近代麻雀ノート

Mリーグ記事だけを読みたい方はMリーグ記事特化型note(月額500円) マンガだけを…

近代麻雀ノート

Mリーグ記事だけを読みたい方はMリーグ記事特化型note(月額500円) マンガだけを読みたい方は麻雀マンガ特化型note(月額500円) Mリーグ、最強戦、戦術、マンガ、小説、すべてを読みたい方は近代麻雀note(月額980円)

マガジン

  • 近代麻雀note

    Mリーグ記事、麻雀マンガ、さらには最強戦の記事や小説や書き下ろし戦術など全て読めます。 1本200円から300円のものが毎月約40本。これで980円は超お買い得!麻雀が楽しく強くなれます!

  • Mリーグ記事特化型note

    近代麻雀noteの中でMリーグに特化した情報や戦術が全て読めます。その月にアップされたMリーグ関係の記事が全て読めます。それ以前の月にアップされたものは読めません。

  • 麻雀マンガ特化型note

    近代麻雀noteの中で漫画のみを読みたい方専用のnoteです。その月にアップされた漫画が全て読めます。それ以前の月にアップされたものは読めません。

最近の記事

【無料記事】デザイン担当、夏川です

こんにちは!日本プロ麻雀連盟の夏川夏未と申します。 みなさんは、今月更新されている**「選ばれなかった女たち」**の連載をお読みいただいておりますでしょうか。 第1回の投稿にわたしも登場するのですが、デザイン担当・特集メンバーのひとりとして参加させていただきます。今回は、ちょっと切り口を変えて、この企画の始まりのこと、私のことをお話しできればと思います。 【無料記事】選ばれなかった女です【飯盛裕美子】|近代麻雀ノート 企画のはじまりについて…私ですね!抑うつ状態を言い訳

    • 【無料記事】選ばれなかった女⑪李佳プロ【文・飯盛裕美子】

      日本プロ麻雀連盟39期所属【李佳(りか)】プロ 現在第7期桜蕾戦でベスト16に残っています。加油! 彼女は中国出身で、現在は日本の芸術系の大学に通っている大学生。読者の皆様も李佳プロがなぜ日本で麻雀プロを志し、そしてこれからどうなっていきたいのか気になるかと思うが…詳しいことは当企画の特集で書かせていただくとする。 李佳プロはいきなり参加希望というわけではなく、相談から始まった。 *** 企画最初見た時からコンセプトが素晴らしいと思ってまして。 自分も美大生で、展示見る

      • 「AIを使って打牌批判するのは危険!」将棋と麻雀 両方のプロである鈴木大介が鳴らす最後の警鐘

        将棋界において、AIの存在は切っても切り離せないもの。 将棋AIに関して長く接してきた鈴木大介に、現在の麻雀AIについての見解を語ってもらった。 ■将棋界と麻雀界、AIを用いた打牌批判について  -麻雀界ではAIでの評価が低い人をたたくシーンが散見されますがいかがですか? まず、今の麻雀AIが完璧で万能かと言えば、必ずしもそうではないと思います。 将棋界でも「電王戦」のときにAIが、自分の感覚からはすごく違和感のある手を指したことがあったんです。 AIはその手が絶対に最

        有料
        300
        • 醍醐大 孤高の一打vol.7 2度の先切りが生きた鋭いアガリ!その1局を徹底解説

          「自分は人が驚くような打牌をすることが多いが、そこには必ず理由がある」と語る、セガサミーフェニックス『孤高の探究者』醍醐大。本企画では、彼のオリジナリティーあふれる一打の思考に迫る。(取材・構成:成田裕和)   2024年に入って、醍醐大は絶好調。マイナス200ほどあった大きな負債を着実に返済、個人ではプラスポイントに転じた。チームもセミファイナル圏内の6位へと浮上、復調著しいフェニックスのポイントゲッターとなっている(2月26日現在)。 「最近は、以前よりも楽にアガれる手

          有料
          200

        【無料記事】デザイン担当、夏川です

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 近代麻雀note
          近代麻雀ノート
          ¥980 / 月
        • Mリーグ記事特化型note
          近代麻雀ノート
          ¥500 / 月
        • 麻雀マンガ特化型note
          近代麻雀ノート
          ¥500 / 月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【無料記事】選ばれなかった女⑩松島桃花プロ【文・飯盛裕美子】

