上質な和風中華のエンタメ『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』夢枕獏

実在の人物、空海を素材にした、伝奇エンターテイメント小説。 最初は、空海と逸勢コンビが、どうにも『陰陽師』の清明と博雅に見えるし、何事につけもったいぶっているような空海が今ひとつだったけれど、細部に散りばめられる作者の古典知識を楽しんでいるうちにそれも気にならなくなりました。…

ネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第202号公開中! https://note.com/fuu_natu/n/n7038e38def97 【映画の風景 日本の風景】『史上最大の作戦』『エヴェレスト神々の山嶺』『グッドモーニングショー』【名作紹介】『コンフィデンスマンJPプリンセス編』よろしく!m(_ _)m

+1

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第202号発行しました!よろし…

ナウリーディング…夢枕獏先生のファンはもちろん、刃牙好きなら「ニヤリ」とする事請け合いの一冊!

『三体』完結まで読んで夢枕獏を思うこと ※ネタばれなし

最近なんかすごい疲れていて、GWに入ってちょっと元気が出たので気分転換をしたくて、ずっと書店で見かけていた『三体』を読むことにした。急に読むことに決めたのは、ふだんから読んでいるブログで紹介されたから。 SFは、数えるほどしか読んだことがない。どれがSFですか?というのもよくわかってい…

タイトルはさておき吠えさせてくれ

こんにちは、はぐれであああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっっっっ!!!!!は、はぐ、はぐ、ああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!! こんにちは、はぐれです。 今しがた、夢枕獏の『白鯨 MOB…

夢枕獏に殴られようのコーナー

 こんにちは、はぐれです。  前にも書いていた『白鯨 MOBY-DICK』(著:夢枕獏)をKindleで読み始めた。  これは、1851年アメリカで生まれた冒険小説『白鯨』(著:ハーマン・メルヴィル)をもとにした伝奇小説である。 「神」と形容される白い巨躯を持つマッコウクジラ、『白鯨』に魅せられた漁…

小説 ゆうえんち (36)

ー原案 板垣恵介さんのバキ外伝 『バキ』を小説化してしまうなんてさすがです。 じつは、試し読みしかしていませんが、 始まりがいい。ー 『喜谷君平の証言』 おれは、花山薫だね。 あいつが一番凄えって思ってるよ。 まっすぐだからね。 ー略ー …どこに向かって飛んでくるか、みんなわかっ…

40年経っても完結してないよ、夢枕獏先生!

以前、noteの企画に乗っかって『#私を構成する5つのマンガ』を書いてみました。 今度は、僕に影響を与えてくれた本を書いてみます。 マンガもそうですが、本を読んでも、その中にどっぶり浸かってしまうような読み方を僕はします。 ですから、考えながら、推理しながら読むような、推理小説は苦手…

オーパ!ピラニヤとハンモック

#オーパ 何事であれ、ブラジルでは 驚いたり感嘆したりするとき 「オーパ!」という。 ピラニヤの牙とハンモック、 まさにヘミングウェイ、 冒険心が沸きたった。 一時間の幸せには酒を 永遠の幸せには、 釣りを覚えなさい。 何かの事情があって 野外へ出られない。 、、 すべて書斎にいるときの 私…