読む力

「読む力」の大切さ②:ニュースの活用

英語など他言語で読む力をつけるための勉強のツールとして、ニュース記事をおすすめしている。その理由は:

① 文章が難しくない
出来事を伝える一般的なニュース記事は、難しい表現や言い回しはあまり使わない(コラムや社説、ルポなどは別)ので、比較的読みやすい。

② 背景知識が助けになる
関心があったり身近な話題なら、その知識が読む際に大きな助けになる。日本のニュースを他言語の記事で読んでみるのもおすす

もっとみる

「読む力」の大切さ①:情報源の選択肢

「英語ニュースを読む」という講座を月にいちど開催している。

もともとは、日本のニュースが海外でどのように伝えられているか知りたいという友人の発案で、2015年4月に始めたもの。それ以来、開催場所のカフェが変わり、日本に関わるものだけでなく海外のニュースも取り上げるようになり、という変化はありつつも、月にいちど日曜日の午前中にコーヒーでも飲みながら、という気軽さは変わらずに続けている。

この講座

もっとみる

インプット力の底力

最近は周りにいわゆる「仕事がデキる人」がいる環境にいることができていて、刺激的な日々を過ごせていると思っています。
そんな中で、このデキる人達って何が「すごい!」と思わせるのか、何に引きつけられるのかという事を日々見ながら考えるんですよね。

それって単純で、ある課題を解決しようとした時やトラブルにあった時に自らの引き出しから案を出せているんです。
しかもそのアウトプットはその場限りの偽善案ではな

もっとみる

記念日は持ち越しです

おはようございます。ひろりんです。

同じ時間なのに、空がいきなり暗くなった感があって、もう冬が来るのかとか勝手に勘違いしてしまいました。

モノを読む力は大切。
もちろん書く方も大切。

読むことで、文面から、理解する、イメージするなどのアクションにつながる。

なんの仕事をするにも、デスクワークの仕事ならなおさら、モノを読む力はなくてはならないと思う。

システムの仕様書は専門書とまでいわなく

もっとみる
Thank You!(`・ω・´)
10

学術的な研究を深めている方へおすすめの一冊♡

もはや文献集めが趣味であろう
Lila☆*:.。.ですが、

相変わらず読むことが
追いついていない状況です。。。

というのも、
専門分野になればなるほど
難解のため、
読み進めていくには
複数の文献と比較検討し、
理解を深めていくことが
大切になってきます。

しかも個人的には、
内容によって更にそこから
メモを取ったり、
仮説→検証といったようなことも
行っているので、
読むのに非常に時間が

もっとみる
ありがとうございます♡ 励みになります☆*:.。.
8

「読むハードルを下げる」

何か読むハードルを上げると
書くこともしっかりと
「読まれるもの」を
書かなきゃいけないと

責任感を持ってしまう
そんな気がする

でも・・・

がんがん読む人が多くなれば
書くことも、もっともっと

気楽に出来るのでは
ないでしょうか?

三位までは表彰台!
9

あなたは読んで理解する人か、それとも聞いて理解する人か?

ドラッカーいわく、人は右利きと左利きの人がいるように、「読んで理解する派」と「聞いて理解する派」に分かれている。また、両利きの人がとても少ないように、「読んでも聞いても理解する」という人はかなり少ないのだという。

だから、自分がどちら派の人間なのかをよく理解しておかないといろいろと苦労するよ、とのことだ。
 

Am I a Reader or a Listener?
The first thi

もっとみる
うれしいです!
28

今日買った、『読む力』(松岡正剛、佐藤優)を読んだ。やはり、知識の格差は根深い問題。会社員こそ、知識をつける読書をしたらいいと思う。でも、多分伝わらない。僕の周りにいる人だけには届くといいなと日々願う。

その支出は将来の資産増に貢献するか
4

中小企業診断士2次試験対策【勇者の読解】~基礎力養成編

【目次】

・「ルール1の説明」「演習問題(7問)」

・「ルール2の説明」「演習問題(7問)」

・「ルール3の説明」「演習問題(25問)」「事例実戦演習問題(4問)」

・「ルール4の説明」「事例実戦演習問題(4問)」

・【実戦力養成用特別追加コンテンツ:マジコン流読解法のトレース】(5問)

【こんな人に断然オススメなコンテンツです!】

”マジなコンサル中小企業診断士”を目指す受験生の内

もっとみる

言葉と人となり

為人。漢字だとこうなるのだそう。ひととなり。

言葉は人となりを表すとはよくいわれるけれど、割りと微妙な意味合いが含まれていると思う。

使う側に立つときには、できるだけ注意できるといい、というのははっきりしている。自分の言葉には責任を持つ。

微妙なのは聞く側、読む側に立つ時。

どこまで読もうとするか?で見えてくるものが違ってくる。

気持ちいい言葉、ほっこりさせてくれる言葉、勇気をくれる言葉

もっとみる
ありがとうございます。
7