          日本プロ麻雀連盟38期所属【松島桃花(まつしまももか)】プロ 松島プロは私にとって、半期先輩の連盟プロだ。豊後散歩でも拝見済みだったし、大会運営や公式戦でもよくお見かけする方だった。スラっとして落ち着いた身のこなしだが25歳と若い。少しお話もしたことがあるが、真面目そうな方だ。黒木さんのnoteが公開されてから、1番最初に申し込みをしてくれた方である。 *** お世話になっております。 日本プロ麻雀連盟38期の松島桃花です。 飯盛さんの「選ばれなかった女たち」の企画を拝

          【無料記事】選ばれなかった女⑩松島桃花プロ【文・飯盛裕美子】

          【無料記事】選ばれなかった女⑨森本夕楓プロ【文・飯盛裕美子】

          日本プロ麻雀連盟40期所属【森本夕楓(もりもとゆうか)】プロ *** はじめまして、森本夕楓と申します。 近代麻雀の選ばれなかった女たちの企画に関するnoteすべて読みました。 私は飯盛さんと同じく美術系の大学に現在通っており、1回だけですがデザインフェスタギャラリーでの展示経験も有ります。 応募資格には近代麻雀新人女流プロ2024に参加していない女性麻雀プロ、とのことですので私は当企画への参加資格がございませんが、 展示のお手伝い、その他雑用などなんでもやりますので

          【無料記事】選ばれなかった女⑨森本夕楓プロ【文・飯盛裕美子】

          【無料記事】選ばれなかった女⑧木村瑠璃プロ【文・飯盛裕美子】

          最高位戦日本プロ麻雀協会所属【木村瑠璃(きむらるり)】プロ 彼女は独特なスタイルで、服装にはかなりこだわりがありそうなことが一目でわかる。所作も静かで無駄がなく手慣れていて、発声も淡々としている。麻雀を打ち込んでいるかどうかの基準の1つに「所作」があると思うが、木村プロはまさに所作からそれを感じられた。 木村瑠璃プロとは昨年のシンデレラファイトの予選で同卓した。 他に接点がなかったので、会ったのは後にも先にもこの時だけである。 木村プロのことは豊後散歩でもすでに拝見してい

          【無料記事】選ばれなかった女⑧木村瑠璃プロ【文・飯盛裕美子】

          【無料記事】選ばれなかった女⑦定員に達しました【飯盛裕美子】

          「選ばれなかった女たち」 というセンセーショナルなタイトルで始めたこの企画が、ひとつめの峠を超えることができました。関係者の皆様ならびに応援してくださった皆様、いいね、リポスト等ご協力くださった皆様誠にありがとうございます。 バツイチアラサーのココロでは物足りないかもしれませんが、心より感謝申し上げます!!! 企画に参加してくださるプロの皆さんが既定の人数揃いました。取り急ぎご報告として記載させていただきます。 ▼参加プロ 竹田有希プロ(最高位戦) 松島桃花プロ(連盟)

          【無料記事】選ばれなかった女⑦定員に達しました【飯盛裕美子】

          【無料記事】選ばれなかった女⑥プロ雀士を展覧会で出したい理由【飯盛裕美子】

          この企画を多くの新人麻雀プロの方に届け、共感したり参加して貰うにはどうしたらよいのかと、色々と考えていたら迷宮入りしてしまった。頭がこんがらがった私は恩師パルコキノシタさんに再び相談を持ちかけた。 飯「麻雀ってサブカルチャーですよね?考え始めると、メインカルチャーとポップカルチャーの違いもわからなくなってきて…お手隙で構いませんので教えてください(´;ω;`)」 パ「おちつけ」 我ながら唐突な質問である。 この相談をした理由、それは「展覧会ってそもそもなに?どんなことを

          【無料記事】選ばれなかった女⑥プロ雀士を展覧会で出したい理由【飯盛裕美子】

          「麻雀も将棋も批判は自由」鈴木大介が打牌批判について語る

          昨今、麻雀界では「打牌批判」がたびたび話題となる。Mリーガーをはじめ麻雀プロだけでなく、YouTuberなど一般人に対してもなされるが、その内容や物言いなど、嫌悪感を示す人も多い。   そうした中で、長らく将棋界で活躍し、2023年に麻雀プロ入り、Mリーガーとなった鈴木大介は、麻雀界で巻き起こる打牌批判をどのように捉えているのか聞いてみた。 「将棋界ではプロに対する批判はほとんどありません」-将棋界における棋士への批判は、どのようなものなのでしょうか?  まず、現代の将棋界

