半田市

今回は寝ただけだった カンデオホテルズ半田

こんにちは、とめごろーです。愛知県の半田市に来ました。ホテルは知多半田駅近くのカンデオホテルズ半田です。チェックインしたのが夜の12時です。。当然ながら、周りのお店は閉まっていて静まり返っています。ホテルの光がとても明るく感じました。。

チェックインが遅くなることを連絡した時、12時で鍵がかかります(インターホンで読んでください)と聞いていましたが、ギリギリの時間にチェックインできました。。笑顔

もっとみる
スキ、うれしいです!
5

風もなくまるで春の様な暖かさの本日、半田市の公園にて一家で遊んでまいりました。なんでもない様な公演ですが素晴らしい展望台があり、海沿いの景色がバッチグー👍です。こんな素敵な公園がいっぱいある半田市に、皆さま、いろいろ落ち着いたら遊びに来てみてくださいませ。

ありがとうございます。ほんと感謝っす。
2

榊原 敏満「少年漫画のように」

1.その男、JIME(ジメ)につき

知多半島の中央部に位置する愛知県半田市。

古くから続く醸造業や工業、知多酪農発祥の地として全国的に知られている。

名鉄河和線の成岩駅(ならわえき)から徒歩15秒ほどの場所に赤い看板を掲げた「Public Space JIME」という店舗がある。

この店を20年ほど経営しているのが、JIME(ジメ)こと、榊原敏満(さかきばら・としみつ)さんだ。

「ジメっ

もっとみる
スキありがとうございます!
8

愛知県半田市「雁宿公園」に行ってみた。



一言感想:夕方に行ったんですが、なかなかに雰囲気がありましたね。碑がたくさんありますが、それは行ってみた時のお楽しみで!

もっとみる
次もガンバリます!

54.旧中埜家住宅

旧中埜家住宅
愛知県半田市にある中埜半六の別邸として建築された
明治時代末期の洋風建築。
国の重要文化財。

設計者は鈴木禎次
鶴舞公園噴水塔もこの方の設計のようで
夏目漱石さんの義弟なんですって。

別荘のほかにも
桐華洋裁学校の本館として使われたり
カフェとして利用されていることもありましたが
現在は半田市に譲渡されており
年に1度内部公開があるくらいだそうです。

内部公開は去年行ってきまし

もっとみる
ありがとうございます
1

【大学受験/高校受験】半田高校、桜台高校、千種高校、瑞陵高校によるコスパ選手権

自己紹介-あなたは誰?

こんにちは、学習塾レッツ、武田塾 刈谷校、武田塾 新安城校、武田塾 出町柳校、武田塾 太田川校、武田塾 半田校、武田塾 大府校を運営している平林と申します。ざっくりいうと、愛知県の知多半島と刈谷市、安城市、あと京都市左京区で学習塾を運営しています。あと、愛知県知事認可 愛知県私塾協同組合というところで、理事として働いています。忙しくしてます。

知多半島の雄、半田高校があ

もっとみる

41.彼岸花

半田市にある矢勝川の彼岸花
タイミング的にそろそろ満開では?
と思い行ってきました。
(犬山行ったはずなのに家通り越して半田…)

半田と言えば
新美南吉先生の出⾝地。
「ごんぎつね」の舞台がここだとされています。
(国語の授業で習ったけれど
 どんな話だったかな…と思い
 青空文庫で読んできました。)

半田の矢勝川ってこんなところだよ
と書くために新美南吉記念館のHPを見たら
『ごんの秋まつり

もっとみる
ありがとうございます
2

旅と本と 「ごんぎつね」の新実南吉の故郷を訪ねて ~愛知県半田市~

9月のようやく秋の到来を感じる秋分の前後の頃、土手やたんぼの畦道に咲く鮮やかな赤い花、彼岸花。別名に墓場とか死を想起させるものがあるので、好きでない人もいるかもしれませんが、別名、曼珠沙華というこの花が私は好きです。

関東で有名なのは埼玉県日高市の巾着田でしょうか。私がおすすめしたいのは、愛知県半田市、新実南吉のふるさとです。

彼の著作「ごんぎつね」には、この花が非常に印象的な場面で登場します

もっとみる
スキありがとうございます(人*´∀`)。*゚+

カンデオホテルズ 愛知県半田市

こんばんは、とめごろーです。昨日の名古屋に続いて、今日は半田に泊りです。名鉄電車の知多半田駅から徒歩で3分くらい。駅からのアクセスはとてもいいです。知多半田駅近隣には昨日宿泊した名鉄インがありますが、楽天の評価が高かったのと、一番上のフロアに展望風呂があると書いてあったので今日はこちらを選びました。

玄関を入ると、朝食会場にもなっているロビー兼レストランといった風景です。フロントでは、礼儀正しい

もっとみる
サンキュ―です、感謝します!
10

愛知の半田からも、久々に和菓子を

甘味への欲求は絶えず、しかも柏餅や粽のシーズン。

こんな時でも、行事ごとの縁起物はなにかと口にしたいもので、粽も頼んだりした。

層を重ねた竿菓子はやはり美しい。

花あやめの意匠で淡い色が春から新緑へのうつろひを思わはせる。

と、歴史的仮名遣い使ってしまいたくなるほどに、なんとも耽美で懐かしくホッとするものか。

ああ、あとはおだまききんとんが食べたいな。

上生菓子はうちから出られるように

もっとみる
そんなあなたにラブ&ハピネス
5