R-9

R-9 (EPX studio) / 1980年生まれ、フリーランスのWebデザイナー…

R-9

R-9 (EPX studio) / 1980年生まれ、フリーランスのWebデザイナー。テクノDJ、トラックメーカー、同人漫画家。『ニンジャスレイヤー』のファン(ニンジャヘッズ)です。

マガジン

  • 古楽・バロック音楽メモ

    古楽やバロック音楽関連の記事はこちらのマガジンにまとめておきます。

  • 自作ニンジャ同人誌の一覧

    R-9@epxstudio_njがサークル「鏡像フーガ」でこれまでに発表した『ニンジャスレイヤー』二次創作同人誌のリストです。

  • 日記

    2020年、コロナ禍以降の身の回りのリアル…非日常の日常をまとめておきたくて書いている日記です。不定期。

  • VR

    VRおよびVRChat関連の記事のまとめです

  • テクノ新譜試聴メモ

    2018年創刊。20年来のテクノDJである筆者が、Beatportの新譜リリース情報を中心に、BandcampやSoundCloudを含めて気になる新曲をピックアップして紹介するマガジンです。テクノ関連の旬の話題なども。 毎月末もしくは翌月月初に更新。購読無料です。

最近の記事

  • 固定された記事

プロフィール

R-9 (あーるないん)1980年生まれ。神奈川県横浜市でフリーランスのWebサイト制作業をしています。HTMLコーディングを中心に、デザインもディレクションも、Web関連の各種お困りごとをお手伝いしています。 EPX studio(EPXスタジオ) https://www.epxstudio.com 趣味の範囲では、テクノ(クラブミュージック)に関心があり、同じ名義のアーティストとして作曲やDJで20年くらい活動しています。音楽では、古楽・バロック音楽やアルゼンチンタ

    • 「フランチェスコ・トリスターノ ピアノ・リサイタル」@フィリアホール

      7月6日、横浜のフィリアホールで行われたフランチェスコ・トリスターノのコンサートへ行ってきました。東京を第2のホームのようにして、ほぼ毎年日本へ来てくれるトリスターノ氏。個人的には、ゴルトベルク変奏曲を中心としたオールバッハプログラムであった2017年の所沢公演を最後にご無沙汰していたのですが、パンデミック期に出たフルアルバム『オン・アーリー・ミュージック(On Early Music)』(2022) が素晴らしくて、久しぶりにライブで聴いてみたくなりました。 フランチェス

      • 【お仕事】インボイス制度に対応しました

        掲題の通り、EPX studioは2024年7月1日よりインボイスに対応しました。これにより個人事業主として消費税免税事業者から課税事業者になり、今後は見積書・請求書に消費税を記載するように変更するほか、登録番号の通知も行います。この措置は、実際に昨年来の複数の取引先様からのお問い合わせを受けてのもの。長らくご不便をおかけしました。 わたしの仕事の内容に関しては下記の記事に詳しく書いています。 どうなのインボイス2023年10月1日から始まったインボイス制度ですが、当初は

        • 『ニンジャオン4』へ行ってきた

          6月23日に開催された、ニンジャスレイヤー非公式オンリー即売会イベント『ニンジャオン4』へ参加してきました。場所は東京・千駄木のレンタルスペース「千駄木露地」にて。 『ニンジャオン4』はその名の通り4回目のイベント。しかし過去3回…2020年12月31日の初回から、21年の『2』、22年の『外伝-VR忍殺島』のいずれもがWebサービスを使ったオンライン即売会であったのに対して、今回はシリーズ初の「物理イベント」です。 ニンジャスレイヤーオンリーの歴史そもそも、ファン活動が

        • 固定された記事

        プロフィール

        • 「フランチェスコ・トリスターノ ピアノ・リサイタル」@フィリアホール

        • 【お仕事】インボイス制度に対応しました

        • 『ニンジャオン4』へ行ってきた

        マガジン

        • 古楽・バロック音楽メモ
          8本
        • 自作ニンジャ同人誌の一覧
          7本
        • 日記
          65本
        • VR
          17本
        • テクノ新譜試聴メモ
          75本
        • 雑記
          13本

