189_26年目

26年目
本日で私は26歳になりました。この年は飛躍の年にしたいと思います。
ここまで人生あって、誕生日というものにそれほどの特別感を抱いてこなかった。
何故だろうか。昔から歳をとると言うことに喜ばしいことがないのは環境が豊かになりすぎたからであろうか。両親が健康に生んでくれたこと、食べれること、眠れることが当たり前になりすぎてしまったのか。
今年も私の中では誕生日に対しての特別感はない。しかし、

もっとみる
いつもありがとうございます。
2

188_本日は個人面談

私の大好きなフォトグラファーの新田将行さんに写真添削をしていただいた。
最近の私の悩みを吹っ飛ばしてくれるアドバイスをいただいた。

いつも正解がないような、どうしたらいいかわからない、これでいいのかなって、だからいつも写真を頼まれる時は確認作業がとんでもなく多い。クライアントに対する確認作業だ。それは私の中に明確な正解がないからだと思う。
それってどうやって作るのかもわからないし、私の中にこれか

もっとみる
いつもありがとうございます。
3

187_もうこんな時間

本買った
読む

noteは、普段考えていることを文字で吐き出す
Instagramは、普段考えていることを形にして表現する

写真撮っているので見てください
https://www.instagram.com/ganometherapics/?hl=ja

もっとみる
いつもありがとうございます。
1

186_写真

写真
なんで写真撮ってるんだろう。って悩みが出てきた。ここにきて。
私は写真を撮って何がしたいんだろう。何を表現したいんだろう。私の写真を見てくれた人にどう感じて欲しいんだろう。
最近そんなことを考えている。

昔はあったのに今はないのはなんでだろう。余裕があったからかな。

昔と変わったことといえば一言で言うと余裕かな。

大学も忙しくなかったし。プライベートもそんな。サークル活動はしっかりやっ

もっとみる
いつもありがとうございます。
3

今の時代に須田誠が撮る意味

僕の自著『NO TRAVEL, NO LIFE』+『GIFT from Cuba』の舞台化<プレジャニ>が今年はDVD化となりました。

先日、その主役の俳優さんを撮影しました。つまりボク須田誠が俳優のスダマコトを撮影するという企画です。

まずこの仕事の依頼が来た時にクライアントさんにお伝えたのです。単にかっこよく撮るだけなら他のカメラマンでもいいのではと。簡単に言えば最新のデジカメを買えば誰で

もっとみる
写真が上手くなること。それは心が豊かになること。
5

記憶の記録

映画「トータルリコール」のように人の記憶をまるで録音するように保存したり、逆に再現したりすることが未来ではできるようになっているのでしょうか?

アマゾンプライムビデオで「ベータス」見てたらこんな時間に。汗。しかもところどころうつらうつらしていたのでストーリーが記憶できていない。もう一度見直さなきゃ。映画館で見るときは「よっしゃ、元とったろ!」と気合が入りますが、おうちでアマゾンプライムビデオだと

もっとみる
とっても、とっても、うれしいです!やったあ!
17

念願の海撮影 革新編

8月27日念願の海撮影

やっと海撮影に漕ぎ着けました

漕いで来た訳です

約1年は撮影に行けなかった海です

やっとアタック成功です

今回の海撮影はこの頃、陸で試していた撮影方法を試したかったのが一つです

そして自分の写真とはフィルムが完成写真であってデジタル写真とはフィルム写真の製作図でしかありません

あくまでもフィルム写真が完成形の写真であってデジタル写真はそこへの行き着くための製作

もっとみる
スキが人との縁。繋がりあえてありがとう
5

写真から学んだ「意味で見ない」ということ

2年前、写真表現の教室に通っていた。
通おうと思った理由はいろいろあるのだが、書き出すとダラダラ長くなるので努めて一言でいうと「文章を書くときの ”眼” が手に入る」と思ったからだ。

クラスが始まって基本的なカメラの知識を学んだあとは、とにかくたくさん撮って講評して、の繰り返しになった。「読むと書く」のように「撮ると観る」を繰り返す。

最初の取材に出る前に「やらないで」と言われたことが3つある

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです♡
19