「犯罪季評」  いわく言いがたいあれ

1988年の出来事

●天皇の死の日常化

朝倉 天皇の病気ですけど、岡田有希子の時みたいに中高生の間で噂が結構あるようです。輸血用の血はどこから持ってくるか、ある病院の裏のドアを開けたら赤ん坊の死体が山のようになっていたとか。ただこれ以上は盛り上がらない。子供は天皇というのはよくわからないから。

別役 いちばん熱心なのは中年ね。われわれの世代よりちょっと上ぐらい。

朝倉 中年のほうでも結構噂

もっとみる

気持ちの受け取り方の変化

こんにちわ!Takuyaです。

本来であれば、帰省や旅行することの多い時期ですが今年は様変わりしていますね。

私は、それらをせず買い物をしたり横浜中華街でおいしいものを食べたりしていました。

マスクしていると暑苦しくて死にそうです。笑

ただ、自分のしたいことが出来てとても楽しめました。

さて、本題に移ります。

メンタルを改善すると同時に変わったと思うのが

「気持ちの受け取り方」

もっとみる

感覚と論理は対立概念ではなく「車の両輪」だ。曖昧な感覚を論理で補強し、無機質な論理に感覚が命を与える。
どちらが欠けても思考の硬直と停滞を招き、思想の一元化に直結しかねない。

「感覚派」のジレンマ|マスブチミナコ / Artist https://note.com/masco/n/n6f0f77e76013

For the Sophisticated People...😉❤
4

論理と情動どっちが大事?

人として生きるなら、両方バランス良く必要です。ここでいう人というのは、仙人とか、寺で修行する人とか、ヨガの行者では、ない人のことを指します。

論理そのものがないそして情動のみで生きることが正しいと考える人も中には、いると思います。論理と言われて、堅苦しく、自分のことしか考えない、そして、詭弁の技術を振り回してると。

情動や印象の話は、しましたので、しないとして、過去の記事を読んでもらうといいで

もっとみる

変化球をどうぞー

今回はいつもと変わった感じでこの記事を書きますわー

1 問題提起のみ

今までの私の投稿は, 一つの主題を明示しそれに対する私の考察を詳しめに, もっとも私にとってはとてつもなく, 異常なまでに簡単に, 記述するというスタイルでなされていたように思われる. しかし, 今日の投稿はそれらとは趣向を変えた形で行いたいと思う. すなわち, 散発的に複数の話題を一気に問いかけ, それに対する各々の考察は

もっとみる
シェアもしてくれると嬉しいです!
4

反論とは、相手を黙らせることではない ~論理的思考を考える①~

よく反論を述べようとして、相手を黙らせることを目的とした発言をする人がいます。しかし、反論をするときには、相手を黙らせようとする発言をしてはいけません。あくまでも、反論とは、「自分の主張と、その根拠を丁寧に述べる」ということ。それ以外のことを述べたら反論ではありません。

反論とは何か

反論とは、元の議論(または相手の意見の結論)を否定し、否定する根拠を述べることです。

Aさん「○○という理由

もっとみる
スキありがとうございます!
13

論理的な文章を書く

最近、野田茂樹さん著書の「論理トレーニング101題」という論理的に文章を構成する力を実践的に身につけられる本を読んだ。

この本は名前の通り、101個の問題があり、それを解いていくというのものだ。

この本の最後に書かれていることが一番納得できたので、まず最初に書いておきたい。

この論理トレーニングの成果は、親、兄弟、友人、恋人、そしてとりわけ配偶者に対して無分別に発揮してはいけない。
初心者が

もっとみる

宣告から1か月の現状&正義とは?

こんにちわ、Takuyaです。

いよいよ8月になり、梅雨もあけてHappy!!となる時期なのに今年は違う。

家でこの投稿を作成・編集をやっている。何もかも家でやることが多くなった。去年だったら普通に外で遊んでいた。

旅が趣味な私にとってはとても退屈ですが、新しいことを発見できるいい機会だと思っています!

本題に移ります。

「適応障害」「抑うつ状態」と宣告されてから1か月が経ちます。

もっとみる

論理的に説明できない大切なこと

この世は論理で全てのことを説明できると思っている人がいるみたいだ。
例えば礼儀作法について戦後からだんたんその意識が薄くなっているように僕は感じる。もっとも僕は平成10年生まれなのでそれ以前を実際に見ていたわけでは無いですが。

僕は、例えば、食事のマナーについて母親からよく注意を受けていた。だいぶマシになったが今もやはり注意は受けます。
ここで仮に、以下の会話をしたとする。

「たとえ食事のマナ

もっとみる