よろしければシェアお願いします
5

コロナ下の企業経営、過去を振り返って②

つづき

サブスクリプション。1998年、会社は大きなビジネスモデルの転換期を迎えた。MS-DOSのシステムからWindowsに切り替えるタイミングで、売り方を変えたのだ。ソフトを買い取ってもらってたビジネスをやめて、ソフトを月額課金で使ってもらうレンタル制に切り替えた。いまでいうサブスクリプションだ。営業マンは慌てふためいた。一本100万円近くの商品を売ってたからだ。私はソフトの使用量を月額50

もっとみる

本名?ニックネーム?

noteはどっちがいいのでしょうか。別にやましいこと書くわけでもないので、匿名にしてもなあ、とか思うところもあったり、いや匿名の方がいろいろ書けるかなあ、とか。プライベートにかかわる愚痴みたいなのは、匿名の方が書きやすいなあ。アメブロ、インスタは匿名、FacebookとTwitterは本名。悩むところです。

コロナ下の企業経営、過去を振り返って①

偉そうな事を言うわけではないけど、コロナ下の企業経営は二分されたと考えている。成長企業と衰退企業だ。そこで一つだけ言えることはコロナ下でも成長している企業は、リスク分散されてきた企業だということだ。

バブルの崩壊。30年も企業経営をやっていると、その間にいくつものリスクを経験してきた。私が会社を始めたころはバブル真っ最中だった。若かりし私は会社を作ってすぐにバブルが崩壊した。あと数年早く会社を起

もっとみる

noteの事

noteでもそうですが、SNSにおいて僕がクソ真面目に本名や顔写真を出してやっているのは、単に面倒だからです。

最初は人となりがわかった方が、絡みやすいんじゃないかと思って始めた訳ですが、匿名で可愛いアイコンや面白いアイコン、オシャレなアイコンの方がどうやら絡みやすいようである事に途中から気付き出した。

しかし、急にアイコンや名前を変えると、もう誰だかわからなって、『電話番号変えました。』くら

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
33

経営者の資質

あえて私の場合、

人と同じことをするのが嫌い、人と群れるのが嫌い、

常識は非常識だと思ってる、

常に逃げ道を作ってる、

人の話を聞くのが好き、人の意見は尊重する、

他人には意見のごり押ししない、社員にはする、

負けず嫌いである、ほぼ負けない、負けるステージを選ばない、

楽天家である、物事の切り替えが早い、あきらめが早い、

人は人、自分は自分と思ってる、八方美人じゃない、

貧乏性で

もっとみる

SNS誹謗中傷問題を読み解く一冊 『ルシファー エフェクト』

春のコロナ自粛期間中に暇つぶしの一環で、何気なく足を踏み入れてみた心理学が意外と面白くて、どっぷりハマっております。

最近はストレングスファインダー分析からのフィードバック、マインドフルネス精神の再現方法などについて勉強中。

心の有り様は知れば知るほど、ふか~い世界です。

善良な市民が悪事に手を染める時

自分が今まで読んできた書籍内でも、特に印象深かったセレクショントップ5にノミネートして

もっとみる
共感して頂き、ありがとうございます
6

【短編台本】匿名

作:湊

登場人物
教師 
生徒A 
生徒B 
生徒C 
生徒D 
生徒E  
生徒F(登場しない)

生徒の名前は特に指定しない。 
登場人物の性別は特に指定しないが、生徒は女性によって演じられる方が好ましい。

舞台の上に椅子が6脚ある。ここは高等学校のどこかの一室である。
舞台下手からからジグザグに椅子が並べられていて、一脚を除いて全て生徒たちが使用する。
舞台の中央手前には人が一人立

もっとみる

完全匿名でドメインを取得する方法

ブログやってます

https://cyclohexyl.org/

ドメインの登録には個人情報の登録が必須ですが、Njallaを使えば完全匿名でドメインを取得することが可能です しくろへきしるはここでドメインを1つ購入したので紹介します。

まずは https://njal.la/signup/ からサインアップします Eメールのほか、XMPPでの登録が可能です。

Eメールを入力すると

Pl

もっとみる
シェア、フォローお願いします!

「名前を奪われる」ことと匿名での誹謗中傷について(千と千尋の神隠し)

劇中では千尋が湯婆婆に名前を奪われる。つまり、ある人が別の人に名前を奪われるのだ。しかし、自分で自分の名前をわざと奪う人もいる。そう、匿名だ。ここでは、「誹謗中傷はなぜ匿名で行われるのか?」という問いに対して、「名前を奪う」という観点から説明しようと思う。

当たり前だが、名前とは自分自身を指し示すものである。ここで、名前についての考察を深めるために「自分とは何か?」を考える。自分とは「自己を特徴

もっとみる