boundary

1997年「BOUNDARY」のUFOレポートと保江邦夫氏、そして現在のムーPLUS……というくくりの編集後記

ムーPLUSの中の人による編集制作雑記、先週に続いてお届けです。

 まずは2月20日に西の方角で髪を切ろう!……と思っても自宅からいつもの理容室は南東の方向。自宅の西のほうで爪を切るなどでも効果はあるので、それですね。西の方で体に手を入れる、ということから「日原のバラバラ事件」を連想してしまったので、早く忘れたい。

 今週のムー本誌およびウェブマガジン「ムーCLUB」では「前世の記憶を持つ少年

もっとみる
いいんですか? ありがとうございます。
8

自由の選択

今回の台風で被害に遭われた皆様にお見舞い申しあげます。
また連日救助復旧活動に当たられている皆様に感謝いたします。

起きたことには対処を、
起こりそうなことには対策を、
さらには、今ここの選択が何につながっているから始める、止める、続ける、の選択の選択は今という毎瞬更新し続けられる数少ない確実なことかもしれないと思いました。
台風は自然災害でもあるけれどこの頻度と強度はそれだけでもない、とした

もっとみる

アスペルガーのBoundaryと社会のオキテ

対人関係でいうBoundaryとは、相手と自分との間の境界線を指します。

アスペルガーの傾向のある人は、なぜ、他人とのBoundaryに踏み込んでしまうのでしょうか。

それは、かれらが築いてきた、この社会を生き抜くために必要な『法則』と『オキテ』のせいなのです。

アスペルガーを持つ人は、相手と自分との間に、どのあたりにBoundaryを置いたらお互いが気持ちよくいられるのか、がわからないこと

もっとみる