狐の嫁入りの十三日

外にでたら

ちょうど日の照る時間で

キラキラした黄色とオレンジ色と柔らかい光のもやのなか

金の糸のような雨がふっていました。

その糸たちはわたしの背丈まで降りてくるとみえなくなるほど細く

すぐに止む気がしたので

わたしはずっとビルの屋根下から黄色とオレンジ色と柔らかい光のもやのなかの金の糸を見上げていました。

新宿の街を浄化するように

その雨は美しく

この街に染みついた酸いも甘い

もっとみる
スキをありがとうございます❤️
49

屋根の上の庭師

こっそり こっそり
屋根の上
ひとり座って
目に映るいろんなもの
眺めていた
足をプラプラさせて
屋根の上
かつてないほど
お気楽に座っている
誰も知らぬ夜
僕だけの夜

隣の芝生は青い
とても とても
青くて綺麗だ
庭では花火も煌めいて
大人も子どもも皆一様に
笑い声打ち上がる

もうひとつ隣の芝生も
これまた青い
見事に 見事に
青くて麗しゅう
しかし 庭に誰かが見える
隣の庭の青さに
惹かれ

もっとみる
☆ミ ありがとうございます
59

朗読最後の音「ささげぇ、つつ!」は

「捧げぇ、銃!」と表記されています。

わかるようで分からなかったため

念のため調べてみたら

「捧げ銃」という敬礼があるそうです。

まぁ!またよろしくお願いします🎈🎼
7

紙の馬に乗って

星がきらりきらり
降る夜に
君が作った
紙の馬に乗って
会いに行くよ
パカパカ走らせ
会いに行くよ

不器用な君が
愛込めすぎて
ちょいヨレヨレ
しかし色はご立派な
金の馬
この日のための僕に
お誂え向き
パカパカ走れ
パカパカ走れ
星に紛れて
きらりきらり
流星のごとく

君はもう
眠っちゃっているかな
気がつかないだろうな
気がつかないだろうか
側にいるのだけれど
夢の中でも
ちらりとでも

もっとみる
☆彡 ありがとうございます
42

ポップコーン・ホリデイ

空が青い
見事に青く晴々として
雲もふよふよと流れゆく
気持ち良い空に
お休みとくれば
君はポンと弾けて
ポップコーンのよう
はしゃいで はしゃいで
両手にサイリウムも見えそうな

飛び出せ ポップコーン!
鳴らせ クラッカー!
こんな日は二度もない
いや一度だってあるかどうか!
ポンポンと弾けっぱなしで
行ってきますも言い終えぬ間に
君は車に飛び乗って
ドライブ開始だ
行く宛なんて無くていいのさ

もっとみる
☆彡\(゜∀\) ありがとうございます
51

【第3回目】自作の詩を朗読してみた『恋獄』

こんにちは。【黒猫放送局】の鞠子です。
この記事は、週末女優の鞠子が、くるくるまわる日常について話したり、朗読したりするヒトリゴトラジオの備忘録です。よかったら、最後までお付き合いください。

*『恋獄』- 明智麻里子 作

ブログ「ぐるねこ日誌」より - 『恋獄』 https://mariko96neko.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

この作品は、好きな話であ

もっとみる

永久凍土

愛しい人よ
寂しさだけを残して行くな
愛しい人よ
虚しさだけを残して行くな
愛しい人よ
この胸にぽっかりと
穴だけ開けて行くな

残された者は
その穴に氷を作る
その穴を氷で埋めなければならない
絶対に溶けぬように
心凍らせて
生きていかなければならない
心は永久に
しんしんと雪を降らせる
冷たいよ 冷たいよ

愛しい人よ
あなたはあなたでしかない
あなたにしか見れないものを見る
前例がないと怯え

もっとみる
☆ミ ありがとうございます
50

ゆっくり夢日記 「鉱物博物館」2018年9月25日

朗読動画

https://www.youtube.com/watch?v=1y63LCmR7k0

記録

9月25日
ここは鉱物博物館。社会科見学か何かで学校で来ている。職員の方が「どれでも持てるだけ持ち帰っていいですよ!」と言うとみんな目の色を変えて展示物を拾い始める。ここはガーネットの部屋。ガーネットのタイルが敷き詰められたガーネットの水槽にガーネットが泳いでいる。色んな色で泳いでいるが、

もっとみる
ありがとうございます!
3

【こえのブログ】〚花空恋慕🌹🌙のフォトメッセージ💌〛20.5.6〜 ボクは キミの〖ソンナ処〗に… ー アメブロを更新しました
(※花空恋慕が作品を音読しています)

⬇️
https://ameblo.jp/kakurenbo165/entry-12616868030.html

アナタと…〘 【好ミ】が合ッテ 〙…嬉しいデス…🌹
5

静寂の魔物

何気なく
君の手を離してしまった
何気なく
その手を離してしまった
そうして
君は遠く彼方へ
離れ離れ
重さと軽さ
身に染みて
何も言えなくなってしまった

君と離れたその日から
生きてることに気がついて
魔物のようだと気がついて
食らいつく日々の
味わいは変わる
気づかれないように
押し黙る
しかし刃風を吹かせている
誰も知らない
静寂の中
刃風を吹かせて
魔物は生きている

刃はどこに向けてい

もっとみる
☆彡 ありがとうございます
50