ基本がある

「ロボットについて学ぶ」という場合には、人間研究などを含めて広くなりすぎるため、私がPLEN:bitで体験してみたい「ロボットとのインタラクション」について考えてみたいと思います。

インタラクションは、現在のデザインが重視しているUI(ユーザ

もっとみる
スキと言ってくれるあなたが好きです。
6

ロボットが、我が家にやってきた。

キックスターターでクラウドファンディングしていた「PLEN:bit」というロボットキットが10連休の前日に手元にとどきました。PLENbitは名前の通りmicro:bitというマイコンボードで動くロボットです。

10連休はいろいろと予定が詰まっていたこともあり、また手軽に作ってしまうのも勿体ないと思い、連休明けの仕事が一段落するまで大切に温存していましたが、ようやく楽しみながら組み上げ、

とう

もっとみる
スキと言ってくれるあなたが好きです。
7

ロボットに写真を撮らせる <ドリーユニット実験>

今年は「ロボットに写真を撮らせる」を目標に、クラウドファンディングでロボット購入したり、サーボの動きでカメラのレリーズを操作する実験をしたりして着実に作業を進めています。

最初に描いたイメージ

今回は、ロボットとカメラを乗せて写真のフレーミングを変えるドリーユニットを作ります。

「ドリー」はカメラスライダーとも呼ばれ、主に動画を撮るときに用い、正確な軌道を移動させながら撮影するためのものです

もっとみる
まいど有難うございます。励みになります。
5

私がPLEN:bitを選んだ理由

PLEN:bitのクラウドファンディングが残り6日となり、残りはおよそ80万円分(PLEN:bit 30台分くらい)です。

なかなか厳しい状況です。それでもぜひ達成していただきたく、私が多くの選択肢の中でなぜPLEN:bitを選んだのかをまとめてみようと思いました。

PLEN:bitとの出会い

私はメーカーでUIデザイナーをやっています。大学ではプロダクトデザインを学びましたが、会社に入って

もっとみる
まいど有難うございます。励みになります。
5