労働者階級

コロナ感染拡大、レバノン爆発、tiktok規制、山下智久と女子高生、そして孤独者におすすめの小説「掃除婦のための手引き書」

新型コロナウィルスの新規感染者数が東京都で400人を超えるようになった。今回の感染拡大で顕著な特徴は、若い世代に感染が広がっていることだ。二十代、三十代が全体の六割を占めている。そして感染経路がわからない人も全体の六割だ。経路が判明している中では、引き続き「夜の街」関連の人が多いが、最も多いのは家庭内感染だ。

私に同居している家族はいない。接待をともなう飲食店には行ったことがない。感染する可能性

もっとみる
あなたに幸運が訪れますように
4

「弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく その音が響きわたれば ブルースは加速していく」のであり「The people on the edge of the night」は見えないのだ。

『近年、一般に、さまざまな問題に対して世論はリベラルな態度を支持するようになっているが、それとは裏腹に、社会の底辺にいる人々へのスティグマ化[ネガティブな意味のレッテルを貼ること]は強化されている。~こうした現象はとくに新しいものではない。社会学者のステファニー・ローラーとレス・バックは、労働者階級はまともに扱われることはまずないし、中流階級の人々からは、非常に「見分けやすい」人たちだとはじめから

もっとみる
スキありがとうございます(^^)
2

【妄想】もし、パーティーのドレスコードが1920年代の装いだったら・・・

ここ最近、1920年代のことを調べる機会が多々あり、文献や本を読んでみたり(活字は眠くなるので流し見る程度)、映像(当時の時代背景がコンセプトの映画やドラマ)を見てみたり、音楽を聴いてみたりしている。

 調べ物をする中で、百聞は一見にしかずではないがビジュアルで情報を得ようとする癖があるので、Googleの履歴はPinterestで1日分埋め尽くされていることもある。
そんなある日、Pinter

もっとみる

「ヒトラーへの285枚の葉書」

原題: Jeder stirbt fur sich allei
監督:バンサン・ペレーズ
制作国:ドイツ・フランス・イギリス
製作年・上映時間:2016年 103min
キャスト:ブレンダン・グリーソン、エマ・トンプソン、ダニエル・ブリュール

 これまでの私のreviewを読んでくださった人には繰り返しになり申し訳ないが邦題への苦言。おそらく「ヒトラー」を出すだろうと予想通り。第二次世界大戦、そ

もっとみる
読んでくださってありがとう
1

労働することしかできなくなった人間を支配するのは容易である。--労働の学校化について[23]--『脱学校的人間』第五章

かつて「労働する」ということは、人間が自らの生活を維持する「方法の一つ」であるのにすぎなかった、そしてそれが「方法の一つ」である限りにおいては、「その他の方法によって生活を維持していける」というのであれば、それはそれでも別によかったのだと、労働と生活維持の関係について、アレントは中世キリスト教哲学を引きながら、次のように考察している。
「…キリスト教哲学、とくにトマス・アクィナスになると、労働は生

もっとみる