鍵谷陽平の見つめる風景

まったく関係のないチームの試合を見る。そりゃ、頂上決戦の日本シリーズだもの、見るさ。

最高峰の野球を見て、2020年の締めくくりとするこの日本シリーズを見るモチベーション。
……低い。つまらない。讀賣対ソフトバンク。強いチーム同士の戦い。既定路線。ヤクルト黄金期を見ているオールドファンとしては、強いチームに食い込む、弱いチームの晴れ舞台であってほしいのだ。

低いモチベーションながらも見届ける理

もっとみる
💚ありがとうございました。
4

独走!!読売巨人軍

10/8の段階でマジック13。
1番吉川尚輝
2番松原聖弥
3番坂本勇人
4番岡本和真
5番丸佳浩
上位5人が固定で戦えてるのはものすごく大きい。日によって中島、ウィーラー、亀井らがその後ろを打つ打線。当初は昨年同様2番坂本、3番丸だったものの不調もあり入れ替えながら今はこの打線の形でしっかり戦えている。
捕手も小林も戻ってきて大城、炭谷の3人体制で盤石。
投手陣も菅野を中心にサンチェス、戸郷、田

もっとみる

2020.09.18 【GiantsCast:2020秋】

Podcast番組:BaseBallCafe【CanYouSay…】、久々の収録でございます。

下記は、収録用進行台本です。

【収録本番用進行台本】  

出演>みう北摂公、石川慎吾bot、zabo

みう北摂公 <TwitterAcount: @miu1889>

https://twitter.com/miu1889?lang=ja

石川慎吾bot <TwitterAcount: @mi

もっとみる

そんなプライド・過去の栄光は「邪魔」だ!

いやぁ、ビックリしましたねぇ、ジャイアンツの澤村投手の千葉ロッテへのトレード。交換相手は香月選手。年俸1億円以上の「格差トレード」と言われています。

澤村投手と言えば、ジャイアンツのドラフト1位。新人王、セーブ王とタイトルを獲得。ここ数年はパッとせず、今年にいたっては三軍落ちしたことも…。

そんな中での千葉ロッテへのトレード。球団も言っていましたが、「以前だと活躍されると困るので『解殺し』して

もっとみる

巨人からロッテに移籍の澤村拓一投手。
背番号が15(黄蓮解毒湯)から57(温清飲)
にって、四物湯(71;水野雄仁コーチ)
足したことに気づく。 #薬剤師 #背番号 #漢方薬 #GIANTS #野球

スキって素敵ですね❣️ありがとうございます😊
10

讀賣巨人軍 ○G×S●14回戦

讀賣巨人軍。伝統ある紳士の集団。その存在は、世の正義だった。

同じ東京にあるヤクルトスワローズは、いつでも比較対照に挙げられる球団だった。その圧倒的なブランド力、そして、強さ。かなわなかった。
そんな球団を好きな昭和の小学生の私にも、その嘲笑は向けられた。

弱い球団を応燕して、何が楽しい。

弱いというだけで、バカにされる。私がその意味を未だに分からないのは、単なる価値観の違いだ。それでも、そ

もっとみる
💚ありがとうございました。
1

どうしても背番号と漢方の番号で相棒とLINEしてしまう。
澤村の新しい背番号は57の温清飲。そこそこメジャーな月経不順の漢方薬。ユニフォーム間に合わず着たのが106の温経湯。やっぱり月経不順の漢方薬。106着て3三振デビュー。合っているのかなぁ。

スキとっても嬉しいです😆ありがとうございます😊
6

澤村投手獲得!

いやーちょっとびっくりしましたね。ロッテと巨人との間でトレードが成立しました。ロッテからは香月一也内野手、巨人から沢村拓一がそれぞれ移籍することになりました。ロッテは投手陣(特にリリーフ)の強化、巨人は左のパワーヒッターが欲しかったとのことで両者の思惑が一致した形となったようです。(巨人が左のパワーヒッターが欲しいのは意外でした。)

まだ井口監督が起用法を明言していかなかったので、先発中継ぎどち

もっとみる

【NPB+独立リーグを網羅】Twitterスタメン+予告先発画像 あなたはどこが好き?

こちらのノートを参考にさせていただきました。↓

【Jリーグ全クラブ対象】"最強"のスタメン発表クラブはどこだ?Jリーグスタメンツイート選手権!!|龍 恭平 / Ryu Kyohei(21) @rrrm452 #note

このnoteを拝見し、では野球の場合は?と個人的に気になりまとめてみました。

と。いいますのもとあるスポーツチームにインターンとして関わっているため、予告先発の画像をつくりた

もっとみる
ありがとうございます!🏑
11

プロ野球レギュラーシーズンにリスクマネジメントは絶対必要

コブ山田です。
ようこそいらっしゃいました。

今回は、野手登録の選手の投手起用に対する肯定的な私見について、記します。

中学生の頃、『ドカベンプロ野球編』を読んでいたのですが、フィクションであるがゆえにハチャメチャなことが起こっていました。

1998年の開幕戦では、西武ドームの日本ハム戦にて、捕手の山田太郎が9回に登板。
1997年の開幕戦では、グリーンスタジアム神戸での近鉄戦にて、内野手の

もっとみる
コブ山田です。いつもありがとうございます。