野やぎ

ふつうの会社員|エッセイ・小説・ショートショートを書きます|東京都八丈島生まれ|月2本…

野やぎ

ふつうの会社員|エッセイ・小説・ショートショートを書きます|東京都八丈島生まれ|月2本位のペースです|#真夜中インター のひと🐐

マガジン

  • 野やぎの振り返らない日記。

    振り返らない日記です。思ったことをそのまま書きます。月に4本くらい。 noteで書いているエッセイや小説、ショートショートのこともときどき書きます。

  • 野やぎ衆

    引用してくれたり、野やぎのことを書いてくれたnoteたち!ありがとうございます!好き!

  • ぜんぶシリーズ

    とりあえずぜんぶってたのしいかもしれない。

  • 野やぎのエッセイ

    エッセイ・創作エッセイをまとめました。

  • 野やぎの小説まとめ

    小説・ショートショートをまとめたマガジンです。

最近の記事

  • 固定された記事

野やぎのまとめ。

海に囲まれた町、東京都八丈島出身。 野やぎです! お読みいただき、ありがとうございます。 日々書いたものたちをまとめました。 少しでも響くことばがあったら、うれしいぞ。 こんなのを書きました日常のほころびやおかしみを、おもしろがって解きほぐすみたいなテキストが好き。 ときどき仕事のことも書きますこんなのも書きます物語も書きます。 ちょっと役に立ちそうなことも書いてます。 ぜんぶシリーズ書いてますとりあえずぜんぶって、たのしい。 これをいただきましたうれしいことに選

    • 手作り餃子とスーパーの冷凍餃子ぜんぶ焼いて最強の守護神を決める。

      餃子がすきだ。 餃子はすごい。パリパリもモチモチもいける皮に包まれた多種多様の餡。具のバリエーションは無限大。炭水化物にお肉と野菜がたっぷりインしてるなんて完全無欠のおかず王だ。もはや完全栄養食のそれである。同じことをハンバーガーでも常々提唱しているが、いまだ同志に出会ったことはない。なぜだ。なぜなんだ。(個人の感想です) そして、餃子は懐が深い。メインもはれるし、サイドもこなす。ラーメンでもごはんでもOK。完全栄養副菜として、するんとおさまる。その潔さ。ありがてぇ……。

      • ショートショート「グローバルイノベーション怪異」

        「とにかくトライ、それに尽きるのよ」 長い髪の奥で鋭い眼光が光った。見えないけど。たぶん光ってる。 「しかしなぁ……」 「変化を恐れていては、どんどん衰退するだけですよ」 業界を越えた意見交換会は紛糾していた。既に終了予定時間を1時間は過ぎているが、誰も文句は言わない。みな、とにかく時間だけはある。 猫背の女性は髪を垂らしながら人差し指を天に向ける。おおよそそのイメージとは乖離した達者な口ぶりでこれまでの戦略と展望を語った。SNS、テクノロジーの活用、新しい価値の想像

        • 2月14日、母とデートする。

          「わるいねぇ。ありがとうね」 繰り返し言いながら目を細める母に「いいよ〜」と答える。そういえば、いつぶりだろう。父が仕事の間の半日、母とふたりでゆっくりと過ごす。デートである。しかも、何も予定を決めていない。最高の空白だ。さて、どうしようか。 「なにしよっか」 「そうねぇ」 ホテルの待合室でふたり、どちらともなくとりあえずあくびをした。テレビだけがしゃべっている。 窓の外は、冬とは思えない陽気だ。天気予報は初夏くらいの気温になると言っていた。カタンカタン。新幹線とモノ

        • 固定された記事

        野やぎのまとめ。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 野やぎの振り返らない日記。
          野やぎ
          ¥100 / 月
        • 野やぎ衆
          野やぎ
        • ぜんぶシリーズ
          野やぎ
        • 野やぎのエッセイ
          野やぎ
        • 野やぎの小説まとめ
          野やぎ
        • #呑みながら書きました
          マリナ油森 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          えらい人とのやりとり説明書【初級編】

          「(いや、前回はこう言ってたやないですか……)かしこまりましたー!」 ズコーッ! あるあるではなかろうか。 社内転職でまったくの畑違いの部署にきてだいたい1年くらいが経った。光陰矢の如しだ。矢が飛ぶところなど人生で数回しか見たことがないが、ピーガガガガガのISDNのスピードではない。世は5G、高速インターネッツの時代。よきにはからえ、大儀である。このままどんどん速くなって、1日が8時間くらいになって、余は疲れたとかいう暇もなくなっていくのだろうか。 事業を提供するサービス

          えらい人とのやりとり説明書【初級編】

          週末消し飛ぶまっしろ雪雪ゆき日記とラヂオの時間。

          子が立て続けに風邪。インフルでもなく、コロナてもなくてよかった〜〜〜反面、名もなきウイルスもそれはそれで大変。今回かなり長引いていて、気がついたら週末が消し飛んでいた。子風邪の最大風速はすごいのだ。気がついたら東京雪の月曜日。世界がまっしろになっていた。もう火曜日とは。 日記です。

