社会民主党

2020沖縄県議選ウォッチ④

こんにちは。

大学生のヤストです。本日も大学生なりの視点から沖縄県議選について発信してゆきたいと思います!

本日は2020年5月7日です。GWも終わってしまいましたね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。私は、GW中も連日大学のオンライン授業をびっちり受けていたのであまり連休という実感が沸かない日々でした。

本日のサムネイルは、この春、名護市の21世紀の森公園で撮影した一枚です。21世紀の森公

もっとみる
スキありがとうございます
11

2020沖縄県議選ウォッチ①

皆さん、こんにちは!

大学生のヤストです。

本日、2020年5月2日から6月7日投開票の沖縄県議選に向けて、構図や注目選挙区の候補者紹介などを自分なりの視点から記述するnoteを始めたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します🌺

現在、私は大学で沖縄戦や基地問題について文化人類学とジャーナリズムの視点から学んでいます。沖縄に足を運び調査研究をしたり、文献や新聞を読んだりしている中から、自

もっとみる
スキありがとうございます
18

【ユンゲ・フライハイト紙】Insaによるアンケート調査: ドイツ人の多数が難民のさらなる受け入れに反対している

2020年3月10日
エアフルト: ドイツ人のほんの3分の1(32%)だけしか、ギリシアとトルコの国境地域から一定数の難民を受け入れることに賛成していない。福音派の報道機関ideaの依頼に基づく世論調査機関Insaのアンケート調査によれば、44%の市民がそれに反対を表明している。

15%がどちらとも言えないと答え、回答なしは9%であった。反対は旧西ドイツよりも旧東ドイツにおいて顕著であった。旧西

もっとみる

【ユンゲ・フライハイト紙】更新: ドイツのための選択肢が5%以上確実/社会民主党がハンブルクで勝利/緑の党は倍増

2020年2月23日
ハンブルク: 社会民主党がハンブルクの市議会選挙において勝利した。Infratest dimapの21時43分の最終予測投票数によれば、社会民主党は39.1%に到達した。それはしかし、この第一市長Peter Tschentscherの政党にとっては、2015年の前回選挙と比べると約7%の得票を失ったことも意味している。

最終予測投票数 ARD 22:45
社会民主党 39.

もっとみる

社会民主党より公開質問状の回答が届きました。

届いたPDFは以下です。文字データにしたものを掲載します。

公正な選挙を考える会 様

 日頃のご活躍に敬意を表します。
 今回の京都新聞の広告における「大切な京都に共産党市長は「NO」」というフレーズは、政策を訴えるのでなく、レッテル貼りで自由な議論を封じ込める手法であり、決して賛同できるものではありません。
 貴組織から頂いた公開質問状に関しまして、以下のとおり回答いたします。

 
<回答

もっとみる

【ユンゲ・フライハイト紙】テューリンゲン: 接触禁止の人々とともに歩んでいく道

2020年2月5日
よりにもよってBjörn Höckeが!よりにもよってドイツのための選択肢の右翼男が、テューリンゲンの州政府首相への自由民主党政治家Thomas Kemmerichの選出によって、国内政治にセンセーションを引き起している。このドイツのための選択肢会派の長は、キリスト教民主同盟と自由民主党と非公式の選挙協力を結んで、赤-赤-緑の政府を、人気の首相Bodo Ramelow(左翼)と

もっとみる

【ユンゲ・フライハイト紙】「民主主義のための立ちあがること」: ベルリンの赤-赤-緑政権がヒンデンブルクを名誉市民のリストから削除した

2020年1月31日
ベルリン発: ベルリン議会が、緑の党、社会民主党、左翼党の多数で、かつての帝国大統領であるパウル・フォン・ヒンデンブルクから名誉市民の称号を剥奪する議決をした。この三つの会派は提議を行ない、木曜日の本会議によってそれを決定したのだ。「私たちの生きている時代は、再び民主主義のために立ちあがることを必要としている」、dpa通信によれば、左翼党のRegina Kittlerはこのよ

もっとみる

【ユンゲ・フライハイト紙】「《ジェンダー・ガガ》をめぐる論争: 院長が大臣に反撃《ならば私はよろこんでポピュリストになります》」

2020年1月30日
ハルデンスレーベン発: ザクセン=アンハルト州のハルデンスレーベンの眼科の院長Markus Motschmannが、ジェンダー促進措置に対する彼の批判に起因する、厚生大臣Petra Grimm-Bennes(社会民主党)からのポピュリストであるという非難を拒絶した。「私はただ事実を指摘しただけである。事実がポピュリスト的であるというなら、私は喜んでポピュリストになります」、M

もっとみる

【ユンゲ・フライハイト紙】アンケート調査:ドイツ人の三分の一が気候論争は誇張されていると見なしている

2020年1月29日
ヴェッツラー発: ドイツ市民のほぼ三分の一 (32%)が、公的な論争における気候変動が誇張されているという意見であった。福音派教会の報道機関ideaに委任された世論調査機関INSAのアンケートによると、被質問者の過半数(53%)が、誇張であるという考えに反対していた。11%はこの論争をどう評価するべきかわからないと答え、4%が回答なしであった。

30歳以下において、気候ヒス

もっとみる

【ユンゲ・フライハイト紙】ノルトライン-ヴェストファーレン州: 「イスラム教徒化」への批判: 社会民主党の政治家が党を離党する

2020年1月28日
エッセン発: 統合に対して懐疑的なエッセンの社会民主党(SPD)の地方政治家が、自らの政党に対して背を向けた。エッセンにおける社会民主党の副委員長であるKarlheiz Endruschatは、市域の完全な「イスラム教徒化」に対する警告によって、自らの党で衝突をした。とりわけ社会民主党が移民による問題を真面目に受け止めないことを理由に、いま彼は党を離れたのである、こうWelt

もっとみる