保育施設

専業主婦は減っている

専業主婦は減っている

マンションの建設が相次いで学校が足らないことが多くあった。 今は昔ほどこんな話は聞かなくなったし、HARUMI FLAGのように大規模プロジェクトの場合はそのプロジェクトの敷地の一部に学校建設が予定されたりしている。 近鉄不動産、NIPPO、オーエス、アートプランニング、社会福祉法人和修会は、「OSAKAリンク大規模マンションプロジェクト」(大阪市東淀川区)が大阪市の保育施設を第1号物件。 共同施設に整備する保育施設の運営は和修会が担当する。大阪市内の都心部において、大

スキ
5
保育園向けITサービスを展開するユニファ株式会社が、シリーズCで約35億円の資金調達を実施

保育園向けITサービスを展開するユニファ株式会社が、シリーズCで約35億円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。 資金調達情報 調達額:約35億円(9/28現在、資金調達ランキング更新額) ラウンド:シリーズC 募集方式:第三者割当増資 調達先:INCJ     凸版印刷やエムスリー     リンクアンドモチベーション     第一生命保険     新生企業投資     日本郵政キャピタル     など、計12社 調達年月:2019年9月 企業情報 企業名:ユニファ株式会社 住所:愛知県名古屋市中区丸の内二丁目16番3号 丸の内A・

スキ
6
有料
100
北海道芽室町のご紹介
再生

北海道芽室町のご紹介

芽室町までのアクセス、気候、農業、まちの施設、住宅などを解説しています。 0:17 アクセス 1:08 気候 1:43 雪 2:00 農業 2:44 お店や施設 4:12 住まい 5:05 芽室町観光物産協会 5:31 締め BGM:RIG Production

「選択可能性」の重要性─『新建築』2018年6月号月評

「選択可能性」の重要性─『新建築』2018年6月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします! (本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです) 評者:連勇太朗×松島潤平 目次 ●「選択可能性」の重要性 ●「説明可能性」を担保した児童施設 ●未来に対して,何を価値として投影するのか 「選択可能性」の重要性 連  6月号の特集対談では,保育施設に求められる役割

スキ
9
曲線たちを引く道具─『新建築』2018年6月号月評

曲線たちを引く道具─『新建築』2018年6月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします! 新建築2018年6月号(Amazonはこちら) 新建築2018年7月号(Amazonはこちら) 評者:中山英之(建築家) コンパスと鉄道定規.どちらも私たちのデスク回りから姿を消しつつある製図道具です.CADにも円弧を定義する手順は複数あって面白いですが,原理をそのまま体現した道具

スキ
14
マッチング理論に何ができるか<前編>

マッチング理論に何ができるか<前編>

9月8日~20日まで日本経済新聞の「やさしい経済学」に 「マッチング理論に何ができるか」(全8回) という記事を寄稿しました。その草稿バージョンを前編・後編に分けて投稿させて頂きます。編集者の手が全く入っていない文章なので、掲載稿とは違った趣き(?)があるかもしれません。ちなみに、もともとの仮題は「マッチング理論の実践と新たな挑戦」でしたが、やや冗長だったせいでボツに…。関連する以下のブログ記事もよろしければぜひご参考ください! ・やさしい経済学2017 ・全8回の連載

スキ
39