でんさーーーん!!

揺らいで、ぶれて、踏み外すことを恐れずに、自分が思う踏み外しなんて後から振り返れば幅でしかないんだから、どんどん非線形にいけ、豊かな暮らしをつくる筑後川のように、そして絣を着るのであれば、絣の革新の伝統を体現しなさい(by 井上伝さん)

久留米絣生みの親、でんさんの素敵なお言葉を絣×AI(人工知能)の研究をしている知人よりふといただいた。

「どんどん非線形にいけ!」
「絣の革新の伝統を体現しな

もっとみる
あなたのお時間ありがとうございました!

成長とは、常に選択をし、評価されない時間を持つことである。

いろいろなパターンの人と仕事をしていると、プロジェクトのスケールというものはそれを牽引する人材のスケールを超えることはないと改めて感じる。だからこそ自己成長を適切に行う必要がある。

しかしながら、この自己成長というのも他人によって評価を受けるものと思っていたり、他社と比較してどうかという考え方にとらわれてしまうと、結局は自己承認にしかならない。成長というものは、事業を通じた成果によって判断されて

もっとみる
ありがとうございます!! ぜひSNSでもシェアいただければ幸いです。
41

非線形とサッカー

「サッカーというスポーツの現象」を知る

 「サッカーはカオスであり、フラクタルである」この言葉を聞いたことはあるだろうか。最近、巷でよく聞く「戦術的ピリオダイゼーション」の考案者として知られるVítor Fradeの言葉である。

 「カオス」や「フラクタル」という言葉は物理・数学で用いられる言葉であり、一見サッカーとは関係がなさそうだが「サッカーというスポーツの現象」を考えていく上で極めて重要

もっとみる

北朝鮮「ミサイル」実験と竹槍(2016)

北朝鮮「ミサイル」実験と竹槍
Saven Satow
Feb. 09, 2016

「私は小学校の頃、軍国少年でした。小学校、なんでゲートルを巻いて、戦闘帽をかぶって竹槍を持たされたのか。今振り返ると本当に、笑止千万です。もう二度とああいう経験は子どもたちに、子どもたちだけじゃない」。
菅原文太

 中谷元防衛相は、2016年2月3日、北朝鮮が観測衛星とする飛行物体の打ち上げの通告を受けて、自衛隊

もっとみる

「PDCA→ OODA」から

----------
3点に注目したい。
 1.クロスPDCAで仮説をドライブし、ファクトに照らして検証・学習する形態は可能
 2.PDCAのような手段を「使いこなす」HRM・組織構造的な仕掛けは必須
 3.手段を最高率にするには、どうしたらいいか?

関連代表記事 ZUU Online https://zuuonline.com/archives/193619
---------------

もっとみる
思考は実現する。
11

有名な非線形振動子(Duffing振動子とvanderPol振動子)の動き

非線形系の方程式,もしくは振動子を扱っている方へ向けた記事です.
Pythonですがプログラムもあります.

自分で方程式のパラメータを調整して振る舞いを確認することができます.
是非ご覧ください

以下は各非線形振動子についてです.

ダフィング(Duffing)振動子の動き

ファンデルポール(van der Pol)振動子の動き

この記事もオススメです!

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!おいらもスキです
1

カオスとか非線形ダイナミクス系のオススメの本を紹介

こんにちは.
けんゆー(twitter)です.

非線形とかカオスとかそういった研究をしてますが,特にオススメだった本を色々とまとめていますので,興味ありましたらぜひのぞいてみて下さい

ではでは!

もっとみる
そのスキがおいらの励みになります!
1

非線形ダイナミクスとカオスについて

こんにちは.
普段の研究では脳波というものを研究していますが,その信号の動きがとてもカオス的であったり,非線形的であったりするので,そういった特性を考慮した解析をやっていたりします.

そこで,非線形とか,カオスってなに?って思っている方への普及活動として,
以下の記事を書いていますのでご覧くださいませ.
大学数学を一度学んだ人であれば大丈夫です!

非線形の世界に足を踏み入れましょう!

もっとみる
今日も研究がんばりやす!スキ!

「VUCA時代の思考と訓練」から

----------
三点に注目したい 
 1.論理的思考は、VUCA時代で戦うための「入場料」
 2.企業のドライバーや差別性は、「非線形的思考」でもたらされる
 3.教養は必須であり、情報ではなく、「自分の考え」が重要

関連代表記事 一般社団法人 日本経済団体連合会 2018年12月4日
www.keidanren.or.jp/policy/2018/113_honbun.html
---

もっとみる
木漏れ日の中で、対話しましょう。
9

「データエコノミーと印アーダール」から

----------
三点に注目したい。
 1.ローカライゼーション
 2.現地の未来に適した技術(LeapFlog)
 3.未来を運用する仕組

関連代表記事 日本経済新聞 2018/11/1付 朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37171320R31C18A0TJ2000/
----------

A キーワードは「LeapFlog(リープフロッグ

もっとみる
夜通し、思考の向こう側が見えるまで、対話しましょう。
4