心臓移植

お盆の入りの迎え火

あのまま同じ時間を過ごせてたら小学1年生
きっと気の強いしっかり意見する
可愛い子に育ってたね😁

私が思い浮かべるまどかは
いつまでたっても2歳10ヶ月
最高に可愛い盛りでしっかり成長を感じた
2歳10ヶ月でした

今日えんとつ町のプペルの映画予告動画が解禁。

このお話はサンポーニャという
ネコちゃんみたいな配達員さんが
心臓を届ける途中落っことしちゃって

その心臓にゴミが巻きついて出来た

もっとみる
読んでいただきありがとうございます!
11

院内感染…手術成功も夫帰らぬ人に❺

文庫本の部屋50冊紹介の最終回、順不同。かなり昔に読んだ本ばかりです。

(41 )院内感染(福家恵海子・河出書房新社・97年2月25日発行)手術は成功も、夫は帰らぬ人に。日本の医療のもつ階級、隠蔽制、継続性優先に警鐘鳴らす。

(42)神々の沈黙(吉村昭・文芸春秋・84年12月25日発行)心臓移植、生命の神秘への挑戦。試行錯誤の歴史追う。準備をはじめ筆をおくまで1年7カ月。

(43)光と影(渡

もっとみる
スキありがとうございます。
1

日本で初の心臓移植 社会事件に発展

あれから40年…(11年2月16日)約40年も前、世間を騒がせた2人が亡くなった。2月5日、連合赤軍の最高幹部・永田洋子死刑囚、65歳。2月14日、日本で初の心臓移植を行った和田寿郎氏、88歳。

68年8月、札幌医科大。日本で初の心臓移植。世界では30例目。移植手術を受けた男性は同年10月29日に死亡。一転、脳死の疑問などで社会事件に発展した。

当時、この心臓移植について、多くの人が書いている

もっとみる
スキありがとうございます。
2

世界写真紀行 vol.4(南アフリカ/ ケープタウン)

アフリカ大陸最南端の国、南アフリカで栄る都市ケープタウン。ヨハネスブルグ=プレトリアについで南アフリカ第2の経済規模を持つ大都市圏であるこの都市は観光資源も豊富。中心部は西欧の雰囲気を残しながらも、アパルトヘイトの負の遺産を至る所で感じ取れるのもこの都市の特徴とも言えよう。

俗にいう"映えスポット"も数多くあるのだが、今回はGroote Schuur Hospitalで撮った一枚を。

あまり知

もっとみる
ありがとうございます!
14

心臓移植にAOR。巨匠の「こぼれ出る」作品に出会う

ようこそ、もんどり堂へ。いい本、変本、貴重な本。本にもいろいろあるが、興味深い本は、どんなに時代を経ても、まるでもんどりうつように私たちの目の前に現れる。

 『小説心臓移植』(渡辺淳一著、文藝春秋刊、入手価格315円)

 先日、作家の渡辺淳一さんがなくなった(2014年)。訃報には代表作として『失楽園』や『愛の流刑地』などが掲げられ、「恋愛の巨匠」の扱いを受けていた。今回出会ったのは、渡辺さん

もっとみる
よろしければシェアをおねがいします。
5

人魚の眠る家

著者はかの有名な東野圭吾。最新作がミステリーではなかった。

私が行った書店では最新作の紹介していたポップに

たまには人間味あふれる作品を描きたくなる

というような趣旨のコメントが紹介されていた。

中身を確認せずに最新作をとってしまった。

それは前回のミステリーではなかった作品である

「人魚の眠る家」がとても心に響いたからである。

前置きがとても長くなってしまった。この本で私が心に響い

もっとみる
Thank you for your Like!!
1

アメリカで知った命の重み

ある年、
アメリカであるboyの渡米を待っていた。

そろそろテキサスに移動するという時期に
日本でそのboyが亡くなったと訃報が入った。

脳専門の同期とひたすら勉強していたのは
そのboyのためだった。その瞬間、テキサスに移動する理由がなくなった。

生きていてほしかった。

まだまだ未来はこれから。
これから楽しいことが待っていたはずの
人生を、大人になるその階段を、
自分の足

もっとみる
人生がより豊かなものに、なりますように^ ^
1

感動! 死の直前の結婚式!

犯罪事件が多いシカゴから感動的なニュースですー

心臓病を患っている23才の男性は、二度の心臓移植手術を乗り越えてきましたが、感染症や他の臓器障害のために、三度目の心臓移植は受けられなくなってしまいましたー 

死期が近付いてきてしまいましたが、直前に婚約者と病院内のチャペルで結婚式を挙げることができましたー リンク先の写真では幸せそうな顔をしていますねー

残念ながら、式を挙げて間もなく亡くなっ

もっとみる
深謝でございます
2

心臓移植後の人生~心音(しんおん) 乾ルカ著~

今も小児心臓移植を受けるには海外渡航をも視野に入れる必要があるのが現状の日本。

主人公の明音は9歳の時に心臓移植のため寄付金で1億5000万を用意し海外に渡り移植手術を受ける。そして手術は無事成功し帰国。
普段私たちがニュースで間接的に知るのはそこまでだ。

非常に重たいテーマを取り上げている。舞台を札幌にしたのは、単に乾ルカさんが札幌出身だからなのか、いやきっと日本初の心臓移植をしたのが札幌医

もっとみる
お日様となかよし🌷
41

のど自慢の話(負け惜しみ編)

またその話か。
すいません(笑)

よっぽど悔しかったんです。心の中では。。

母校の近くのアゼリアホールで出たかったの〜〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
土地勘ありすぎなくらいやから。

北海道からメディカルジェットで大阪に帰ってきたのも近くの大阪空港やし。

思い入れのある地やったから…。

予選会が終わった晩、夢を見ました。
夢は予選会の後という内容で、
落ちた敗因のコメント付きでペーパーが返って

もっとみる
あなたも明日も生きていてね。ありがとう。
4