Mリーグ

Mリーグ目なし問題に対する機構の指針についての感想
+1

Mリーグ目なし問題に対する機構の指針についての感想

先日、Mリーグ機構より目なし状態における競技姿勢における指針が発表された 要旨は ・ポイントは永久に残るものだから、目なし状態の選手の打牌を尊重する つまり昨シーズンの村上プロの打ち方はokですよ、ということになる 自分としては「また最終日に興醒めするような麻雀が展開されるかもしれないのか」という感想を抱いた まず、Mリーグ機構としては上のように提言するだろう、オリンピック競技を目指してるのに脱力試合を推奨することは言えないはず ルールを麻雀連盟のように目なし

スキ
2
Mリーグの目無し問題解決法

Mリーグの目無し問題解決法

目無し問題について たまに話題になる麻雀の目無し問題について少し考えてみた。 まず、麻雀はバスケットボールやサッカーのようなスポーツや囲碁・将棋が1対1であるのに対し、1対Nのゲームのため競技にすると目無しが発生する事がある。 プロリーグなのであれば、リーグ運営側でルールを定めるのがベストだが、今回は考え方を示しただけだったので解決案を考えた。 競技性が…というプロからは反対が出るかとも思うが、そもそも麻雀に競技性を持たせるのであれば、不完全情報を排除し時間制を導入するな

Mリーグ2021観戦記ライターとして

Mリーグ2021観戦記ライターとして

キンマwebから発表がありましたとおり、今シーズンもMリーグ観戦記ライターとして活動させていただけることになりました。これで3シーズン目、今シーズンも昨シーズンに引き続き、原則週2回担当します。僕の仕事(記事の内容、対応力、納期遵守など)が、キンマweb、そして読者のみなさんに一定以上の評価をいただけたという証だと捉えています。 観戦記を書く上での基本姿勢僕は観戦記を書くにあたっての指針を設けている。 まず、僕は一介の麻雀ファン、Mリーグファンだ。そしてキンマwebのMリ

スキ
38
【目無し問題】競技姿勢に関する方針【Mリーグ】

【目無し問題】競技姿勢に関する方針【Mリーグ】

いよいよ来週、Mリーグ2021が開幕する。 今年は例年のようなルール改正は無かったものの、選手入れ替えが多かったためどんな戦いになるのか楽しみだ。 私は特定のチームを応援していない、所謂箱推しなのだが、やはり強さは元より見ていての気持ちよさ、良い意味での驚きがたくさん見られるといいなと思って、今年も期待している。 さて、そんな中Mリーグ公式より「Mリーグの競技姿勢に関する方針について」の発表があった。 追加されたのは3点で、 ・優勝や順位アップを目標にチーム一丸とな

観る雀雑感〜abematimes選手インタビュー(ドリブンズ編)

観る雀雑感〜abematimes選手インタビュー(ドリブンズ編)

ドリブンズは安定しているが調子の波が激しい。その中でやはり育成扱いで2シーズン戦った丸山プロのインタビューは注目した。しかし、丸山プロのインタビュー記事を見ていると個人的にはちょっと物足りない。岡田プロとライバルだと彼女は思っているが何か焦っているのかなと感じる。自分の麻雀、カラーを出せば今まで以上に台頭するだろう。後は他チーㇺからくみしやすしと思われないように堂々と対局をしてほしい。くみしやしと思われなければドリブンズは今年もファイナルへ行くのでは。 本日も拙い文章ながら

西日本TEAMリーグ第6節かわらば~ん
+18

西日本TEAMリーグ第6節かわらば~ん

こんにちは、麻将連合ツアー選手の小林エルトです。 今回は、西日本TEAMリーグ第6節の模様をお伝えいたします。 よろしくお願いいたします。 まずは、第5節終了時点の順位表からどうぞ 後半戦立ち上がりとなる今節、三つ巴の上位争いの行方はいかに?また上位の争いに割って入る下位チームは現れるのでしょうか? 21回戦 【3位・TEAM真塾VS首位・ストロベリーVS8位・びちゃこズVS7位コータ軍団白】 21回戦A卓、注目は遅れてきたスーパーサブ、ストロベリーチームの喜多

スキ
6
MリーグチームをKOFで例えてみた
+15

MリーグチームをKOFで例えてみた

ふと思いついたので書いてみた。Mリーグは4人のチームを組んで麻雀をするプロリーグで、KOFとはチームで戦う対戦格闘ゲームです。いつもとかなり毛色の違う記事なので、この時点で意味が分からない人は読んでも意味が分かりません。では分かる人だけ行きましょう。 基本の3人は固定で4人目や新メンバーだけチームエディットありで考えてみました。(以下、敬称略) 日本チーム:渋谷ABEMAS 言わずと知れたMリーグの創設者・藤田晋(Ωルガール)率いるチーム。これはもう主人公チームしかない

スキ
4
【Mリーガー必見】レギュラーシーズンで足切りを回避する方法
+6

【Mリーガー必見】レギュラーシーズンで足切りを回避する方法

今回はMリーグのレギュラーシーズンの最適戦略を考えていきます。 先にMリーグの全体ルールについて説明します。 ・全8チームの参加 ・1年間で1シーズン行われる ・レギュラーシーズン90試合→セミファイナルシーズン16試合→ファイナルシリーズ12試合の3段階に分かれている ・各段階ごとに下位2チームが脱落する ・セミファイナル以降は直前の段階のスコアの半分が引き継がれる このように足切り制度とスコアの引き継ぎのある条件戦になります。足切りラインの争いもいつも白熱しており、

スキ
7
Mリーグの2021シーズンを軽い気持ちで予想してみた
+8

Mリーグの2021シーズンを軽い気持ちで予想してみた

10月4日(月)より、麻雀プロリーグのMリーグが開幕します。 今年で4期目のシーズン、僕は3期目から好きで見るようになりました。 そんなファン歴浅めな僕が、Mリーグの2021シーズン順位を予想していく! 独断と偏見、好みでポイントを計算しましたので、お許しください。 1位:渋谷アベマズ(+290pt)多井 +140pt/白鳥 +110pt/松本 -80pt/日向 +120pt 多井さんが不振のシーズンとなるが、 全体的にレベルが高く、昨シーズンほどの貯金は無いが1位通過!

SKE48が麻雀の ”プロモーション” をしてくれることについて

SKE48が麻雀の ”プロモーション” をしてくれることについて

Twitter を見ていたら、SKE48 の荒野姫楓さんが以下のようなツイートをしていて、麻雀の「好きな役」について訊いています。これには沢山の返信があって、皆さんのご意見を興味深く拝見させていただきました。アイドルの方から「麻雀」の発信を積極的にしてもらえると「麻雀」のイメージがより向上することが期待できて本当に良いことだな、と思います。 もともと SKE48 は、須田亜香里さんが、2018年10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足時から AbemaTVでアシス

スキ
3