病気はうつらない

病気はうつらない

INYOUさんでランキング1位になった事もあります。たくさん読まれた記事です。 ◆病気はうつらない。ウイルスは病気の原因でなく結果↓↓↓ ◆冊子が欲しい方は↓ 『人間は誰でも百人の名医を体に持つ』 これは、古代ギリシャの医師・ヒポクラテスの名言です。 自分の体の事は、自分が一番よくわかります。 医者や誰かに頼るのではなく 『自分の体の声』に耳を傾けることの重要性を今ほど感じる時代はありません。 ウイルスというと、悪いものというイメージであり、ウイルスによって体が蝕

スキ
8
波動の法則

波動の法則

最近、なぜか身の回りで不思議なことがたくさん起きています。少し前からスピリチュアルや量子力学(物理学)のことを学んでいまして、僕自身の実感も含めて「これは伝えたい!」と思ったので書かさせて頂きました。 この世に存在する全ての物質(人間・生物・物体等)素粒子によって構成されています。また、これらのすべてはなんらかのエネルギーを出しています。エネルギーは、光や音、電波などと同じように固有の周波数と波長を持っています。これが波動です。波動は共鳴によって伝達されます。我々人間の想念

フラッシュ 03
+4

フラッシュ 03

明日の食事会の店が決まり明石は参加者に電話で場所を伝えるために、席を外した。中央制御室を出たすぐの所で話していて、会話の内容が聞こえていた。今度女の子の前で波動関数や不確定性原理について語ったら殺すぞと冗談とも本気ともとれる語気で話していて、ユーハンは呆れて笑っていた。 明石の話に聞き耳を立てながら職業的習慣で光電子増倍管から伝わってきた情報を解析して、映像化させた素粒子の分布図を見ていた。いつもどおり、モニタは穏やかだった。頻度として非常に少ないが、太陽から降り注いだり、

スキ
5
フラッシュ 02
+4

フラッシュ 02

地下八〇〇メートルに建設された巨大な水槽の壁面に、一万個以上の光電子増倍管という、大きな電球のような装置が取り付けられている。この施設は恒星がその寿命を終えるその瞬間の現象を研究するために建設された。恒星が終焉を迎えるとき、ニュートリノという素粒子を最初に放つ。 宇宙から降り注いだその非常に小さな素粒子は純水を貫通する瞬間、水槽内の電子と衝突し、質量の軽い電子が弾き飛ばされる。水のなかでの電子は光速の七割程度の速さで移動する。散乱によって電子の速度がそれを超えるとき、チェレ

スキ
3
フラッシュ 01
+4

フラッシュ 01

旧世七二四年、皇極国の北越エリアにある地下施設で最初の予兆が捕捉された。 研究員としては若手の明石敏幸は、国際素粒子物理学会という名前だけ聞くとそれなりに立派な学会に参加していた。各地の研究施設に持ち回りでやってくる学会の運営が、今年はこの施設に当たっただけのことだ。 明石には、招待者のホテルの部屋割りや、レセプション会場の手配、ケータリング業者との価格交渉など、不眠不休で勉学に励みようやく取得した博士号がまったく役に立たない雑用が割り当てられた。学問の世界もよほどの天才

スキ
6
『押してだめなら引いてみな』いなしのテクニック
+4

『押してだめなら引いてみな』いなしのテクニック

自分自身の著書「元プロボクサーが発案 売れる営業に変わる37のトレーニング」より。※Amazon、楽天、全国書店で発売中。 https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784772661508 相撲で【押して引く】『いなし』のテクニックがあるように、ボクシングでもいなしのテクニックがあります。 営業でも恋愛などでも『押してだめなら引いてみな』と昔から言われるように、 膠着状態の打破には、逆転の発想がいいのだと思います。 現象には必ず2面性があると思います

スキ
10
生きづらさを感じている方々に声を大にして伝えたいことまとめ

生きづらさを感じている方々に声を大にして伝えたいことまとめ

息苦しい家庭環境、同級生からのいじめ、両親の別居、歩くのも困難なほどの怪我、借金返済、モラハラ、定期的に電車の中で気を失うほどの体調不良4年間、過酷な労働環境、両親の離婚、職場での理不尽な立ち位置、大切な人との別れ、… 28年間生きてきて、何度も困難に直面し、誰よりもたくさん泣いたと胸を張って言える私が(胸を張るな)、大切な人を救いたいと思って書いた内容をまとめていきます。 少しでも、様々な苦しさに直面している方の力になれれば幸いです。 トラウマと戦う方向け自分の意見が言え

私たちは奪っている〜他人を操る人の心理

私たちは奪っている〜他人を操る人の心理

こんにちは!アロマ心理学開発者大島鶴枝です。 本日は、聖なる予言第3章『エネルギー』第4章『権力闘争』から、私たちの思考で作られるエネルギーの移動について。お伝えしていこうと思います。 『聖なる予言』は、物語です。 南米ペルーの森林で古代文書が発見され、9つの写本と呼ばれる文書を主人公が、まるで何かに導かれるかのように、人との出会いを通して、学び、精神的な成長をしていく物語です。 ニュートン力学で定義された宇宙の理聖なる予言に登場する物理学者は、これまでの人類の存在理

スキ
3
既視感ゼロ、衝撃的破壊力のSF叙事詩。長編SF小説『ライトソング』販売開始!
+4

既視感ゼロ、衝撃的破壊力のSF叙事詩。長編SF小説『ライトソング』販売開始!

このたび、kindle電子書籍, kindle_unlimited, PODで『ライトソング』というSF小説をリリースいたしました。noteでもマガジンを制作いたしましたのでお読みいただけます。 小説に出てくる自由電子レーザー発振施設《ray》は、兵庫県の播磨科学公園都市で実際に稼働中のX線自由電子レーザー施設「SACLA」をモデルにしています。 わたしは実際にこの施設を訪れたことがあるのですが、こんなどフラットでど直線の直線コンクリートでゼロヨンしたら気分いいだろうなと