小説「15歳の傷痕」-31

ー 僕の腕の中で ー



三原市での総文後、1日休息を挟んでから、いよいよ俺の高校は文化祭モードになってきた。文化祭は6月17日(金)と、18日(土)の2日間行われる。

3年生になると、各クラスで模擬店をやるので、クラスではその準備に忙殺されつつ、もう一つ「合唱コンクール」の練習もしなくてはならなかった。
去年までは合唱コンクールなんかバカバカしいと言っていたクラスメイトも、最後の年だからか

もっとみる
次もまた見て下さいね~(∩´∀`)∩ジャーンケーン…
22

やっと成長できた私(高校時代を振り返る①)

・高校生から勉強生活

私が高校生になったことで大きく変化したのは、勉強をするようになったことだろう。(小中の話ではないので、小中の時は全く勉強していなかったことだけを言っておく。)

高校の偏差値は43~45くらい。いや今考えるともっと早く勉強していればよかったと心から思う。大学受験に向けて勉強する人が少なくて、引っ張っていく側になり、一緒に努力する仲間は多くはなかった。まぁ1人で勉強したほうが

もっとみる

苦手⇒好き、の恋

こんにちは、キムチチゲです☺

この記事、本当は昨日投稿する予定だったんですが、なかなかしっくりこなくて、すごく時間がかかってしまいました。でもそれだけ、私がこのことに対してちゃんと真剣なんだな~と思いまして、そこは少し嬉しかったり😁

もう12月に入りましたね。体調管理に気をつけて、今年最後を安全に締めくくりましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然ですが、私には忘れられ

もっとみる

旅の記憶 〜鹿児島編〜

行き先はどこでも良かった。
理由を聞かれたらきっと答えに窮するだろう。ただ誰も知らない遠くの街に行ってみたかった。

人生初めてのアルバイト、毎朝4時起きで新聞配達をして手に入れた給料数万円を財布に入れてほかに何も持たず駅に向かった。
高校をサボって電車に乗り込んだあの日、僕は少し自由になれた気がした。

今でも治らない厨二病にバリバリ罹っていた高校時代、お金を貯めてはそんな当てのない旅をする時間

もっとみる
ありがとうございます!
13

”笑われキャラ”に人権を。〜ガチ病みの高校時代〜

皆さんの周りにいわゆる”笑われキャラ”はいますか?いつも変なことをして皆を笑わせている或いは笑われている、または”いじられキャラ”というのもそれに近いものがあるかもしれませんね。

そんな人に対し、知らず知らずのうちに心ない言葉をあびせてしまうことはありませんか?いじられキャラだからといって 度を越したいじりをしてしまったことは無いでしょうか?

いつも明るくいつも馬鹿をやっている、そんな人って見

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!
8

二百円ののど飴

通学に使っていた電車は一、二両だった。とホテルの窓から見える線路に山手線が入ってきたのを見ながら思い出す。受験のために、お母さんとこの同じホテルで初めてご飯を食べた時、芋虫みたいな色のそれの車両の数を数えて、10を超えたところで興奮したものだった。

都内ではまだあの形の電車には出会ってない。そもそもあれは私が今乗っている電車とは全く違う種類のものだと思う。キティちゃんのサンダルを履いた若者もいな

もっとみる

小説「15歳の傷痕」―30

― じれったい ―


三原市で開催された全国総合文化祭広島県予選は、全国大会への推薦は勿論、優秀校にも選ばれず、納得した演奏が出来た俺としては不満の残る結果となった。

新村部長も同じだったようで、俺に

「せめて優秀校位はもらえると思ったんですけど、厳しいですね」

と、話し掛けてきた。

「なんだろなぁ、何が悪いんだろう。大して上手いと思わなかったM高校が選ばれてるのは、顧問の裏の人脈かの

もっとみる
次もまた見て下さいね~(∩´∀`)∩ジャーンケーン…
36

高校時代の数学の先生たち

こんにちは、これが142本目の記事となったすうじょうです。さて、今回は自分の経験や思いを語るエッセイです。内容は、タイトルにある通りです。今回の内容は以前書いた以下のnoteの一見出しの内容を深く掘り下げエッセイにしたものです。

----------------------------------------------------------------------------------

もっとみる
記事閲覧とスキ、ありがとうございます
9

映画『佐々木、イン、マイマイン』情熱と繊細さと

28歳の内山拓也監督がやってくれた。しびれました。

内山監督作品を観るのは初めてでしたが、爆発的な情熱と繊細な描写に圧倒されました。

佐々木を演じた細川岳と内山監督のオリジナル共同脚本。2020年公開。
MOVIXにて鑑賞しました。

売れない役者の悠二(藤原季節)とその仲間たちの現在と高校時代を描いています。

高校時代の男子だけで過ごす日常。彼らの素のままで交わす会話が本当に素晴らしく、人

もっとみる
わーい(^^)嬉しいです♡
55

こんな時だからこそ

先日、高校時代の友人たちと1泊2日の小旅行に行ってきました。
(noteの更新がここ3日なかったのは、めちゃくちゃ楽しんでたからですすいません)

高校2年生のときのクラスメイトです。

『もうあれから5年経ったんだね。早いねー。』なんて、

お互いの近況報告や思い出話に花が咲きます。

Airbnbでトレーラーハウスを借り、BBQしたり写真撮ったり、

とても良い思い出ができました。

雰囲気さ

もっとみる