塾講師が受験テクニックを応用して麻雀強者を目指す その1

コロナの緊急事態宣言により塾が休校になり暇になったのでネット麻雀を始めたところ大ハマりしました。どうせやるなら麻雀強者になりたいと思い大学受験で培った受験テクニックを駆使して強者になるまでの軌跡を記録することにしました。

受験テクニックその1「小論文・自由英作文では第1段落に結論を書け」

今現在天鳳は2段、雀魂は雀士2なのですが全くの素人から多少打てるようになるまでにやったことを記録しておきた

もっとみる

ギャンブルは楽しい②

ギャンブルが楽しいのはお金がかかっているから。
どんなに正当化しても
それ以上もそれ以下もない。
お金がもらえるから、その1択。

わかりやすいのはお金がかかっているからパチンコをするし
お金がかかっているから熱くなるし、はまる。
射幸心があるからってわけですね。

ソシャゲなんかも射幸心があるけど、それはお金じゃなくて
バーチャルな世界での優位性。優越感ていうのかな、そんな感じ

どちらにも当て

もっとみる

真・雀魂日記第5回〜魂天になってもやめま天

雀魂公式大会の参加資格者、競技ルールが発表されました。予選が連続5戦のベストスコアと言われると運ゲー感がありますが、最大でも100人しか参加しないにですから打ち込めばそのうち残れるでしょう。本戦は各局上位2名が勝ち上がるシステム。以前のようにトップ目で降りていればいいのに振り込んで敗退みたいなことにならなければいいですね笑

 奇しくも一つ下の順位に何とあの初代天鳳位がいらっしゃいます。(ランキン

もっとみる

因幡はねる組長の牌譜を(勝手に)検討してみた_その4

今回は「ねる日の入り」からお送りします。いかないで(´・ω・`)

この記事は、組長系Vtuber因幡はねるが雀豪を目指す企画「#はねまん」に向けて、
はねる組長の雀力向上を応援する企画です。
麻雀初心者~中級者の方むけに、タメになる内容を目指していきます。
麻雀上級者の皆さまはツッコミいただけると助かります!

今回は下記の動画の一回戦の東1局~東3局から、特に気になった個所をピックアップしてい

もっとみる

一人ぼっちの引退試合 [ jokerの男 第12話 ]

麻雀を止めると決めた日が3月。
 私は来春から都内の法律事務所に勤める事を決めた。

 運よく、永田町にある一流の法律事務所に就職が決まった。

 年の瀬になると上京の準備やなんかで慌しい日々を送る事となった。
 しかし、上京をする資金として50~60万は用意しなければならない。

 アルバイトの時給が1000円にも満たない環境で月に300時間働く。
 学費や貯蓄、車にかかる費用や家に入れる金で好

もっとみる

青い春 [ jokerの男 第11話 ]

歳をとり、幸せや安らぎを求めるようになっても今より濃く想い、強く在るだろうか。
 その覚悟が出来ないのであれば、私も麻雀を生業とするのをもう止めよう。

 強くて良い打ち手とたくさん出会った。常に自分が勝てるだろうかという強迫観念に駆られながら戦ってきた。
 それでも私の神通力が失せることは無く、ずっと勝ち続けた。

 だから麻雀に対して敬虔である必要があったし、これから先、中途半端な思いで気が向

もっとみる

天鳳の技術⑥

天鳳に限らず、ドラの多い現代麻雀ではスピードが優先される。門前で聴牌して、リーチをかけることが勝つための近道であることは多くの場面で正しい。しかしそれでも、手役を意識することは打点を作る上で未だ必要なことである。

局面は南2局。少し浮いたトップ目で、守備も意識しなければならないが、もう少し点棒も増やしたいところ。この手牌でどのようなビジョンを描けばいいのか、3巡目でその選択を迫られた。

トップ

もっとみる
これからも頑張ります!

現役の打ち手 [ jokerの男 第10話 ]

私はそれからずっと現役と、引退した打ち手の差というものを意識するようになった。

 別にレートの高低の問題じゃない。
 要はこれで生活を成り立たせ、牌に殉じるような思いでやっているかどうかだろう。

 だが、私は一体いつまで現役でいられるのだろう……。
 そんな風に考え始めるようになった。

 社会のことも世間も何一つ知らない。
 この道を選んだときから卓上で戦うことだけを繰り返してきた。

 不

もっとみる

ゲームバック

フリー雀荘の従業員の一番の仕事は麻雀を打つ事です。
近年雀荘にはウェイトレスを雇う店も増えたので男の従業員は本走が中心になりました。

お客さんと同じようにゲーム代を払い麻雀を打ちます。

だいたいのお店がゲームバックという名前で従業員から集めたゲーム代を一部を従業員に給料の一部として返金しています。ゲーム代の社員割引みたいなもんです。

昔はゲームバックなどあまりありませんでしたが、今では東風戦

もっとみる

勝ちすぎて怖い

ちゃんとこれが国士に見えるかだよね

まあ、上がれてないんだけども

一人之下(一期)の2話を見まくって気分が上がったおかげかな(戦闘シーンが神)

冒頭の授業シーンで玄学について触れているのに気付いた(老子・荘子・周易だって)

麻雀にも通ずる思想だと思う

早速易経の本をアマゾンでポチった(麻雀に役立つのか?)

そうそう、一人之下といえば二期の風后奇門が激アツ

これぞ運気支配の考えですわ

もっとみる