Foundation

JSTQB ビジネス成果を意識して学習する

はじめに

JSTQBの資格試験を受験する方から、どのような勉強方法で合格できたかを聞かれることが多々ありましたので、自分が受験したときの勉強方法をまとめることにしました。

もっとみる

テストエンジニアがテスト設計をする場合の組み合わせ内容について思うこと

はじめに

テスト設計をレビューする機会があり、その時の指摘内容から、自分がテスト設計をする時にどのようなことに注意しているのかをまとめてみることにしました。

もっとみる

LO-4.3.3 ユースケーステストの概念や利点を説明する。(K2) 練習問題2

はじめに

個人的にJSTQBの勉強会をしているなかで、「実際の問題に近い問題を解きたい」という要望がありましたので、ISTQBが公開している練習問題を翻訳したものをnoteにします。英語は得意ではないので、翻訳内容が間違っている場合はご指摘もらえると嬉しいです。

問題

次のうち、テストケースがユースケースからどのように導き出されるかを最もよく説明しているのはどれですか?

A)テストケースは

もっとみる

アジャイルテスト担当者のビジネス成果

はじめに

アジャイル開発モデルについての知識を得るために、まずはJSTQBのアジャイルテスト担当者のシラバスを読むことにします。シラバスを読み、ある程度のアジャイル開発モデルについての知識を得たうえで、他の書籍を読み進めたいと思っています。

もっとみる

LO-4.3.3 ユースケーステストの概念や利点を説明する。(K2) 練習問題

はじめに

個人的にJSTQBの勉強会をしているなかで、「実際の問題に近い問題を解きたい」という要望がありましたので、ISTQBが公開している練習問題を翻訳したものをnoteにします。英語は得意ではないので、翻訳内容が間違っている場合はご指摘もらえると嬉しいです。

問題

ユースケースからテストケースを導き出すことの利点について、正しい説明はどれですか?

1.ユースケースからテストケースを導き

もっとみる

偽陽性が起きやすいテストケースの特徴

はじめに

自分が携わったプロジェクトで偽陽性が起きました。その時に使用していたテストケースの特徴をまとめることで、以後同じことがおこらないようにすることと、同時に他のプロジェクトの参考になればと考えています。

もっとみる

テスト実行における偽陰性と偽陽性とは

はじめに

JSTQB FLの復習をしているなかで、「偽陰性」「偽陽性」という文言が出てきたので、備忘録的にnoteに記載します。

もっとみる

デバッグとテストは見つけるものが違う

はじめに

JSTQB FLの勉強会のために復習をしています。いまさらながら気づいたことがありましたのでメモ代わりにnoteに記載します。

もっとみる