shortfilm

記憶と現実の曖昧さ

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1239 /2955
[chapter] -冬厳の落日

[space]
記憶と現実の曖昧さ。

それは凛とした存在のまま。

そんなシーン

Ambiguity between memory and rea

もっとみる

未来性のある事

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1208 /2955
[chapter] -名も無き花

[space]
自分だけに都合がいい、
相手だけに都合がいい、
パッと見の世間に都合がいい...、
そんな事に、
彼は興味がないからだ。

未来性のあ

もっとみる

爽やかに刺すような

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1193 /2955
[chapter] -名も無き花

[space]
眠りは 状況を好転させる媚薬。

爽やかに刺すような 太陽の暖かさ。

そんなシーン

Sleep is an aphrodisiac

もっとみる

あの恍惚

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1178 /2955
[chapter] -名も無き花

[space]
さっきまでの あの恍惚とした月光。

とても心地の良い気流れ。

そんなシーン

That ecstatic moonlight up

もっとみる

言葉が生み出す メビウスな輪

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1155 /2955
[chapter] -揺らぎの森

[space]
ふとあの人の、何が好きなのか?
それは帯状の線がねじれて、
文章となってメビウスな輪を生み始める。

ただフワフワと羽が舞うように、

もっとみる

戻れない道

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1126 /2955
[chapter] -揺らぎの森

[space]
時に真実は、ソコとソコが繋がってしまう。

真実が現実となって、
容赦なく浴びせかかってくる。

もう、しゃがみ込む事すら、
咆哮する

もっとみる

どこかで逢ったような

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1111 /2955
[chapter] -揺らぎの森

[space]
どこかで逢ったような、
妙な懐かしさを帯びた美しい女性だった。

そんなシーン

Like meeting somewhere,
A

もっとみる

行き先も解らない銀河鉄道

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1095 /2955
[chapter] -揺らぎの森

[space]
これ以上前に進む為には、
この状況を破壊しなければならなかった。

キス...、
それは永く永くそのままでいい。

電車と僕は、
行き

もっとみる

その内面からこぼれ落ちている虚しさ

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1079 /2955
[chapter] -揺らぎの森

[space]
その内面からこぼれ落ちている虚しさや、
覆い難さをひた隠すような、
あの寂しげな笑顔。

そんなシーン

The emptiness t

もっとみる

イロドリと些細な緊張感

#小説
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中.
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.1050 /2955
[chapter] -揺らぎの森

[space]
無と心地良さ。

イロドリと些細な緊張感。

そんなシーン

Nothing and comfort.

Color and trivial

もっとみる