          週末消し飛ぶまっしろ雪雪ゆき日記とラヂオの時間。

          2月は毎日日記を書く日記。

          2月は毎日日記を書こうと思っていた。2月は日が少なくハードルが低いからである。さあ、今日は何日?2日だ。気がついたら2日になっていた。おかしい。しかも今月は29日あるじゃないか。4年に1度のタイミングかよ。すべてが総崩れである。もうダメだ。 つらつらと言い訳がまじい書き出しをを100文字書いたところで、ちゃんと言い訳も書くとほんとに書く気持ちはあった。ほんとに。あっ、痛っ、石を投げないでください。石なんてインターネッツで足りてます。誰から誰ともない雨あられイシツブテを避けた

          2月は毎日日記を書く日記。

          しょうゆちょい足し塩分過多の人生、日記。

          日記です。

          しょうゆちょい足し塩分過多の人生、日記。

          甘くないレモンサワー最速王決定戦(渋谷編)

          甘くないレモンサワーが好きだ。そしてお酒の提供は早ければ早いほどよい。 それこそ至高。唯一無二。究極の居酒屋の条件。 そのふたつがあればもう、いらない何も捨ててしまおうである。最高の一杯を探し彷徨うマイソウル。イントロは長いが、たったふたつだけあればラブがファントムする。居酒屋のすべてはそこに濃縮されているのだ。(個人の感想です) たとえば、よいお寿司屋さんはかんぴょう巻きが旨い。手間がかかるのに利益が少ないかんぴょう巻きに、こだわってていねいに手を入れられているイコー

          甘くないレモンサワー最速王決定戦(渋谷編)

          쇼트 쇼트 "만드는 것을 만드는 우리들"

          심장이 빨리 뛰고 있다. 숨이 헐떡이고 있다. 자각하고 있다. 소리를 흡수하는 재질이 바뀐 벽. 그런데도 심장 소리가 시끄럽다. 왜? 이게 들리는 건 아닌가? 귀찮지 않은가? 그럴 리 없는데, 불안해진다. 맞다. 땀을 쥔 손으로 스마트폰을 확인한다. 제대로 사일런트로 되어 있는 것 같다. 방금 한 거다. 미끄러져 떨어질 것 같다. 위험하다. 괜찮아. 괜찮아. 진정해. 진정해. 깊이 숨을 쉬기 위해 의식적으로 숨을 깊게 들이쉬

          쇼트 쇼트 "만드는 것을 만드는 우리들"

          ポッドキャストはじめて1年が経つ日記。

          夫婦雑談一本槍で1年が経った!宣伝日記です。 (途中まで読めます!) 夫婦でポッドキャストをやっている。最新回はこちらです! はじめた理由ももう忘れかけているけれど、家族や夫婦のクローズな環境・生活に慣れてくると、社会とのつながりが希薄になったり、なんとなくバランスが崩れやすいなぁというある種の危機感めいたもの解消と、あとはおもしろそうだったから。 ポッドキャスト自体に興味を持ったのがたぶん1年半くらい前で、その頃にドングリFMを聴き始めた。narumiさんも仰ってたけ

          ポッドキャストはじめて1年が経つ日記。

          食卓ぜんぶピンクにする。

          3歳、ごはんを食べない。 いや、正確に言えばごはんしか食べないのだ。お米、パン、麺と炭水化物をこよなく愛し、愛され、それ以外は断固受け付けない。 「〇〇くん、おにく、だいじょぶです」 野菜やお肉は、この時期特有の丁寧な日本語とともに流暢にお断りされ、きれいに避けて食べている。もはやスゴ技。ときどーーーーき、ほんとに気が向いたときに試すように口に入れてみても、すぐに炭水化物沼に帰ってしまう。炭水化物……恐ろしい子……! 好きメニュー(カレーとか)や間食、飲み物でも栄養取

          食卓ぜんぶピンクにする。

          2024あけました日記。

          おけおめことよろ!日記です。

          2024あけました日記。

          2023年 #小説 noteまとめ100作

          今年もたくさん読みました。 + 「noteで小説書いても読まれないよね」 「がんばって書いても読まれないとくるよね……」 「うっし、ならば年の瀬100作品読もう!」 ……と、3年前にはじめた小説noteまとめ100作。今年もやってきました!どこかにいるかもしれない100ファンの方々、お待たせいたしました! はじめたときと比べて、note公式さんの年末まとめに小説カテゴリ定着したり(うれしい!)創作大賞めちゃ盛り上がったりと、noteは小説読めるよねの空気感じる今日この

          2023年 #小説 noteまとめ100作

          NAVITIME息子版で帰省する。

          旅に出たい。 すっかりコロナも過ぎ去って旅行も身近に帰ってきた。来る年の瀬、久しぶりに帰省する。わたしの実家の八丈島へ短いみじかい旅行だ。 旅には出たいが、子連れだと大変である。スケジュール通りにいかないのが旅の醍醐味。しかし何一つコントロールできないのがキッズの常。難易度うなぎのぼりの掛け算はトラブルがネギ背負ってアクシデントに突っ込むかの如くである。そもそもが無理ゲーなのだ……。なのでできるだけリスクは減らしたい。我が家も元気満載6歳と息するようにいたずらを繰り出す3

          NAVITIME息子版で帰省する。

          パソコンほしい日記。

          日記です。

          パソコンほしい日記。