Ableton Live Liteで、ポン出し。

はじめに

2020年12月31日まで、SpliceというサイトでAbleton Live Liteが無料配布
されています。

演劇系の方や、放送などの関係者にお勧めです。もちろん、
音楽作る人にも。無料ですし、貰ってて損ないです!
(完全無料配布は珍しいです。前は数年前に一回なので)

普段は、なんらかの機材を買ったときに付属するソフトです。
慣れてくれば、他DAWでは出来ないことも分かってき

もっとみる
ありがとうわーーーい!!!!!

シンセで音作り① 大地を揺るがすKick

1.はじめに

新シリーズを始めます。シンセを使った音作りです。

パラメーター完全公開していきますよ~。

記念すべき第1回は、

「大地を揺るがすKick」

です。

使用するのは、Ableton Live 9.7付属のシンセ「analog」を使用します。

手順を順番に画像つきで公開します。

つまり、再現率100%ですので、初心者の方は音作りの参考にしてください。

では、早速いきましょ

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくです。
3

Audiostock攻略できません! -自分なりに工夫してること5-

akisaiという音楽/映像ユニットで音楽を担当している鈴木です。

本記事は、以下の記事の続きになるので、よければこちらもご覧ください。

0、はじめに

今回のnoteは厳密にはAudiostock関連ではありませんが、バチクソに効率化できたので紹介したいと思います。

1、SUZUKI andesのサンプリング音源化による効率化

自分のAudiostockの売上でかなりの部分を占めているの

もっとみる
ありがでなぁ!
10

【完全無料講座】AbletonLiveで電子音楽を作る⑥~曲の構成とLead音による装飾~

1.はじめに

前回は、Dドリアンモードにおけるコードの使い方について説明しました。

本講座は今回で最終回となります。(全6回)

本講座を学習すると、

AbletonLive10 trial版を使って、とりあえず電子音楽を1曲作れる。

ようになります。過去講座はマガジンにまとめてあるので参考にしてくださいね。

2.アレジメントビューへの録音

前回までの講座でリズム・ベース・コードのクリ

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくです。
6

【完全無料講座】AbletonLiveで電子音楽を作る⑤~コードの使い方~

1.はじめに

本講座も第5回目を迎えました。少しずつですが、曲の輪郭が見えてきたでしょうか?

前回はベースライン、今回は「コードの使い方」です。

第1回で、本講座の「7つの条件」なるものを説明しました。

その中に「コード進行の排除」というのがありました。

本講座では、コード進行を使わない簡単なコードの組み立て方を説明していきます。

2.ドリアンモードにおけるコードの考え方

前回のベー

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくです。
5

新曲「LINNEY MAIAH」YouTubeにアップロードしました。

制作:Ableton Live 10

レコーディング:AKAI APC40

マスタリング:iZotope Ozone9

曲を完成させてから動画編集まで間が空いてしまい、3週間ぶりのアップロードに。

声ネタ多め。

タイトルは使用したサンプル集「LINNEY Vocal Pack」と「FEMALE ICON」のMaiah Manserから。

いつもならLooperatorやBeat Rep

もっとみる
とうとう、押してしまいましたね……!
5

【完全無料講座】AbletonLiveで電子音楽を作る④~ベースラインの構築~

1.はじめに

前回は、「Beatの作成方法」について学びました。

第4回目は、モードという概念を使いベースラインを作ることを学びます。

具体的にはDドリアンモードを使い、通常の調性音楽とは違うベースラインを作れるようになります。

本講座は、「とにかく1曲作る」事がテーマなので小難しい理論の話をしませんが、簡単な譜例が登場します。楽譜が全く読めない超初心者の方には少し厳しい内容になりますので

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくです。
6

banvox "Utrecht" (onigiri remix)

久しぶりにSoundCloudを更新しました。

サウンド&レコーディング・マガジン主催のリミックスコンテストに応募した楽曲です。

今回もDAWはAbleton Liveで自作のMaxパッチやMax for Liveデバイスを使っています。聴いていただけたら大変うれしいです。

原曲はこちらです。

これは今回使用したMax for Liveデバイスのうちの一つです。周波数帯域のグループごとにサ

もっとみる

【完全無料講座】Ableton Liveで電子音楽を作る③~BEATの作成方法

はじめに

第3回目は、「BEATの作成方法」について紹介します。

この講座を学習すると、電子音楽におけるBEAT作成方法の基本について習得することができます。

過去の記事で、基本Beatについては紹介しました。

今回は、「1曲を作る過程において、どうやってBEATを作成するのか」という観点で色々説明していきたいと思います。

1.仮Beatの作成&Fill-Inについて

下図は、2回目で

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくです。
7

Waves NLS

以前Wavesはもう増やさないぜ!的な事を言いましたが、増えましたw
と言う事でNLSがイイぜってハナシ。

3タイプのコンソールがあります。

SPIKE (SSL4000G)

MIKE (EMI TG12345)

NEVO (Neve 5116)

コンソールのシュミレーターなので推奨される使い方としては
全トラックにNLS Channelを同タイプに設定して挿す

バスには同タイプの

もっとみる