文脈を知る事は、歴史を知る事だ。通底している水脈を感じ、掴む事が大切。水源が同じくしてると語り口調も、つじつまも、何も引っかかりなしにスラスラと流れる。

「晴れし心に 戻る甲斐なし」

私にとっての加藤武は、武田二十四将図にも描かれた
諸角虎定(2007年大河ドラマ「風林火山」)で、
いつ見ても痺れる人物像だったんですが、

世の中でいうところでは、粉薬を吹き出しちゃう警部
(金田一シリーズ)で
お決まりの方だったのですねええええええ!!!!!

「よし!!!わかったっ!」って!!笑

も・ろ・ず・み!!!!(現・四代目市川猿之助さんの声で 笑)は、

黒澤監督の「隠し砦の三悪人

もっとみる
スキありがとうございます★
2

先取り!「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐる旅 #1 プロローグ「義時悪いやつ?」

2022年の大河ドラマは北条義時が主役の「鎌倉殿の13人」ですね。
私はnoteでNHKで再放送中の「太平記」についても連載しておりますが(こちら)、撮影に行く先が北条義時ゆかりの地にもあたりますので、2022年といえば再来年で、鬼すら笑いませんが同時進行で進めてみたいと思います。

「義時悪いやつ?」

でですね。いきなりですけど。
太平記ゆかりの地を巡っていると自然に時代を少し遡った鎌倉初期の

もっとみる
うれしーです
2

時代劇って民放でやらなくなりましたよね🤔なんで?

ふと思って調べてみたシリーズです😆

タイトル見て言われてみればそーやね
って思う人多いんじゃないですかね

今は時代劇はNHKの大河ドラマくらいです
民放は全く作ってないですよね
何故なんでしょ?😗

調べましたよ
検索すると意外といろんな情報が出てきました

まず一番に上げられる理由が制作費の問題みたいです
風景から衣装や、カツラいろんな物が普通のドラマよりお金がかかるみたいです
まぁそう

もっとみる
僕なんかの文章読んでいただいてありがとうございます😭

隆元殿の偽りなき愛を知る

「たいした事は起きていないが、この手紙を預ける男が其方に戻ると言うので手紙を書いた」

こんな律儀な一文より始まる手紙を書いたのは中国地方の雄、謀神として名高い毛利元就の嫡男、毛利隆元である。
当時をして、既に大大名としての地位を確立していた毛利家の跡取りではあるが、彼は正室の尾崎局を娶った後、側室は一人も置くことがなかった。比較的早い段階で嫡男の輝元を孕んだことも理由かも知れないが、戦乱の世にお

もっとみる
ありがとう!世界中の皆に幸あれ!
46

20年8/10 眞島秀和がコロナ感染 大河「麒麟🦒が来る」で細川藤孝役、影響は調査中🕵🏻‍♂️

「影響は調査中」ということなので、「麒麟🦒が来る」の主役の明智君に解明してもらいましょう。

明智光秀さんお願いします、

あれ?依頼する人を間違えたかな?明智小五郎🕵🏻‍♀️だった?もしかして美食探偵・明智五郎?

もっと笑えるよう頑張ります!

『風凪(かざなぎ)のギフト』

『風凪(かざなぎ)のギフト』 No.046

目を覚ました昼下がり
窓を開けて空気を逃がす
揺れるカーテンをくぐり抜け
風が運んだ贈り物
部屋にポツンと黄色い紙ヒコーキ
機体にはいくつかの文字柄
開けずにはいられない
生まれたての文字たち
バラバラでユラユラ
どう思われようが関係ない
ここにいるよと投げかける
私はこの子たちの希望
全然ダメ
空虚になびく独り言
風の奥に雲はない
ノートに綴ったメッ

もっとみる
今日もあなたは素敵です☆
5

いい事があった。良いことがあった。

いい事があった。良いことがあった。

ダメだった。失敗した。

毎日良かった悪かったの判定を

人間は細々と繰り返し、

でもある日、それはどうでも良いことだった。と気づく。

自分にとって汚点だったり、悲しかったり

はずかしかったり、あの頃の思いのままなんだろうけど、

それはもう時がたって、

自分の細胞も気持ちも入れ替わり、

過去はすべて、「それでよかったんだよ」

と自分に伝えてほしい

もっとみる
うれしー!
8

61 花の昼大河も死者も仰向きに

句集「むずかしい平凡」自解その」61。

 この句を東日本大震災と関連付けて読んでもらったことがあります。それはそれでありがたいのだけれど、そして、そういう想いも決してないわけじゃないけれど、それよりも即物的な、即興的なかたちで生まれてきた句です。そのうえで、深い読みをしてもらえればありがたいですね。

 ふだん夜間定時制勤務なので、ちょうどお昼ごろ家を出て、通勤することになります。通勤時間は40

もっとみる
感謝感激。まだまだ投稿続きます。今後もよろしくお願いします。
10

2020/7/15 麒麟が来ないの段

麒麟不在

  麒麟が来ないまま一カ月が経とうとしている。

 今年スタートしてから毎回楽しみに視聴していた大河ドラマだったが、六月に放送休止してから再開のめどが立っていない。出来が良かっただけに、果たして放送再開できるのかと不安になる。

 主人公は本能寺の変で有名な戦国武将・明智光秀(演 長谷川博己)。彼が美濃国に生まれ、故郷の動乱、流浪の年月、そして織田家の武将として活躍し、最後には日本史上

もっとみる
ありがとうございます。