        記事

          『サウンド・オブ・ネオサイタマ・シティ Vol.1』

          2024年6月23日、R-9名義で7曲入りオリジナル音楽作品『サウンド・オブ・ネオサイタマ・シティ(Sound of Neo-Saitama City) Vol.1』を配信リリースしました。本作はブラッドレー・ボンド&フィリップ・ニンジャ・モーゼズ両氏、本兌有&杉ライカ両氏(ダイハードテイルズ)による小説作品『ニンジャスレイヤー』シリーズの世界観に基づく、非公式のオリジナル・イメージ・サウンドトラックです。 ビニール傘越しに見る雑踏、鉄パイプの入り組んだ地下道、廃墟と化した

          『サウンド・オブ・ネオサイタマ・シティ Vol.1』

          梅雨入り前のあれこれ(日記)

          6月前半は音楽を作るなどしていました。普段やらないような音作りに黙々と取り組んでいる期間、楽しかった。Ableton Liveのショートカットもだんだん手に馴染んできた。その成果はこの次の記事でまとめます。 最近の出来事からいろいろと。 『マッドマックス:フュリオサ』を観てきた5月31日は、公開初日の『マッドマックス:フュリオサ』を観てきました。前作『怒りのデス・ロード』(2015年)は劇場で5回も観た作品で、今回も同じ監督、同じ世界のお話で当然前のめり気味の視聴ではあっ

          梅雨入り前のあれこれ(日記)

          夏のごはんを始めている(日記)

          5月は過ごしやすくていい。晴れてもからっとして湿度は低いし、夜は涼しく蚊も出ない。年間のなかでも、室内で一日中エアコンを使わずに済む貴重な数週間ですね。それでも、夏の予行練習という感じでちらほら暑い日はあるから、そういう日の夕飯には積極的に夏っぽい献立を試しています。 最近良かったのは、料理家の長谷川あかりさんによるレシピで作ったお手軽スープカレー。これはもう3回くらい作っている。煮込み時間が少なくて済む点が一番のメリットで、カレー粉とナンプラーの買い置きがあればすぐ作れる

          夏のごはんを始めている(日記)

          Meta Questの『アルティメット スイング ゴルフ』

          5月17日に発売されたMeta Quest用VRゲーム『アルティメット スイング ゴルフ』を買って遊んでいます。PSの『みんなのGOLF』シリーズの流れを汲む…というか同じ開発会社による最新ゴルフゲーム。 本作は、Meta QuestのほかにはPCなどの機器を必要としない、スタンドアロンのシングル~4人までのオンラインマルチに対応したQuest 2、3、Pro向けタイトル。既にQuest単体向けのゲームアプリとして好評なゴルフゲームはいくつかあるようなのですが、かつてプレイ

          Meta Questの『アルティメット スイング ゴルフ』

          Pixel 8aを買った

          5月14日に発売されたPixel 8aをGoogleストアで予約購入しました。Pixel 5aからの3年ぶりの機種変更で、結論から言ってしまうと使用感などはまったく変わらず、普通に今まで通り使えています。プロセッサやメモリが強化された実感はない。最新デバイスならではの目新しさが感じられない寂しさはありつつも、もはやスマートフォンの最大の価値は「普通に安定して使えること」にあると思っているので、中期的なOSアップデートを含めた安心を買っているみたいなところは実際あるかもしれませ

          Pixel 8aを買った

          カエルの為に鐘は鳴る

          5月15日、Nintendo Switch Onlineのゲームボーイ配信タイトルに『カエルの為に鐘は鳴る』(1992年)が追加されました。去年、同サービスの開始のときから予告されており、一年以上も配信を心待ちにしていたタイトル。一時は解約していたSwitch Onlineのサービスに、このために入り直しましたね。 中学生のころ友達に借りて実機で遊んだ思い出のゲームで、小粒ながらアクションRPGとパズルの要素が掛け合わさり、コミカルなストーリー・演出・音楽のすべてが噛み合う

