膝関節

ACL再受傷をバイオメカニクスで紐解く! ~バイオメカニクスの基礎~

2020 Ucni-note
“Second ACL injury prevention - episode one - ”

前回は『ACLR後の再受傷メカニズム』として再受傷に関するリスクファクターについて話しをしました。幾何学的(Geometric)な話しを中心にしましたので、少し分かりにくかったかもしれませんが、とても重要なことですのでいつでも振り返って復習しましょう!

“Second

もっとみる
ありがとうございます!

膝痛や可動域制限の原因!膝蓋下脂肪体の評価~アプローチまで解説

膝関節のリハビリを行っていく上で、必ずといっていいほど問題になってくることとして痛みや可動域制限が挙げられます。

痛みや可動域制限を起こす1つの要因として考えられるのが・・

膝蓋下脂肪体の柔軟性低下です。

あなたは膝蓋下脂肪体という軟部組織の名前を聞いたことはありますか?

膝関節周囲には多くの滑液包や脂肪体が存在し、組織間の摩擦を抑え関節運動を円滑にする役割をもっています。

そのため、こ

もっとみる

可動域制限のひとつ膝蓋上包とは?膝関節筋との関係性も解説

膝関節屈曲の可動域制限の原因として膝蓋上包という滑液包があります。

膝蓋上包は比較的癒着が生じやすい組織であると同時に、いったん癒着を作ってしまうと運動療法により剥離することは非常に困難であるため、癒着を起こさないよう予防が重要になります。

今回は、膝関節術後の方などを中心としてアプローチすることが多い組織の1つ「膝蓋上包」に焦点を当てて書いていきます。

膝蓋上包の特徴

膝蓋上包は大腿骨顆

もっとみる

Second ACL injury この突起が関係していた⁉【Geometric Risk Factors】

2020 Ucni-note
“Second ACL injury prevention - episode one - ”

今回は『ACLR後の再受傷メカニズム』
再受傷に関するリスクファクターについてお話ししていきます。

受傷メカニズム=受傷シーンの解明やバイオメカニクス的見解をイメージされた方も多いかもしれませんが、
文献等探している中で「ACL再受傷の受傷シーンはこれだ!」とか「AC

もっとみる
ありがとうございます!
4

TKAのリハビリで大事なこと。デザインの種類と特徴をまとめてみた

TKAは臨床でもよく遭遇する疾患の1つではないでしょうか?

TKAのリハビリを行うにあたり、機種デザインの特性を理解しておくことは、Drだけでなくセラピストも大事になります。

今回はTKAを行う際に主に用いられているデザインの特性について書いていきます。

正常膝関節とTKAの動きの違い

TKAの機種デザインは様々なものがあり、そのどれもが正常な膝関節の動きを「再現できるように」デザインされ

もっとみる

自己紹介と投稿について

-----自己紹介-----

職業:治療家

資格:理学療法士(運動器認定資格所有)

経歴:XX病院(大阪)、XXXXクリニック (神戸)など

-----投稿について-----

人を3パターンで区別すると凡人、秀才、天才に分けることができ、それぞれにはスキルがあります。

「凡人」・・・共感性

「秀才」・・・共感性<再現性

「天才」・・・共感性<再現性<創造性

これらは臨床場面での特

もっとみる

運営マガジン『運動器リハのすべて』とは?

運動器リハのすべてとは?

本マガジンは、
運動器(上肢〜下肢疾患・スポーツetc...)リハビリテーションの有益な情報をお届けします🙇‍♂️

もともと臨床で、目の前で起こっている現象に対して常に『なぜ?』という疑問を持ち、その『なぜ?』を解決するための一助になればという想いで、このマガジンを立ち上げました!

そんな中、個人的に臨床上、最も大切なことは『病態理解』であるということに気付きまし

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!よければシェアもお願いします!
9

【Twitterで学ぶ!】 運動器の理学療法

運動器の理学療法ということで触診・評価・治療・エコーの情報を豪華メンバーでTwitterにて発信しています!

淺原(@You1614)
志水(@echohuku)
Yoshiki(@PtGekikara)
たくみ(@TakumiRodrigues) 

上記の4名で、触診・評価・治療・エコーの有益な情報をお届け!

過去のツイート内容をここでまとめて掲載し、理学療法士に向けて発信しています!

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!他の内容もぜひ見てみてください!
11

膝蓋上包の癒着は非常に改善困難な病態である。

そのため膝関節周辺外傷ならびに術後運動療法において、膝蓋上包の癒着予防をいかに行うかが大事になってくる。

癒着を予防するためには、膝蓋上包を徒手的に拡大する操作や大腿四頭筋のリフトアップ操作を駆使した運動療法を行うと良かったりする

膝前十字靭帯(ACL)episode zero

こんにちは。
Uchi-note 4回目の今日は膝関節靱帯系の最重要組織…前十字靭帯についてです。
“ACL episode zero”

解剖的な話しから運動生理学、傷害予防など数回に分けて進めていきますので、学生さんや若手セラピスト、膝マニアなセラピストなどなど復習も兼ねて読んでください。

では、早速はじめていきます。

膝前十字靭帯(anterior cruciate ligament;A

もっとみる
ありがとうございます!
8