          有料
          300

          「麻雀も将棋も批判は自由」鈴木大介が打牌批判について語…

          毒と笑いの麻雀日記6 香港の麻雀【文・毒ヶ衣ちなみ】

          こんちな!超大型個人勢Vtuberの毒ヶ衣ちなみです。 こうして原稿をしたためている1月18日は近代麻雀の原稿締切日からなんと3日後! 毒ヶ衣が締切を破るなんていつもの事じゃん!とお思いの皆様、今回は正当な理由が有ります。 先日までネパールと香港に旅行をしていて、書く暇が有りませんでした。 皆様は香港に行かれた事がありますか?ご存知無い方に教えて差し上げましょう…ビルしかないです。圧倒的な都市景観と言えば聞こえは良いですが、2022年世界人口密度の高い国ランキング見事3位に輝

          有料
          120

          毒と笑いの麻雀日記6 香港の麻雀【文・毒ヶ衣ちなみ】

          魔神の父のМリーグ観戦記Ⅱ ⑩ 2024年2月16日 渋川故郷に帰る

          1 舐められるのも長所「近代麻雀」の「編集長の本音」で凄い言葉を見つけた。 舐められるのも長所 これはたまげた。だって「なめられる」というのは人間にとって決して耐えられない行為だからだ。「なめる」を辞書で引くと、「馬鹿にする・軽んじる」と出ている。しかし「なめる」という行為は、そんな軽い言葉では表現できない。相手の存在を根底から揺るがすものなのだ。 「アカギ(福本伸行)」に、イカサマをしたアカギに、ヤクザの親分が威嚇する場面がある。 これは決して大げさな話ではない。

          有料
          180

          魔神の父のМリーグ観戦記Ⅱ ⑩ 2024年2月16日 渋川故…

          「栄光と挫折を味わった10年」最強戦・Mリーグと村上淳の「麻雀界10年史」

          今から10年前。2014年は、麻雀界にとって転換点となる年だった。 サイバーエージェント・藤田晋社長が麻雀最強戦で優勝、最強位となったことをきっかけとして、同社の資本が麻雀界に投じられる流れが生まれ、2016年にスタートしたABEMA TV(現:ABEMA)での「RTDリーグ」放送、そして今日のMリーグへとつながっている。 村上淳はこの10年間、トッププロとして栄光と挫折を味わった。 村上だから語れる麻雀界10年史、その真実にせまる。 ■最強戦ファイナル直前、藤田さんの練

          有料
          230

          「栄光と挫折を味わった10年」最強戦・Mリーグと村上淳の…

          私が打ち切られない理由

          編集長から2月はバレンタインなんで、バレンタインにあった甘い思い出を書いてくださいと言われましたが、バレンタインの日に昔付き合っていた男が元カノと浮気していたことが判明したっていう思い出しかないので、チョコのように甘い思い出がありません。 みんな別れたら元恋人の連絡先は全て消せ、これはエッチなお姉さんとの約束だぞ。 そんなわけでとってもビターな経験しかない、どうも。しぬこです。 ビターと言えば、たまに 「なんで麻雀関係ないのにコラム書いてるんですか?」 やら 「麻雀の事書

          有料
          150

          私が打ち切られない理由

          庄田祐生プロについて【文・長村大】

           まずは、1月1日に発生した能登半島地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。  定型文みたいになってしまったが、新年早々の大災害に、言葉がないのが本心だ。一刻も早い復興を……などと言ってみても、いや、これとてもちろん本心なのだが、なにを言っても上っ面になってしまう気がする。  なぜなら──おれは、被災していないからだ。残酷だが、被災した人の気持ちは、被災した人にしかわからない。いや、あまねく他人の気持ちは、他人にはわからないのだ。あるいは、自分の気持ちさえも。

          有料
          150

          庄田祐生プロについて【文・長村大】

          猿川家の真実⑬Mリーグでも自由奔放な猿が戻ってきた【石田亜沙己】

          私「ねぇ、トイレは?行かなくていいの?もうよらないからね?」 猿「うん、大丈夫。」 その30秒後、「トイレ行きたい」 ホントにちょっと黙ってろ! 仕方ない。 買いものでコンビニにより「なにか買ってくる。なにがいる?」と言われたので「あったかい飲み物。甘くないので」と猿に伝えみんなで車で待つ事に。 戻ってきて「はい!」と渡された飲み物は甘いほっとレモン。 いや、あんたホントになんも聞いてないのね。 代わりに心之助が「パパ、これ甘いじゃん!」とつっこんでくれた。 これ

          有料
          150

          猿川家の真実⑬Mリーグでも自由奔放な猿が戻ってきた【石…