          カエルの為に鐘は鳴る

          続・画像生成AIに自分の絵を描かせた

          2023年の5月の連休の前後より、自作イラストの追加学習データ(LoRA)を元にローカル環境のStable Diffusion (SD1.5)を使ってAIに"自分の絵"を描かせるようになってから、おおよそ一年が経ちました。当時そのことについて書いた記事は、比較的多くの方に読んでいただけたようで、SNSなどを通じて今も時々リアクションがあります。 この一年間、多少の波はあっても、自分としてはこつこつとコンスタントに同じテーマに取り組んできました。成果の一部はX(@epxstu

          続・画像生成AIに自分の絵を描かせた

          桜も終わって(日記)

          4月のあれこれ。 桜の時期は自転車であちこち花見に出かけたので、それを記事にしようと思っていたのですが、みるみるうちに月末になってしまった。今やそのとき感じていたことの残滓のようなものが写真に纏わりついて残るばかりで、大部分が欠落してしまったような感覚。日記はすぐに書いて残さないとだめですね。日記だからね…。 お花見した4月10日にはいつもの町田市成瀬付近の恩田川へ。ここは両岸数kmにわたって桜がトンネル状に川へしなだれかかっている桜の名所なのですが、高瀬橋という橋の近く

          桜も終わって(日記)

          TECHNO ALLIANCE 7に参加しました

          音楽仲間のomae03さんが主宰するコンピレーション企画『TECHNO ALLIANCE(テクノ・アライアンス)』の第7弾に、R-9名義の書き下ろし新曲 "Wooferfacer"で参加しました。4月12日に下記のBandcampページで配信リリースされます。試聴は既に全曲できるようになっています。 これは一体どういう試みかというと、国内の草の根的なテクノ音楽シーンを盛り上げようという趣旨のもと、有志の制作したオリジナル楽曲を集めてコンパイルし、それを提携するライブ/DJイ

          TECHNO ALLIANCE 7に参加しました

          カプースチン祭り2024

          3月31日、戸塚区民文化センター さくらプラザ・ホールで開催された『カプースチン祭り2024』へ行ってきました。ロシアのクラシック作曲家、ニコライ・カプースチン(1937-2020)の作品ばかりを昼から夜まで演奏する三部構成のマラソン・コンサート。前進となるイベントは、日本におけるカプースチン作品の伝道師である川上昌裕先生が旗振り役となって2008年に初めて行われたそうで、現在は日本カプースチン協会の主催でほぼ年に一度開催されています。こんな感じで、特定の作曲家にフォーカスし

          カプースチン祭り2024

          なかなか咲かない(日記)

          数日おきに、散歩がてら近所の桜の木を巡ってみているのですが、ここ数年に比べると今年はだいぶ遅いようで、なかなか咲かない。別に花見の予定があるでもないんだけど、毎年のことなのでなんだか心待ちにしている自分がいる。 急にパンを焼く先日、初めて自宅で食パンを焼いてみました。料理を始めて1年半くらい、いつかはパンを焼いてみたいと思っていたところ、気分が乗ってきたので。 今どき、100均にお菓子の型でもなんでもあるからと思ってまず型を買いに行ったのですが、食パンの型となると意外にな

          なかなか咲かない(日記)

          温の隙間(日記)

          三寒四温の「温」の隙間を見つけては、春の兆しを探しに出かけたりしています。昨日は久しぶりに自転車に油を注して、ゆるくポタリング。さすがに3月も半ばに差し掛かると梅や河津桜は見ごろを過ぎるも、菜の花や大島桜、場所によっては早めに目覚めたソメイヨシノもちらほら見かけた。 晴れの日ばかりでもないし、時間的にいつでも足を伸ばせるわけでもないからタイミングを計るのが難しいけれど、それでもこの時期の「ひとりお花見活動」は年々好きになっていくな。冬の寒さのなかではどうしてもインドア生活に

          温の隙間(日記)