Compose の可能性が広がる DroidKaigi 2021 〜 勉強になったセッション 3 選 〜

こんにちは、Zaim で Android 開発を担当している @sakai です。 2021 年 10 月 19 日(火)〜 21 日(木)にオンライン開催された Android の技術祭典の「DroidKaigi 2021」に参加しました。本記事では、今回の DroidKaigi で、私が特に勉強になったセッションを三つご紹介します。 1. Introduction to dual-screen and foldables development最近 CM でも見かける

スキ
22
+1

DroidKaigi 2021に参加した話

10月19日(火)よりDroidKaigi 2021が始まりました(18日(月)には前夜祭もありました)。ちなみに、今年は史上初の3日間開催とのことでした。 箱いっぱいのノベルティが届いてホクホク顔のスタートです。 ノベルティはこんなにありました。 ちなみに、この写真に載ってるTシャツを着てDroidKaigiに臨みました。 YoutubeのコメントとTwitterでワイワイ盛り上がりながらスタートしたDroidKaigiですが、今年はなんと1600人を超える視聴者がいる

スキ
2

RoomClipは「DroidKaigi 2021」にスポンサーとして協賛します

こんにちは!RoomClip採用担当の清家です。 RoomClipは、10月19日〜21日に開催されるDroidKaigi 2021にゴールドスポンサーとして協賛します! DroidKaigiは、Android技術情報の共有とコミュニケーションを目的に開催される、エンジニアが主役のAndroidカンファレンスです。 RoomClipについて私たちは「日常の創造性を応援する」をミッションに、暮らしの実例写真が集まる日本最大級の住まい・暮らしのソーシャルプラットフォーム「Roo

スキ
9
+2

NTTレゾナントテクノロジーはDroidKaigi 2021に協賛・応援しています

アジャイルデザイン部マネージャーの大郷です。  弊社(NTTレゾナントテクノロジー株式会社)は以前の記事でも紹介させて頂いていますが、スマートフォン向けネイティブアプリケーションの企画・開発・デザインを主要な事業の一つとして行っています。そこで、Android開発コミュニティの皆さんの活動に対する感謝と応援の気持ちを込め、今回初めてDroidKaigiのサポーターとして協賛させて頂きました。 ※タイムテーブル等、具体的な内容については公式サイトをご確認ください。 すでに公

スキ
1

DeployGateのDroidKaigi 2021への協賛とメンバー登壇のお知らせ

アプリ開発チームの皆様こんにちは!デプロイゲートの藤﨑です。今回は、来週に開催の迫ったDroidKaigi 2021についてのお知らせです。 DeployGateはDroidKaigi 2021に協賛しています株式会社デプロイゲートは、Android開発者コミュニティを支援すべく、今年もDroidKaigiのSUPPORTERSスポンサーとして協賛させていただいております🎉  2016から毎年協賛させていただいており、今年で6年目になります。 今年のDroidKaigiは

スキ
1
+2

目指す未来は『次元』を超えた時間革命。アイドル大好きAndroidエンジニアが語る、ITベンチャーでの成長戦略。

現在、BEARTAIL開発部にてAndroidアプリ開発の責任者を務めながら、コーポレートカルチャー部にてエンジニア採用にも積極的に携わっている坂上晴信氏。 今回は、高専卒業後にBEARTAILへ新卒入社し、早くも5年が経った彼が実感している「BEARTAILの魅力」について、自身の激動のキャリアと共に語っていただきました。 はじめにー 本日はよろしくお願いします。早速ですが、簡単な自己紹介をお願いして良いでしょうか? はい、よろしくお願いします。坂上晴信です。現在はAn

スキ
4

大声でWEB+DB PRESS vol.121の番宣する記事

Androidエンジニアのmhidakaです。突然ですがインタビューをうけたので掲載情報の宣伝です。可能な限り大声で番宣するので我田引水されてください(めちゃくちゃな出だしですね。勢いで誤魔化されて欲しいところです)。 本日2021年2月22日発売のWEB+DB PRESS vol.121にインタビューで登場します。しかもカラーです。なぜなんだ。 「最新技術の紹介を」いうことでテックコミュニティの視点から、インタビューしていただきました。聞き手は関さんです。ざっくばらんに

スキ
4

iOSDC2020の登壇と裏話

1. はじめにそれは来たる2019年のiOSDCを見て思ったのです。 「来年は話す側になりてえ!!!!!」 実はiOSDC2019が大きいカンファレンス初参加だったですが、むちゃくちゃ楽しかったんです。 そして、登壇する側であの一体感を感じられたら、もっと気持ち良いんだろうなと、ふと思ったわけです。 去年の自分 とはいえ、簡単に出れるわけもないので、 - できるだけ毎月どこかしらの勉強会で登壇する(登壇練習と資料作りを鍛錬)- 興味のあることをキャッチアップして触

スキ
33

ep10. カンパイ!エンジニア職と非エンジニア職 (ゲスト: @jollyjoester)

※この記事は2019/10/15収録の「カンパイ!エンジニア職と非エンジニア職」の文字書き起こしです。一部、編集を入れています。 オープニング(00:00〜)treby:きのこるエフエムは技術分野、キャリア属性の異なる私たちパーソナリティーがこの先生き残る上でのキャリア戦略を共有したり議論することで、シニアなソフトウェアエンジニアのみなさんのキャリア、人生設計に貢献することを目的にしたPodcastです。番組はマネジメントに攻めるRubyistのtrebyと、 banju

スキ
4