土屋鞄の絵本コンテスト

裸足だと痛い!

痛!!ピッチョビー先生!、裸足で外に出ると痛いです!どうしてですか?他の動物たちは何も履かないで外に出てるのに??

ピリンよ、実は我々ジンゼンはな。この星で生まれたのではないのだ。昔、他の星から来た生命体が自分たちの遺伝子と地球にいた生命体の遺伝子組み合わせて作ったのだよ。我々は哺乳類だが、爬虫類にもかなり近いのだよ。皮下脂肪がかなりあるところとかな。それに我々が快適に感じる温度というのはかなり

もっとみる
ありがとうございます❗️これからも遊びに来てくださいね。
1

月と星と太陽

昔は誰しもが真っ赤に輝く太陽を持っていた。

みんな太陽が好きだった。

崇めていた。

ラーラーラーと右手を上げて叫んでいた。

太陽を頭に掲げ、へそのしたに落とし込んだ。

太陽万歳。日本万歳。

月から来た家具屋姫。

火星の思い出。

金星に対する恐れ。

もっとみる
ありがとうございます❗️これからも遊びに来てくださいね。

入賞しました

土屋鞄製造所×note

「#土屋鞄の絵本コンテスト 」

挿絵を担当させていただいた絵本

『まっくらよるのほしづくり』

先月、受賞のご連絡をいただきました。

我ながら、なんて遅いご報告なんでしょう。

ごめんなさい。

おはなしづくりの天才、スミノモニカちゃん。

ストーリーを読みながら

次々とあふれ出すイメージに

心が揺さぶられっぱなし。

彼女の頭の中は、きっと宇宙です。

↓↓↓

もっとみる
merci (๑⃙⃘♥‿♥๑⃙⃘)
5

【ご報告】土屋鞄製造所×note「#土屋鞄の絵本コンテスト 」入賞しました

誕生日が近づく頃、何よりも嬉しいお知らせを頂きました。

【入賞】きのみやのくんちゃん/kyoko

そしてなんと、審査員のtaroutさんから貴重なコメントも……!
(noteURL:https://note.mu/tarout

『きのみやのくんちゃん』は、横長を意識した絵の構図もですし、カラフルにしたら、すっごく楽しい絵本になるんだろうなとわくわくしました。【キャラクターアーティスト・ta

もっとみる
ありがとうございます
16

🎉土屋鞄の絵本コンテスト🎉

絵本作家の しょこら・ぺすちゃんと共作した『まっくらよるの ほしづくり』が、土屋鞄の絵本コンテストで入賞をいただきましたー! やったー!

応援してくださったみなさん、ありがとうございます!

他の作品もとっても魅力的で、スクロールするとどんどんうれしくなるのでぜひ見て……!

先日、『まっくらよるの ほしづくり』を読み返してみました。
しょこら・ぺすちゃんの絵を、ゆっくりみていて、胸がぎゅっとし

もっとみる
やったー*
9

土屋鞄の絵本コンテストについて#3 -結果発表-

#土屋鞄の絵本コンテスト にご応募いただいたみなさま、誠にありがとうございました。
初めてのnoteでのコンテストに内心ドキドキしていたスタッフですが、155件もの力作をご応募いただき嬉しい気持ちでいっぱいです。
グランプリに輝いたのはKashikoiさんの『よるのひみつ(仮)』。独特のタッチが可愛らしい、落ち着いた絵柄が印象的な作品です。
こちらは書籍化に向けて準備しておりますので、どうぞ楽しみ

もっとみる

ありがとうございました

土屋鞄の絵本コンテストで準グランプリをいただきました。
ギリギリの提出でしたが、たくさんの❤️やコメントなどいただき、うれしかったです、ありがとうございました。

審査員の方々の総評コメントがやさしくて元気が出るので、弱ったときには何度も読み返したいと思います、ありがとうございます。
思いきって参加してよかったです。

まだ出会っていないおもしろい絵本が世界中にたくさんあると思うので、今までどおり

もっとみる
ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/
55

土屋鞄製造所×note「#土屋鞄の絵本コンテスト 」結果発表

土屋鞄製造所とnoteで、「長く大切にしたいもの」をテーマに、絵本の投稿コンテストを開催いたしました。期間中に、155作品をご応募いただきました。素敵な作品のご投稿、ありがとうございました。noteでの応募作品一覧は、こちらをご覧ください。

審査員による選考の結果、下記のように受賞作品が決定いたしました。グランプリ作品は書籍化を進め、そのほか入賞者の方には賞金の贈呈、土屋鞄製造所のSNS等でのご

もっとみる
noteへのご意見・ご要望は、フッターのカイゼン目安箱👇
165

土屋鞄製造所 × note「#土屋鞄の絵本コンテスト」結果発表。グランプリ受賞作品は書籍化を進めます!

メディアプラットフォームnoteと土屋鞄製造所は「長く大切にしたいもの」をテーマにした絵本の投稿コンテストを開催しました。コンテスト期間中に155作品の応募があり、審査員による選考で受賞作品が決定いたしました。

本コンテストの審査員は、キャラクターアーティスト tarout (タロアウト)氏、絵本ナビ代表 金柿秀幸氏、土屋鞄製造所 箱田果歩氏、ピースオブケイク代表 加藤貞顕が務めています。

もっとみる
note社のヒミツ1:じつはnoteのノートがあるんです。
18

ミョークを見に行く。

昨日の夜はお父さんとミョークを見に行った。

ミョークは三日月の夜に群れをなして移動する。

日光からから秩父の山へ。

戦場ヶ原を颯爽と駈けぬけるミョーク。

彼らのほとんどは4号線に入ったところで車にひかれてしまうのだ。

県庁はそのことを真剣に取り扱おうとしない。

だって、ミョークは轢かれると水みたいに蒸発しちゃうから。

秩父にたどり着いて家族に会えるミョークは限られている。

ありがとうございます❗️これからも遊びに来てくださいね。
5